YouTube:特化型チャンネルの弱点を補い、最速でチャンネルを育てる作戦

今回はYouTubeチャンネル最速育成戦略の第2弾です。

前回は特化型について説明しましたが、
今回は真逆の戦略であるトレンドチャンネルについて
説明しようと思います。

トレンドチャンネルとは、主に芸能関係やニュース関係で
今が旬な話題を投稿し続けるチャンネルのことです。

このトレンドチャンネルという奴、なかなかあなどれません。

当たるとYouTube視聴者のパワーを思い知らされます。

登録者が10人に満たないような力のないチャンネルが、
いきなり10万アクセスなんてことも起こりうるのです。

もしあなたが、月に1〜2万程度のお小遣いが欲しいのであれば、
トレンドチャンネルなら初月から稼ぐことも不可能ではありません。

しかしながら、月10万超えをコンスタントに目指すとなると、
属性の濃い登録者を集めた特化型チャンネルには勝てません。

そのため、当講座では特化型チャンネルを推奨しております。

が、しかし!

安易に特化チャンネルを開始すると、結構痛い目にあうので
注意が必要です。

特化型チャンネルの弱点とは?

実は特化型にはひとつの大きな弱点があります。

YouTubeには、リサーチ不足とかで方向性を間違うと
どんだけ動画をアップしまくっても、
いつまでたっても再生数がアップしない、という危険が常にあります。

しかし、元々特化型というのは初動では再生数をあまり稼げないこともあり、
方向性が間違っているかどうかの判断が難しいのです。

結果、ものすごい膨大な時間を無駄にした上で
泣く泣くそのジャンルから撤退なんてことが起こりうるのです。

まあ、膨大な借金を負うとかではないので、
それも経験といえば経験なのですが、
そうは言ってもなるべく早くかせげるようになりたいですよね。

長い目で見ると、最小限の手間と時間で
ネット上に資産を築くことが出来るのが特化型のメリットなのですが、
そのためにはリサーチをしっかりやらなきといけません。

リサーチを怠ると、前述の通りの悲惨な結果になるわけです。

ところが・・・

リサーチって結構難しいんですよ。

「単発で当たる動画を」とかなら話は別ですが、
チャンネルの長期育成となると、
ライバルチャンネルの登録者数とか再生数とか、
そう言う目に見えるものだけでなく、
なんていうか・・・チャンネルの風のようなものがあるんです。

僕は以前、全く同じ動画をチャンネル名だけ変えて
(つまりタイトルまで一緒)
同時に別のチャンネルに投稿したりしてました。
※良い子は絶対真似しないでね!!!

ところが、キーワードからサムネイルから投稿時間から
全て一緒にも関わらず、再生数にかなりの開きがあるんですよ。

5倍の差とかザラです。

なんか、あるジャンルにやたら強いチャンネルと
そうでもないチャンネルみたいなのがあるんです。

そういうのを風と呼んでますが、
こればかりは事前のリサーチでは分かりません。

この種のいわば偶然の要素にまで恵まれないと、
ストレートな特化型は失敗します。

特化型チャンネルは素人はやめた方がいいのか?

そうなると、素人は大人しくトレンドでもやってろ
ってことになるのでしょうか?

まあ実際、トレンド動画はすごく勉強になります。

何しろ常に視聴者の動向を気にしながら
色々作戦を練るのですから、
リサーチ力、タイトル力、サムネイル力など、
YouTubeアドセンスに必要な全てが徹底的に学べるのが
トレンド動画です。

最初からリサーチ力が問われ、経験が問われる特化型チャンネルは、
ちょっと難しいかな、経験を積んでからにしようかな・・・
と敬遠されるかもしれません。

ですが、あえてあなたには特化型を目指して欲しいと思います。

なぜなら、ネット上に資産を築くことこそ、
YouTubeアドセンスの醍醐味だからです。

ある程度育った特化型チャンネルは、最小限の投稿で
コンスタントに収益をあなたにもたらします。

トレンドのように常にニュースを気にしながら
奴隷のようにPCの前にかじりつく必要がありません。

一度この状況に持ってこれれば、
後は次のチャンネルやビジネスに進出することにより
さらに収益を増やし、あなたの暮らしを安定させることが
可能なのです。

特化型の弱点を補う方法とは?

勘のいいあなたなら予想がつくと思いますが、
特化型チャンネルの弱点を補う最強の作戦があります。

そうです。

特化型チャンネルにたま~にトレンド動画を投稿する

とか、

トレンド動画をあげまくってチャンネルが暖まったころに特化型を投入し始める

という作戦です(笑)

トレンドって本当にすごいんですよ。
特化型だと初期の再生数が100にも満たないなんて当たり前なんですが、
1000とかなら誰でも到達可能です。

そして、そうなると登録者も100人とか、余裕で行きます。

特化型をコツコツ上げる一方で、
何か大きなニュースがあったらそれをネタに
トレンド動画をアップする。

で、トレンドであなたのチャンネルに登録したユーザーが
そのまま特化型の動画も視聴するか?というと微妙なのですが、
少なくとも総再生時間や登録者数の向上によって
チャンネル評価が上がり、
チャンネル評価の向上によって関連動画への掲載率が上がり、
特化型としてのチャンネルブレイクまでの道のりがかなり短縮出来ます。

しかもトレンドで視聴者を惹き付けるスキルも身につけながらです。

これはやらない手はありません。

トレンド動画の注意点

それでは、何かビッグニュースがあった時に
それをネタにすればすぐにガンガンに再生されるか?

というと、これもちょっと違います。

例えばある芸能人が結婚したとして、
「〇〇結婚!」
というニュースを投稿したらどうでしょう。

ほぼ再生されずに終わります(泣)

ところが、通常、タレントの結婚話なんて、
家でYouTubeをみるまえに情報として入ってきています。

なのであえてそれを動画でみようとは誰も思いません。

世界最速でそのニュースを流せればまだ可能性はありますが、
あまり現実的ではありませんよね・・・

なので、そのニュースを知ってる人が、
さらにどんな情報を知りたいか?
を考えてネタを作る必要があります。

トレンド系をリサーチすればすぐにわかりますが、
「〇〇の結婚相手の過去がヤバい」
とか
「〇〇事件の黒幕は実は〇〇だった」
とか、少しネタをずらします。

そういうズラしたネタでも、結構同じような動画はアップされてますので、
そこはケースバイケースで色々と差別化する必要がありますが・・・

後は注意事項としては
・AKB48
・ジャニーズ
上記ネタはなるべくやめた方がいいです。

YouTube内でのリサーチ方法としては
・一週間以内で
・登録者数1000人に満たないチャンネルの動画で
・テレビの動画を流してないタイプで
・急激に伸びているネタ
こういうのをみつけて似たような
あるいはそれをみた後にみたくなる動画をアップして下さい。

トレンド系は、やれば結構楽しいので、
特化型にうまくまぜてやってみるのもいいと思いますよ。

今回はここまで。
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です