YouTube動画の再生回数を増やすリサーチ術

さてさて、

「YouTube動画の投稿を開始したものの、
ビギナーズラックに恵まれず、なかなか再生回数が伸びない、
いやむしろ死んだほうがマシなんじゃないかと悩んでいる人が、
それでもなんとか結果を出すための技術」

について、
ちょっとずつ公開していきますよ。

一個一個はものすごく地味ですが、
最初は細かく細かくアクセスを稼ぐことが重要なのです。

YouTubeアドセンスというのは、
非常にウマウマなビジネスなのですが、
じゃあいったい何がウマウマなのかというと、
これはもう、
「売れてる先駆者たちの仕事をカンニングし放題」
ということにつきるんじゃないでしょうか?

ビジネスというのは、アート作品などと違って
とにかく売れてるものを徹底的に真似る、ということが
非常に、非常に、非常に重要になってくるのです。

この商品やサービスは何故売れているのか、
どういった層をターゲットにしているのか、
ユーザーはいったいどこに食いついているのか、
どういったメリットがあるのか、

といったことをリサーチしまくった上で
似たようなものを提供するわけです。

売れてる製品のリサーチを完璧にやれば、
その製品の売上に近づくことが可能ですし、
売れてるブログのリサーチを完璧にやれば、
そのブログのアクセス数に近づくことが可能なのです。

そしてもちろん、YouTubeにおいても、
リサーチを徹底的にやれば、登録者数、再生回数などを
人気のYouTubeチャンネルに近づけていくことが可能になります。

で、YouTubeの場合、このライバルチャンネルのリサーチが
メッチャクチャ簡単なんですよ。

というわけで、今日は売れてる動画の
リサーチ方法についてお話します。

人気動画をリサーチして再生回数を稼ごう!

僕は常々、YouTubeほどビジネス初心者に適した
ジャンルはないと思っています。

前述の通りビジネスにリサーチは必須となるのですが、
いきなりリサーチと言われてもよくわかりませんよね(笑)

僕もYouTubeアドセンスに取り組み始めた当初、
色んなサイトや教材から
とにかくリサーチが大事と教えられてきました。

「なるほど、リサーチが大事か!」

と分かったつもりになって、
というか分かったつもりにだけなって、
ロクにリサーチせずに無駄な動画をガンガンアップし続けたものです(笑)

ですが、やっていくうちにだんだんと
リサーチヤバいな・・・
ってことに気がついてくるんですね。

ハッキリ言ってYouTubeにおいて、
売れてない動画やタイトルを真似ても
100%売れません。

その結果はすっげえシビアですよ。
再生回数1回(自己再生含む)
なんてザラです。

それがどんなに思い入れたっぷりの素晴らしい動画であってもです!

ですが、色々な角度から売れてる動画、チャンネルをリサーチし、
それと同じようなものを再作成するだけで、
まだ20も投稿してないチャンネルでいきなり
再生回数20万回
なんてことも現実に起こりうるのです。

20万倍の差ってすごくないですか?(笑)

お金が絡んでものすごい効果があって、
なおかつ他ジャンルに比べて楽な方法で
リサーチが出来てしまう・・・

これはやりまくりますよ。

気がつけばリサーチが完全に習慣化し、
日常生活でもリサーチしてからでないと
行動が起こせないレベルにまでなってくるのです。

僕なんか朝起きるのにもリサーチですよ(笑)

そしてこのマインドは、他ジャンルのビジネスにも
ものすごく応用可能なわけです。

稼ぎながらビジネスマインドを学習できる
奇跡の教材、それがYouTubeなのです。

YouTube動画リサーチの具体的方法

さて、いよいよ具体的なリサーチの方法です。

まずYouTubeの画面です。
ここで例えば「芸能」というキーワードでリサーチします。
※実際は複合キーワードでもう少し絞った方が良いと思いますが・・・

検索結果がこれです↓

「フィルタ」という部分をクリックし、
「視聴回数」を選択します。

すると400万再生とか、すっげえのがたくさん出てきます。
が、しかし・・・
闇雲に再生回数ばかり見てはいけません。
よく見ると、ご丁寧にいつアップロードされた動画なのかが
すぐ横に表示されてますので、比較的新しい動画に着目します。

すると3ヶ月前で100万再生の動画を発見。
くっそ!羨ましいぜ!

ってことで、こういう新しくて再生されまくってる動画をチェックします。

今回、「芸能」というキーワードで検索した結果、
僕が着目したのは以下の動画です。
ってかこれ、最初の検索結果に出てたやつじゃん(笑)

5ヶ月で再生回数40万。

何に注目したかというと・・・

チャンネル開設の時期と登録者数です。

まずこの動画を開き、チャンネル登録者数を見ます。
16763人!
素晴らしいじゃないですか!

なおかつすぐ上のチャンネル名に矢印をあてると
動画の投稿数が表示されます。
338本。
大体この300本台というのが、経験上アツいチャンネルが多いですね。

※現在このやり方では動画数は表示されないようです。
今後はこちらのやり方でご確認願います。

さらにこのチャンネル名をクリックすると、
この動画のチャンネルページが表示されます。

ちなみにこの海のチャンネルアート、
僕がかつて削除を食らった◯ッチ系チャンネルと同じものを使ってます。
色々な意味でチクショー(笑)

この中で「概要」をチェックします。

約半年程度前に開設されたチャンネルで、
登録者数は16763人
視聴回数がなんと1700万超え!!
すげえなチクショー!

次に「動画」という項目を見ます。
右上のプルダウンメニューから「人気の動画」
というのを選びます。

すると!!!!!
すげえええええええええ!!!!!
こいつ何本100万再生達成してるんだ!!!!!!!
くっそう!
こいつになりてえ!
今すぐ俺をやめてこいつに生まれ変わりてえええええええ!!!!!
※動画主の方、さんざん「こいつ」呼ばわりしてすみません・・・

で、これがリサーチの流れですね。
この上位の動画はかなり需要があります。

まずはこういうアツいチャンネルがあるジャンルの中で
再生回数を稼いでる人気のある動画を参考にして
動画を作成していただくことになります。

目安としては
「半年以内に登録者数5000〜10000人越えのチャンネル」
こういうのを見つけましょう。

YouTubeの元々の機能のみを使い、
余計なツールや出費を強いられること無く
充分なリサーチが出来ることがお分かりいただけたと思います。

おめでとう!!!!
これであなたの動画はガンガン再生されます!

というのは嘘で、ここからがやっとYouTubeアドセンスのスタートです。

逆にこのレベルのチャンネルを元にやってかないと
動画を何本アップしても永遠にブレイクしない悲惨な状況となります。

この最初のターゲットの選定は非常に、
というか最も重要です。

絶対にこのレベル以下のジャンルに手を出さないで下さい。

しかし、ここまで人気の動画をリサーチしても、
だからといってすぐに再生回数が爆発しないのがYouTubeの難しいところ。
ここからガマンにガマンを重ねながら小さなテクニックを積み重ねて行くのです。

今回は以上です。

5 件のコメント

  • こんなに楽しくマニュアルの記事を読んだのは初めてです!
    笑いがあると気持ちがノリやすいです。岡崎さんについていきます!

  • チャンネルのリサーチ方法 何回も読み直しました。
    実践したくなりました。ありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です