注目コンテンツの仕様変更!!!どうなるYouTube?

オカザキです。

先程自分のチャンネルの
注目コンテンツをイジっててびっくりしました。

再生数が伸びだした動画を注目コンテンツにのっけて、
拡散しまくろうと思ってたのですが・・・

あれ?なんか画面が妙にスッキリして・・・
あっ!自分の動画をレコメンド出来ねえええええ!!!!

いつも心にやましい事がある僕ですから、
まずは自分のチャンネルが何かやらかしたペナルティ
かと思い、無駄にドキドキしました。

注目コンテンツが12月14日から変更になりました

というわけで、詳細をみたら・・・

よかったあ・・・

俺だけじゃねえんだ・・・
インチキしてバレて怒られたんじゃないんだ・・・

ホッとしたところで怒りが湧いてきました。

「ユーザーの行動を調査した結果、このようなプロモーションが
閉じられてしまう回数は、クリックされる回数の 20 倍にもなることが
判明したため、今回の決定に至りました。」

意味がわからねえんだよ!!!!

アホな頭で小一時間考えましたよ!
で、恐らくなんですが、注目コンテンツが表示されて
実際にそれをクリックするやつは20人に1人しかいないって
ことが言いたいと思われます!

そう書けよ!!!!

で、さらに、これをやれば結構な人数を
自分のチャンネルの動画に誘導出来ると思ってたのですが、

「それ、ほぼクリックされてねえから(笑)」

とGoogle本人が言ってくるとは!!

何無駄なことやってたんだよ俺!!!!!!

「今後はカードや終了画面を追加して下さい」
って書いてあるけど、そんなのとっくにやってるよ!!!

しかもカードなんか地味だし効果あるわけねえじゃん!!!!

そもそもYouTubeの注目コンテンツとは何か?

読んで字のごとく、注目のコンテンツということなんですが・・・

かつて、ダッシュボードの「チャンネル」「注目コンテンツ」を
クリックしていくと、自分のチャンネルの動画や再生リストを
プッシュする機能があったんです。

このあたり・・・
すんませんキャプチャがないです・・・

そこでチャンネル内の動画を指定すると、
動画の最後の方か、あるいは任意の位置に、
サムネイル付きの少しリッチな感じのカードみたいなのが
表示されるシステムです。

「カード」は淡々と文字情報だけ出てくるので、
正直僕は「注目コンテンツ」を最優先してましたね。

それがいきなりの廃止だなんて・・・

注目コンテンツとかカードとかのクリック率の確認方法

で、「注目コンテンツ」の効果って、
実際のところどうなんでしょう?

というわけで、確認してみます。

やり方は簡単。
まずはダッシュボードから「アナリティクス」をクリック。

次に「アノテーション」をクリックし、「アノテーションタイプ」をクリックします。
すると「注目動画」というのが確認出来ます。

え?なに?
0%??

低くない?(笑)

アノテーション全部でクリック率が10%で、
さらにその中で「注目動画」が0%(泣)

おいGoogle!!!
書き直せ!

「このようなプロモーションが
閉じられてしまう回数は、クリックされる回数の 20 倍にもなることが・・・」

「このようなプロモーションはクリックされてませんでした(笑)」

こうだろ(笑)
正直に言え(笑)

※アノテーションとは、動画内に自由にテキストとリンクを貼る事のできる
とても便利な機能ですが、今は使用できません。

アノテーションだけでなく注目コンテンツも制限されたので、
今後はGoogle様のおっしゃる通り、
カードと終了画面を使ってくしかないようです(泣)

ちなみに「カード」からの誘導はどんなもんなんだろう・・・

「アノテーション」のすぐ下の「カード」をクリックしてみましょう。
すると・・・

こんな数値が出てます!!!!!

あ、こっちの方がマシだ(笑)

約0.4%がこれクリックしてんじゃん!!!!!

知らなかった・・・

カードって結構有効なのね。

今までなんとなくサムネも表示される
「注目コンテンツ」の方がいいに決まってると
思い込んで、ロクに確認もせずに
「カード」を設定するのをサボってました・・・

これは反省ですね。

ちゃんとやらないと・・・

コレよく考えたら・・・

0.39%って・・・
注目コンテンツが1/20→5%
って考えると・・・

注目コンテンツの方がマシなんじゃないか?

おいgoogle!
言ってることおかしいぞ!

むしろカードの方を廃止しろ(笑)

うーん・・・
カードの設定、やっぱ面倒だしやめるかなあ・・・

いずれにせよ、
ユーザーの思惑どおりに事を運ばせてくれないのが
YouTubeってことですねえ・・・

純粋に質の高いコンテンツを作って
視聴時間を上げることに集中するのが良いのか・・・

ま、その方が健全といえば健全ですけどね・・・

小細工なしかあ・・・

ちなみに「カード」や「終了画面」の設定方法についてはこちら

最後までお読み頂き
ありがとうございました!

4 件のコメント

    • 藤見さん

      コメントありがとうございます!
      もともと使用出来ていた「注目コンテンツ」が
      一部使用できなくなっているという記事ですので
      知らなくて問題はないです。
      ただ、一応Google検索してなんとなく知った気に
      なっておいてください(笑)

    • 山本さん

      コメントありがとうございます!
      いずれにせよ、カード、終了画面は重要ですからね。
      ぜひ、挑戦して下さい!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です