YouTube:やる気がでない時の回避法「初動の4分間」について

岡崎です。

毎日忙しくて、いざ家で動画作成の作業をしようと思っても
どーーーしてもやる気が起きない・・・
すぐにでも布団に入りたい・・・
こんな作業をいつまでやればいいんだ・・・

という感じに、やる気が出なくて何も出来ない時ってありますよね?

ていうかいつもそんな感じじゃないですか?

この状態から脱出できるかなり有効な手段があります。

3分間だけやる

これだけです(笑)

人間、やる気が出ないのには大きく分けて以下の2つの理由があります。

・やらなければいけないという義務感
・やってもしょうがないという絶望感

動画を作ってアップするという作業自体は人にもよるでしょうが、
別段面白いわけでも、苦痛なわけでもありません。

ただの作業です。

ところが、副業で人生を変えたい!とか、
人生を変えるためには、他の成功者のように
寝る間を惜しんで超人的にがんばらねば!とか、
色々と余計な使命感を付与した結果、本来ただの作業のはずが、
めちゃくちゃ重い義務感や使命感を帯びてしまうのです。

そうなると

YouTube=ただの作業

から

YouTube=つらい作業

となってしまいます。

義務感というのは、
全ての行動に対する最大の障壁と言っていいかもしれません。

「〜しないといけない」
「〜すべきだ」
小学校時代から親や教師にずっと言われ続けてきた言葉です。

そして、そんな嫌で嫌で仕方ない作業を
我慢してやってもやってもいつまでたっても成果が出ない。

こうなるとやる気を維持するのは難しいです。

でも、YouTubeで成功するためには、
一定期間この精神状態で淡々と作業をし続ける必要があります。

「再生されない・・・でもやらないといけない・・・」
「儲からない・・・でもつづけないといけない・・・」

※新規チャンネルは最低2ヶ月、そういう状態が継続すると僕は思います。

で、前述の3分間ですが、
とりあえず3分、という軽い感じが、義務感や絶望感を一瞬クリアにするんですよ。
ポイントなのが、
「3分間で別にやめてもいい」
という前提でやるということですね。

そうしないと重たくて結局何もしないので、
本当に3分でやめていいので、とりあえず作業を開始するのです。

これでもまだ重たいと感じる場合、以下2点を条件に加えて下さい。

・作業前に「やることリスト」を作っておく
・ストップウォッチで3分間はかる

リストを作ることで「何をするか考える」という余計な悩みがなくなり、
ストップウォッチが作動することでとにかく手を動かさざるを得なくなります。

3分後、キリが悪ければあと少しやろうという気にもなりますし、
作業に集中しだすとわりとその後も手が止まらなかったりします。

なんてことを書いてたら、レナード・ズーニン博士という人が
「初動の4分間」という理論で似たようなことを言ってるようです。

https://matome.naver.jp/odai/2135729128783509801

やるなズーニン!

少なくとも「博士」と名のつく人物が推奨しているのだから、
僕のいう「4分間だけやる」という理屈も
あながち間違いではなさそうです。

え?3分間が4分間になってるって?

3分のことは忘れて下さい(笑)
4分でいきましょう!

4分間だけやる

今日はここまで。
ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です