YouTubeで稼ぐ手順:iMovieで文字を左寄せにする方法とタイトルのフォントサイズ変更について

前回、iMovieを使用したYouTube動画作成方法について
説明したわけですが、
スクロール文字のレイアウトと
タイトルのフォントサイズの変更について、
こちらで補足します。

iMovieの使用方法については今回で完結ということになります。

いやあ、それにしてもiMovieは文字の扱いが難しい!

とはいえ、やり方を知ってしまえば
複雑な手順ではないので誰にでも問題なく実施可能です。

iMovieで動画作成をする人は必須の知識となりますので、
ここで一気に覚えておきましょう。

iMovieでスクロール文字を左寄せにする具体的手順

僕は普段からMacを使ってて、
どちらかと言うとWindowsが嫌いなのですが、
しかしApple純正のiMovieの文字の扱いについては
ひどいと言わざるを得ません・・・

スクロール文字のテンプレである「エンドロール」が
中央寄せのレイアウトしか出来ないなんて!

これはもはやバグと言っていいぐらいのクソ仕様です。

困り果ててiMovieを使ってる外注さんに聞いたところ、
以下のやり方を教えていただきました(笑)

まずタイトルより「エンドロール」を選択します。

プレビュー画面で「タイトル」と書いてある1行目を選択します。
※「タイトル」という文字だけでなく行全体です!

で、この行を削除します。

次に2行目以降「名前  説明」と書いてある行を全て選択し、
削除します。

ちょっと分かりにくいかと思いますが、
1行目が空欄の状態で、
2行目の中央にカーソルが点滅してます。

この状態でさらに「delete」キーを押します。
すると・・・

この状態でテキストを貼り付けると・・・

もー何なんだよこのバッドノウハウ(笑)

それにしてもこれ発見した人、凄いですね!

また、こうまでして僕のチャンネルの動画を作成してくれてる
研究熱心で超有能な外注さんに感謝です。

ちなみにiMovieのフォント設定はクセがありすぎるので、
可能な限りpages等のテキスト編集ソフトで設定を済ませて、
iMovie上では縁取りのみ設定した方がいいです。
↑これも僕からではなく外注さんからのアドバイスです(笑)

iMovieのタイトルのフォントサイズを大きくする方法

これも困った問題なのですが、
タイトルとして文字を挿入したのですが、
49ptより大きくならないのです。

こんな地味ーーーな小型サイズにしかならないのですよ・・・

さすがに外注さんに聞きづらい時間帯に突入してきたので、
自力で調べました(笑)

まずテキストを編集モードにして、
全選択した上で右クリックします。
Macだから右クリックというより2本指でタップと言った方がいいかな?

表示されたメニューから「フォント」「フォントパネルを表示」をクリックします。

すると、フォントパネルが表示されます。
ここで直接フォントサイズを入力してみます。

え?今までさんざ苦労したのに、ここで設定するだけでいいの?

いいんです!!

大きくなりました!

とまあ、こんな感じです(笑)

この程度、使い方がわかっていればYouTubeアドセンス的にはOKです。

あとは頑張って動画をコンスタントに作成しまくりましょう。

今回はここまで。
ありがとうございます!

1 個のコメント

  • […] YouTubeで稼ぐ手順:VideoPadを使用した動画作成方法(Windows) YouTubeで稼ぐ手順:iMovieで文字を左寄せにする方法とタイトルのフォントサ… YouTubeで稼ぐ手順:iMovieを使用した動画作成方法(Macユーザー向け) […]

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です