YouTube・グレーな動画で楽してガンガンに稼ぐことは可能か?

道端で他人が困っていた場合、
関わり合いになりたくなくて素通りします。

 

もしお金を拾ったら、大金であればあるほど
警察には届け出ません。

 

他人の成功は、それがどんなに親しい人間であっても
というかむしろ親しければ親しいほど妬ましく、
心底そいつの失敗を願わずにはいられません。

 

ありとあらゆる角度から、常に他人と自分を比べて
優越感に浸ったり卑屈になったりします。

 

スキがあれば他人を出し抜きたいといつも思っています。

 

とまあ、自分の暗黒面を大雑把に披露しましたが、
こういった思考に支配されると正直生きててしんどいですよね。

このしんどさから解放されるためには、どうしたらいいでしょう?
これまでのごく一般的なソリューションとして有名なのが

心頭滅却する

というヤツですね。

なんでも望み過ぎるな。
過度に食うな。
謙虚になれ。
とにかくガマンしろ。
そんなノリです。

子供の頃から
そんな価値観を与えられ続けていたように思います。

でも、そのようなソリューションが何を生んでいるのでしょう?

より深い嫉妬、欲望、不満

とかじゃないでしょうか?

禁煙をしようとするとタバコへの愛が深まるのと一緒で、
何かを引き離そうとするればするほど、それに対する執着心が一層深まる、
というのが人間の心のメカニズムではないでしょうか。

僕はインターネットを利用して素人がガンガンにお金を稼ぐ事ができる、
という現実を知った時、それなら、ガンガンに稼いで
思う存分自分自身に好きなことをやらせてあげて
自分自身を満たして満たして満たしまくれば、いずれ他人に優しい人間になれるのではないか?
ということを思いました。

 

本当です。
本当に少しだけ思いました(笑)

 

ただ、現状はまだ満たされていないので、
常に楽して他人を出し抜いてガンガン儲けて
優越感に浸りたいという思いで一杯です。

YouTubeの暗黒面に一度は堕ちた男、
岡崎です。よろしくお願いします。

YouTubeにおけるグレーな動画での収益化について

とはいえ、巷では何度チャンネルを削除されても立ち向かう
筋金入りの暗黒YouTuberの武勇伝がいたるところで語られております。

そういう方々と比べると、僕なんかまだまだ甘いし、
甘いままで全然OKだと思ってます。

ここで言うグレーな手法とは、
・売れてる動画の丸パクリ
・テレビ番組や映画等のアップロード(一部引用を含む)
・ちょい◯ッチ
とかのことです。

別にグレーな手法なんて使わなくても全然問題なく稼げるんですよ。
ただ、グレーであればあるほど再生数が伸びやすい傾向にあるのも事実です。

なので、
動画をアップしてもアップしても再生
れないチャンネル開設初期において、
グレーな動画である程度再生数を稼いだ後、程よいタイミングで
善良なカタギのチャンネルに切り替える、というやり方を推奨している
YouTuberまでいます(笑)

僕は今現在のYouTubeでは、そのやり方も危険だと判断します。

開設したばかりでまだ全然再生されていないYouTubeチャンネルであっても、
チャンネルを削除されることで大きな痛手となる可能性が出てきたのです。

どういうことかというと、
一回のチャンネル削除で、収益を受け取る本体である
アドセンスアカウントにまでヒビが入るケースが多発しているのです。

YouTubeアドセンス実践者は、
google様から報酬を振り込んでもらうための
アドセンスアカウントというものをまず作成します。

手順としては、ごく普通のgoogleアカウントを作成し、
そのアカウントを使い、googleアドセンスの申請を行うのです。

ブログにしろYouTubeにしろ、
アドセンスで得た報酬というのは、
すべてこのgoogleアカウントに支払われるのです。

YouTubeチャンネルは、googleアカウントの傘下に開設する形になりますが、
気をつけないといけないのは、
せっかく作ったアドセンスアカウントでYouTubeチャンネルを作成しない、
ということです。

アドセンスアカウントは1人につき1つづつしか作れません。
※複数作る方法がないわけではありませんが、普通は1人1つです。
そんな貴重なアカウントにYouTubeチャンネルを作ってしまい、
万が一そのチャンネルが規約違反とかで削除されてしまったらどうでしょう。
その瞬間あなたのYouTube人生が終わってしまうのです。

現状、YouTubeアドセンスほど、

初心者向けでなおかつ爆発力のあるジャンルはありません。
これを手放すのはあまりに痛い。

なので、皆さん、アドセンスアカウントには一切手を付けず、
別なgoogleアカウントを用意してそこにチャンネルを開設しましょうね。

というのがこれまでの各種YouTube教材で言われてきたことでした。

メインのアドセンスアカウントの周辺にサテライトのように
googleアカウントを紐付けして配置し、
そこでYouTubeチャンネルを運営するやり方です。

もちろん僕もそうしてます。

こうすればどんなに攻めて攻めて削除されまくっても、
アドセンスアカウントは無傷なので何度もやり直しが出来たのです。

ところがここ最近(というかずいぶん前からですが)
一度チャンネルを削除された人が、
別アカウントで再度チャンネルを開設したにも関わらず、
なんかバレてるっぽい感じですぐに削除されてしまい、
同じアドセンスアカウントから何度チャンネルを立ち上げても
次々とチャンネルが削除される、という悲惨な状態をよく耳にします。

こうなると悲惨ですよね・・・

理屈はよくわかりませんが、
一説によるとIPアドレスでユーザーを特定しているのではないか、とのことです。
※IPアドレスというのはインターネット上でその人のPCに割り振られた
一意のアドレスのような数字の羅列です。
google様が規約違反の動画を上げたユーザーのIPアドレスをみていて、
同じところからチャンネル登録が来ると「またコイツか・・・」
みたいに警戒しているのかもしれません。

IPのみが原因だとすると、プロキシなどでIPを偽装する仕組みを
利用すれば問題解決するかもしれません。

ただ、この問題については検証をしていないのでなんとも言えないです。

とにかく言えるのは、

無茶をしないこと

この一言につきます。
大丈夫、正攻法だけでYouTubeは十分稼げます!!

今回は以上です。
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です