YouTubeテキスト動画で収益を得ることについてあらためて考える

岡崎です。

先月から大手スポンサーの撤退やら
再生数1万に満たないチャンネルのアドセンス非表示などなど、
ここ最近のYouTubeは大きく動いております。

で、僕のような顔出しなしで稼ぐ裏youtuberの今後について、
色々と考えました。

今通用しているこのやり方は、いずれ通用しなくなるだろう。
その時、僕はどうすればいいのか。

いや、そもそも、半永久的に通用する手段なんてあるのだろうか?

そんな時にこんな動画に出会いました。
YouTubeで稼ごう!というコンセプトのブログで
このような内容の動画を紹介するのはいかがなものかと思ったのですが、
それでも今後、裏YouTuberの進むべき道へのヒントが感じられたので
あえて紹介します。

僕達はアフィカスなのか?

まあ、僕のチャンネルでも
よく「アフィカス死ね」とか書き込みされてます(笑)

それはいいんですけど、
この動画が主張するように、悪貨が良貨を駆逐するじゃないですが、
動画サイトのはずが検索結果がテキスト動画で埋め尽くされているという(笑)

確かに困ったものかもしれません。

この動画の言うところのゴミ動画のせいで
将来有望なYouTuberの卵が即時撤退してしまう、
未来を潰してしまうというのもある程度納得は出来ます。

ただ、YouTubeで需要のある動画というのを考えたとき、

・アダ◯ト
・テレビ・アニメ動画の丸パクリ
・声優のラジオの丸パクリ

といったようなものが真っ先に上げられます。

上記のジャンルは当然、即ペナルティの危険度MAXの動画なので、
絶対にやっちゃダメなんですが、
もしgoogleの偉い人から
「ヘイ!オカザキ!お前はナイスガイだからお前だけは
丸パクリやっちゃていいぞ!」
って言われたら喜んでやりますね。

間違いなく大儲け出来ますよ。

それからそこまで危険じゃないものだと、

・芸能人のニュース
・ゲーム実況
・事故やハプニング系の動画(危険ですねw)
etc
この辺は挙げればキリがありませんが、
基本的にはオリジナリティとか新しさとか、
さほど関係なく、視聴者の脳に負担のかからないジャンルと言えます。

何が言いたいのかというと、
YouTubeってのは本来、
視聴者にとって単なる暇つぶしという要素が強いのです。

見逃したテレビ番組とか、
お笑い芸人のコントを漫然と見たりとか、
あるいは本来有料なものをタダで見たいとか、
わりと適当に見られてるのがYouTubeなんです。

視聴者も普通の人間ですから、
仕事とか人間関係のストレスとかで疲れた身体で
1日の終わりに何を見たいかってことなんですよ。

その答えのひとつが上に挙げた脳に負担のかからない動画であり、
その中でも著作権的にひっかかりにくく大量生産に向いているのが
テキスト動画、というわけです。

今回紹介したこの動画は、
楽して稼いでる人間に対する憎しみに満ちているように見えます。

なので、
テキスト動画=クズ、犯罪
海外YouTube=健全な状態

という単純な構造に持っていこうとしていますが、
そこまで簡単に言い切れるものではないと思います。

そもそもこの動画のチャンネル自体、
オリジナルではあるものの、
某有名マンガのキャラを転用したりしてます。
まあ同人サークルですし。

著作権違反は申告罪ですので、申告されてないものについては
各個のモラルの問題になります。
自分の創作物に、漫画家が一生懸命考えて作ったキャラを登場させ
安易にそのイメージを利用することが良いか悪いかは個人のモラルによって
見解が異なると思います。

キャラの引用やパロディ自体、僕は全く否定する気はないですが、
要するに犯罪とか著作権のラインそのものが
ものすごくグレーであるといいたいのです。

また、例として挙げられてる「黒板アーティスト」に必要なのは
「テキスト動画の一掃」ではなくて
マーケティングやコピーライティングのスキルです。

YouTubeというのは、検索上位表示や関連動画表示などの市場競争なので、
コンテンツそのもの以前の売り出すスキルが必要なのです。

さらにもう一つ言っておきたいのは、
僕のクソみたいなテキスト動画のチャンネルは、
日々、数十人から数百人のユーザーに
チャンネル登録していただいています。

それはなぜか?

需要があるからなんです。

僕の作るテキスト動画に価値を感じていただき、
「他の動画も見てみたいな」
と思っていただいているのです。

今YouTubeで重要視されているのは
再生回数ではなく再生時間です。

ユーザーがすぐに離脱する動画は
生き残れない仕組みがすでにあるのです。

ただ、
「本来上位表示されるべき動画をおしのけて
求められてないテキスト動画が検索上位を占めてしまう」
という事態については、
投稿者のキーワード選定が間違っている可能性があります。

ターゲットを誤らず、適切なキーワードで動画を投下すれば
そのような事態はある程度防げますので、
そこは充分に注意すべきです。

我々裏YouTuberにもモラルが必要なのです。

これからYouTubeを始める人へ

インターネットで副業を始めたい。
YouTubeで稼ぎたい。
もっと収入を増やしたい。

そう思っている人は、
それぞれ色々な事情を抱えているのだと思います。

そういう人に言いたいのは、
まず「自分が目標を達成すること」を重点的に考えて下さい。
そのためのステップとしてテキスト動画は今はアリだと個人的には考えます。

あまり大局的な視点で色々考えても無意味ですし
目標を見失ってしまいます。

今後、YouTubeがどのような方向に進むのかを決定するのは
我々ではなく市場そのものです。

この動画が主張するように、
現在はテキスト動画を完全排除することは難しいものの、
海外の事例にもあるように、ユーザーの声によって
YouTubeは良い方向に改善されていくのです。

結果としてテキスト動画がどうなるかは分かりませんが、
ユーザーの求めているもの(なおかつ広告主の求めているもの)を
今自分が持っているスキルと知識を活かして作り続ける限り、
YouTubeで稼ぐことは可能だと僕は思います。

ちなみに今回紹介した動画のチャンネルですが、
非常にハイクオリティで素晴らしいコンテンツだと思いました。

ていうかむしろ、今後目指していく方向性へのヒントが満載でした。

組織単位で制作しているので
僕個人が太刀打ちできるレベルではないですが、
こういったスタイルを参考に今後なんらかの需要ある情報を
発信していくのもいいかもしれません。

色々考えることが一杯です。

今日はここまで。
ありがとうございました!

2 件のコメント

  • 紹介されている動画、消えてますよ。
    それに、文字読ませ動画は目と頭が疲れるし、
    横書きの日本語は読みにくいんです。
    投稿者が音読するか、縦書きで、読者のペースで進めていける電子書籍のほうが需要があると思います。

  • ご指摘ありがとうございます!
    テキスト動画製作者としては、
    なるべく視聴者様に不快な思いをさせないよう、
    努力しないといけないと、痛感しました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です