YouTube稼ぐ手順:初心者が稼ぎやすいジャンルと注意点

いよいよ「基礎編」も最終回となりました!

そこで、「実践編」に繋がるような内容で締めくくりたいと思います。

今回は、初心者がYouTubeアドセンスを開始するにあたり
どういったジャンルにチャレンジしたら良いのかをテーマにします。

さあ、そろそろエンジンをかけましょうか。

YouTubeは、今最も稼ぎやすく
爆発力もあるジャンルではありますが、
現実問題、成功する人としない人に分かれてしまいます。

まあなんだってそうですよ。
どんな分野だって全員が成功なんてあるわけがない。
向き不向きもありますし。

でも、そうはいってもなぜYouTubeアドセンスに
人は挫折するのか。
そこは追求しないとYouTubeネタで
情報発信をしている意味がないですからね。

YouTubeで成功しない思考パターン

ブルーオーシャン狙い

これは誰しも陥りがちだと思うのですが、
YouTubeそのものにしても、その中の特定のジャンルにしても、
「人気があるから、ライバルが一杯いるから、やりつくされているから
もうダメだ。もうこのジャンルは終わった。」
と考えて他を探す人がいます。

これは駄目なパターンです。

よくよく考えると、ネットでのYouTubeをはじめとした
特定のジャンルを否定する人ってほとんどこの論法ですよね。

・YouTubeアドセンスをちょっと調べる。
・ちょっとやって再生数が全然上がらない。
・ライバルの多さに参ってしまう。
・YouTubeというジャンルがもうすでに飽和していると判断→撤退

これもったいなさすぎですよね。
別にそのジャンルのトップにならなくても全然稼げるのに・・・

かく言う僕のチャンネルも、そのジャンル内ではまだまだ中堅です。
上にはすげえのがいくつもいるし、下からもよく抜かれますよ(笑)

YouTube自体がものすごくリッチな市場なので、それでも旨味があるのです。
それに飽和してればしてるほど、ものすごく沢山の動画が作成されてます。

当然1つの動画には沢山の関連動画が表示されていて、
その枠を1つでも多く取れれば、視聴者の侵入ルートが増えるわけですよ。

これってよく考えると美味しいですよね。

需要の少ないジャンルだと、そもそも侵入ルートが少ないので
中々人が集まらない。

しかも視聴者数も少ないからアクセスされるようになってきても
爆発的に伸びない。
いいことなしです。

結論。
ブルーオーシャンはやめて
レッドオーシャンに無防備に突入しちゃってください(笑)

オリジナリティ重視

まだ始めたばかりのくせに、他の動画との差別化とか、
クオリティアップとか、そういうことばかり考えて
いつまでたっても動画の量産のフェイズに入らない人がいます。

かつての僕です(笑)

そういうのはやってくうちに自然と手に入るものなので、
とにかく売れてるジャンルの売れてる動画を徹底的に参考にしてください。
※丸パクリは駄目ですが。

「売れてる動画をなるべく再現する」という行為を繰り返しまくるうちに、
正しい方向性、コツといったようなものが自然と身につくのです。

もう伝統工芸品の見習いとでも思って匠の技を盗んで下さい。
※丸パクリは駄目ですが。

上記2つをわきまえた上で、人気のあるジャンルに
突っ込んでいっていただければと思います。

YouTubeテキスト動画で稼ぎやすい人気ジャンル

・芸能系
・感動系
・修羅場系
・アニメ(声優)ランキング
・都市伝説(恐怖系)
・不思議系
・政治・ニュース系
・ミリタリー系
・日本大好き系

・芸能系

芸能人のゴシップ関係とか時事ネタとか。
トレンド動画としても使い勝手がいいですよね。

・感動系

ほんわかしたサムネイルで
2chまとめとかからもってきたテキストを
いい感じで流すタイプです。

・修羅場系

2chまとめとかからもってきたテキストを
いい感じで流すタイプです。
「修羅場」で検索するとすぐ見つかります。

・アニメ(声優)ランキング

アニメ本編はガイドライン的に完全にアウトですし
声優のラジオ音声を流すのもかなり危険な行為です。
しかしながら、それらをランキングづけして発表するという形式にすることで
本編を使わずしてそれらの人気にあやかれる合理的な手段です。

・都市伝説(恐怖系)

怖い話ですね。
レベルの高いジャンルです。
きちんとナレーションをつけたりとか。
正直怖くて深夜のリサーチは僕は出来ません。
が、上手く作れば相当引き込まれるジャンルなので
再生時間を稼ぎやすいのではないでしょうか?

・不思議系

怖い話とグロと雑学とオカルトが合わさった感じです。
ごちゃ混ぜチャンネルのような様相ですね。
世界の不思議な事件や事象、宇宙人や霊魂等のオカルト要素満載です。
総じてサムネイルや動画のレベルが高いですが、
これも視聴者的にはなかなか吸引力があると思います。

・政治・ニュース系

というより嫌中韓系といった方がいいですかね。
これはネットではかなりの需要があるというか、
ビッグなジャンルですね。
ただし、現在はYouTubeのガイドラインによって、
他者への差別・誹謗中傷的な内容に厳しく制限が
かけられております。

なのであまりお薦めはしてなかったのですが・・・

最近になっても「某国のイージス」等、
https://www.youtube.com/channel/UCyWrZ3uHnN4izMD_xlwNJVQ
嫌韓系のチャンネルは勢いがあります。

定期的にYouTube側から脅されるものの
まだまだ行けるのかもしれません。

あるいは広告を外されても
利益関係なしにやってるのかもしれません。

ちょっとわからないのですが、
とりあえず需要だけは間違いなくあります。

・ミリタリー系

これなんかも政治系と同じで、
暴力や戦争を扱うネタがガイドラインに抵触するのですが、
依然として元気のあるジャンルですね・・・

あまり強くお薦め出来ませんが、
需要はかなりあります。

・日本大好き系

一時期、政治系が収益化を無効にされる時代があったせいか、
「中韓嫌い」の裏返しである「日本大好き」を
全面にフィーチャーしたジャンルです。

「自衛隊のいい話」とかもこのカテゴリに含まれます。

とまあ、このあたりから攻めるのがいいと思いますよ。
くれぐれもひねくれず、ど真ん中に突っ込んでください。

今回はここまで。
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です