YouTubeアドセンスに最低限必要なIT基礎知識その①CPU・HDD・メモリの違いについて

今回は、まさかのIT知識編です。

YouTube、アフィリエイトなどなど、
ネットで稼ごう系のブログでIT知識を深める内容なんて
ほとんどありません。

はっきり言ってYouTubeアドセンスを実践するにあたって、
必要なスキルって、ほとんどないです。

動画作成っていうとものすごく敷居が高い感じがしますが、
実際のところ想像よりかなり楽だというのは、
やりはじめて2〜3週間もすれば実感いただけると思います。

パソコンに関する知識もほとんど必要ないです。

起動してインターネットに接続できて、
ネット上でショッピングが出来る程度のスキルがあれば
YouTubeの実践は余裕で可能です。

正直ブログとかの方がWordPressとかFTPとか、
ITの素養が求められる気がします。

IT音痴でOK!それがYouTubeです!!

ただ、PCの不調とか故障とか、
なんらかの技術的トラブルがあった際、
お店の人に相談したりするのに困らない程度の
最低限の知識というのが、ないよりはあった方がいいと思います。

そこで今回はパソコンについて、
その中でも比較的混同されやすい「メモリ」と「HDD」の違いについて、
あとついでに「CPU」について説明します。

※あくまでYouTubeアドセンスを実践するにあたって最低限必要な知識のみの説明です。

CPUとは

CPUはパソコンの頭脳にあたります。
日本語では「中央処理装置」といいますが、
そんなことはどうでもいいです。

要するに全ての計算をCPUが行うので、
こいつの性能がいいと、動画作成において
全ての動作がキビキビとしてきます。

YouTubeをやる場合はCPUは
「Intel Core i5」ってやつが理想です。

これより性能がいいものに
「Intel Core i7」
というものがありますが、値段が高くなるし、
「Intel Core i5」で十分です。

あとCPUには「32bit」と「64bit」という区分がありますが、
「32bit」が古いやつ「64bit」が新しいやつ、
と覚えていただければOKです。

メモリとは

HDDと混同されやすいのですが、
メモリというのはデータを保存するところではなく
作業をする机、と思って下さい。

机の面積が広ければ広いほど、
同時に色々な作業ができるし、
狭いと作業するのが遅くなります。

メモリというのは、パソコンが起動している間は
作業中のデータを保持します。
でも、電源を切ると記憶したデータがなくなってしまいます。

そのため、書きかけの文章や作りかけの動画というのは
電源を切らない限りそのままの状態をキープします。

しかし、保存しないでパソコンをシャットダウンすると、
作りかけのデータは消えてしまいます。

スペック的には最低限「4GB」のメモリであればYouTube作業が
無理なく出来ると思います。

スペック表にはメモリのことを
「RAM」と書く場合もありますのでご注意を。

HDD(ハードディスク)とは

メモリでなくこっちがデータを保存する場所です。
電源を切っても記憶が保持されます。

「このPC、ディスクがイカれちゃってさ・・・」
と、お洒落なスーツを着たIT実業家が言ってたら、
ほぼ間違いなくHDDのことです。

ハードディスクという名前からも分かるように
円盤状の形をしてます。

レコードのようにぐるぐる周りながら保存したデータに
アクセスし一つ一つ取り出します。

昨日作成した動画も、ここから取り出すことが可能です。
ただディスクなので転送速度がどうしても遅くなります。

メモリ=早いけど電源を切ると忘れる→その場の作業をサクサクこなす用
HDD=遅いけど電源を切っても覚えてる→サクサクこなした作業の結果を保存する用

500GBぐらいの容量があれば十分です。
ただし、外付けのHDD等を別途用意すれば、
それ以下でも全然問題ないです。

SSDとかeMMCとか

これらはHDDをさらにすごくしたもの、
と覚えておいて下さい。

基本的に保存領域として使われます。

メモリみたいに処理がはやいくせに
電源切っても忘れない、という優れものです。

そのかわりに値段が高いです。
そのためHDDと組み合わせて使用されることが多いです。

HDD、SSD、eMMCなどすべてを
「ストレージ」と称します。

「ストレージがいっぱいいっぱいになっちゃってさ・・・」
と、お洒落なスーツを着たIT実業家が言ってたら、
記憶領域すなわちHDD、SSD、eMMCのどれかだと思って間違いないです。

トータルでYouTubeアドセンスに最低限必要なPCスペックはどんな感じ?

CPU:「Intel Core i5」
メモリ:4GB以上
HDD(SSD・eMMC):500GB程度(ただし外付けでも可)
OS:Windows7以上

ぐらいであればOKなんじゃないでしょうか?

個人的にはCPUの性能が落ちても、
ストレージがSSDやeMMCであれば十分処理が早いと思います。

ちなみにより低スペックなPCでYouTube動画制作が可能か、
こちらで検証しております。

今回はここまで。
ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です