著作権違反のYouTube動画で広告収入が受け取れるか?

それにしても・・・

 

グレーなものほど稼げるんですよね・・・

 

その最たるものがTV番組そのまんまアップロード

 

僕がYouTubeで稼いでるという話を
ごく限られた人にはこっそり教えてるのですが、
その人いわく、

 

「NHKのとある番組が全部アップロードされていて
まとめて視聴出来るからすごく便利なんですよ。
そうですか、あれって広告費で稼いでるんですか。
なるほどー」

 

「なるほどー」ではありません(笑)

 

完全にアウトなやつです(笑)

 

「お願いだから捕まることだけはしないで」
と日々嫁から心配されているアウトロー・オカザキです。

よろしくお願いします!

 

なぜYouTube上に違法動画が後を絶たないのか?

 

公式チャンネルが自らのコンテンツを丸々アップロードするのは
それは本人達の自由ですから何ら問題はないのですが、
どう考えても何の関係もない個人だろ、というようなチャンネルが
平然とテレビ番組をアップロードしてますよね。

 

あれ、なんで大丈夫なんでしょうか?

 

著作権とか大丈夫なんだろうか?

 

俺もやっていいんだろうか?

 

やっちゃおうか?

 

ダメ元で試しにアップしてみた(笑)

 

とまあ、こんな感じで首を突っ込んでみると
うまくいくと結構再生されるんですよ。

 

そりゃあそうです。

 

前述の僕の知り合いじゃないですが、
見逃した番組がまとめてYouTubeにアップされてたら
感謝しつつ観ちゃいますよね。

 

視聴者のニーズを見誤らなければ
当然ガンガンに再生されます。

 

しかし、ハッキリ言って物凄くリスクが高いので
僕としては例え部分的であってもテレビ番組のアップロードは
やめた方が良い、という判断です。
削除されてない動画には何か秘訣があるのか?

という点に疑問が残りますが、

多分、秘訣とかないです。
たまたまです。

著作権というのは基本親告罪ですから、

著作権者側からの申告がないと、そういう動画も放置されます。

たまたま見つかってないとか、

そんな理由でYouTube上に残ってる状態と思われます。

こういう動画を扱うと、

一時的にチャンネルが盛り上がって、

再生数も登録者数も伸びて儲かるかもしれません。
しかし、チャンネルが削除されたらまったくの0に戻ってしまうんです。

 

そうなってしまった時、
ほぼ全員が思うはずです。

 

来月から収益なしか・・・

 

この時間と手間を別の安全な動画に
コツコツと費やしていたら今頃は・・・

 

ああ、こんなのやめておけばよかった・・・

と。

 

僕はチャンネルを運営するにあたり、

 

・チャンネルを1日でも長く存続させる
・短期的な収益アップなどクソ食らえ

 

というポリシーを持ってます。

 

そのため、リスクが高いとされる
テレビ番組やラジオ番組のアップロード、
ちょい◯ッチ系
などの動画は一切やっておりません。

 

ただ、テレビ動画ほどのリスクはありませんが、
僕のようにテキスト動画をやっている場合にも、
多少は著作権的なリスクが存在します。

 

ライバルチャンネルとかでもよくあるんですよ。
ある日いきなり動画が削除されていたり、
下手したらチャンネルそのものが削除されていたり。

 

以前、こんなこともありました。

 

ネタ元の記事を漁ってたら、
ブログ主がライバルチャンネルに対し名指しで
警告してるんですよ。

 

僕がターゲットにしているチャンネルだったんで
びっくりして内容を見てみると、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
下記のyoutuberが当サイトの記事を丸パクリしている。
よって警察に通報した↓
〇〇チャンネル
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

明日の我が身かもしれないと思うと
正直、生きた心地がしませんでした・・・

 

で、これどうなるのかなあと思ってたら
数ヶ月後にそのチャンネルは削除されましたね。

 

このブログ主の警告のせいかは知る由もありませんが、
もしそうだとすると、
警察にチクる→そういうのはYouTubeに文句言って下さい
→YouTubeに文句を言う→チャンネル削除
という流れでしょうかね?

 

でも不思議でしょうがなかったです。

 

僕より経験豊富そうなこのYouTuberさんが、
なぜ、警告をガン無視したのか。

 

ブログ主だってまずは当事者に言うと思うんですよ。
その時点で即削除すべきなんです。

 

経験者豊富な方ならまず間違いなくそうするはずです。

 

なぜチャンネル削除されるまで放置したのか・・・

 

でも後日、なんとなくその理由が分かりました。

 

と言うのも、僕の動画にも、
恐ろしいコメントが来たのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
この動画は以下の記事の引用ですか?
URL

著作権について確認したいことがあります。
ブログ運営者にも確認していますが、ご返答をお願いいたします。
ーーーーーーーーーーーーーーーー

今書きながら思い出して嫌な汗が出てきました(笑)

 

で、ポイントなのが、これが書かれたのって動画のコメント欄ではないんですよ。

 

まず該当の動画のコメント欄に、
「著作権について確認したいことがあります。
詳細をメッセージしました。」

 

とかって書かれてて、
その時夕飯のカレーを作ってたんだけど、
そんなもの完全放置で焦がしまくって
自分のチャンネルの管理画面をチェックですよ。

まずはメッセージを確認しないといけないな…

ところが・・・

メッセージって何??

 

ぱっと見どこにチャンネルへのメッセージが届いてるか
分からないんですよ。

 

「このままではチャンネルが削除されてしまうーーー!」
すごくあせってメッセージとやらを探すのですが、
どこにあるのか分からない(泣)

 

そこで気づきましたね。

 

チャンネル主が著作権者からの警告に
気づかないケースが結構あるんじゃないか?
ということに。

 

この人はまずコメント欄に一言入れてくれてたからいいようなものの、
単にメッセージしただけだと、僕もスルーした可能性が高いです。

 

以降、動画へのコメントや
メッセージ等は定期的にチェックして
何かヤバそうな警告がないか、常に目を光らせております。

 

そして・・・
アップロード後、24時間以内に数万回再生されるような
ヒット動画候補であっても、
視聴者から著作権的な軽い突っ込みがあれば
躊躇なく削除します。

 

さらに、突っ込み主が第三者を装った本人である可能性もあると思うので、
「ご指摘感謝です!ところで引用元のサイト、いつも見てますが本当に素晴らしいですよね!」
とか、やりすぎない程度にコビを売ったりします。

 

これについては相手のノリをみて判断しますが、
とにかく嫌われないようにすることが大事だと思っております。
視聴者にも、ネタ元の著作者にも。

 

あ、最後にメッセージの確認方法です。

 

「ダッシュボード」を開き、
左側のメニューから「コミュニティ」をクリックすると
下に「メッセージ」が出てくるのでこれを確認してください。


くれぐれも著作権違反で動画を削除されないよう気をつけましょう。

 

とは言うものの・・・

チャンネル開設の初期において、全く再生数が伸びず
チャンネルが全く育たないという、多少リスクを犯しても構わない状況下でこういうグレーな手法を少し取り入れるという選択も

ありと言えばありな気がします。

後日、少し触れたいと思います。
あくまでも自己責任で、ということにはなりますが・・・

 

本日は以上です!
ありがとうございました!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です