収入に直結?YouTube動画のカテゴリに関する注意点。

こんばんわ。ケアレスミス頻発で瀕死のyoutuber岡崎です。

 

今回はYouTube動画のカテゴリについて
ちょっと書いてみます。

 

僕はチャンネル開設直後になんとなくカテゴリを決めて、
それ以降はこの「動画のカテゴリ」についてはまったく気にしない、
というライフスタイルを貫いていたのですが、
少し注意した方がいいかもしれませんね。

 

YouTube動画の再生数が伸びない場合の意外な落とし穴

 

実は今月、YouTube的には稼ぎ時の3月なのですが、
僕のメインチャンネルは死んでました。

 

通常、このチャンネルは1日動画1本あげて、
24h以内に1万再生いってれば、まあよしと言う感じなのですが、
今月に関してはぜんっぜん駄目でした。

 

最初のうちはまだ数千再生とかだったので
「まあ、そのうちなんとかなるべ?」
とタカをくくってたのですが、
そのうちに2000を下回り、1000を下回り、
と、悲惨な状態になり、
「これはさすがに異常事態だろ!」
と原因について真剣に考えるようになりました。

 

で、思い当たったのが、非公開動画の数ですね。

 

実は2月の中旬に、ある動画が収益化停止になりまして。
その動画は念のため削除し、
同一ジャンルでヤバそうなのがいくつもあったので、
とりあえず非公開にしました。
その数100以上(笑)

 

※ちなみに非公開状態であっても余裕でYouTube側から
収益化停止処分を喰らうことがありますので、この処置は
今にして思うと無意味です。

 

で、そのまま不良債権のごとくチャンネル内に放置しておりました。

 

これが2月の出来事ですので、
3月の不調の原因にしてはタイムラグがありすぎるな、
とは思ったのですが、他に思い当たるふしがありません。

 

恐らく月ごとにチャンネルの評価がなされるので
翌月に影響が出たのではないか?
と仮定し、何日かに分けてこれらの動画を復活させました。

 

当然、目に見える効果はなかったのですが、
仮説が正しいとすると、これが反映されるのは4月だろう、
と思いしばらく様子見することにしました。

 

ところが、最近チャンネルの管理画面をボーッと見ていて
ふと気がついたのです。

 

「あれ、俺の動画、カテゴリが違うものに変わってる?」

 

今まで知らなかったのですが、
YouTubeチャンネルのカテゴリって
動画ごとに設定できるんですよ!

 

 

で、先月あたりから新しい外注さんを
このチャンネルに投入してたのですが、
その方のアップした動画がすべて間違ったカテゴリになっていたのでした。

 

これを正しいものに修正したところ、
わずか2日程度でまた24h1万再生ペースが戻ってきました。

売上の曲線が露骨に変化しております。

 

 

まあ、自分で一度設定したカテゴリを
途中から間違うことは考えにくいですが、
あなたがもし外注さんに動画の作成からアップロードまでを依頼するのであれば
気をつけるべきポイントですね。

 

あとは、他のチャンネルをモデリングする場合は、
該当チャンネルの「カテゴリ」も確認してそれに合わせた方がいいですね。

他チャンネルの動画の「カテゴリ」は以下の画面で確認できます。

 

ちなみにこの動画は「Gガンダム」なのにカテゴリが「ニュースと政治」ですね・・・
これはもったいない・・・

 

いやあ、しかし今回の不注意で大体20万マイナスですね。

 

まあチャンネルが存続してればその程度は痛くも痒くもないのですが、
自分の判断でそんな大きな金額の変動があるなんて、
一年前のクソみたいな状況では想像すら出来ませんでした。
自分でビジネスをやるって刺激的で面白いですね。

 

とにかく、この「カテゴリ」は意外と馬鹿にならないので
注意が必要ですよ!

 

本日はここまで。

ありがとうございました!

1 個のコメント

  • […] 収入に直結?YouTube動画のカテゴリに関する注意点。 YouTube・稼げるタイトルの付け方 サジェストキーワードの確認方法について 著作権違反のYouTube動画で広告収入が受け取れるか? YouT […]

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です