YouTubeトレンド動画作成手順

オカザキです。

今回はトレンド動画の作成を実際にやってみます。

トレンド動画は必要か?

日々最新の情報をゲットして
キャッチーなタイトルをつけて
アップし続けないといけないトレンド動画。

大変だしネガティブな内容でファンから通報されたら
動画削除のリスクもあるし、
広告も乗せづらいし、
正直僕はあまりお薦めしていません。

使い道があるとしたら、
チャンネルを育てるために一時的にやるとか、
別媒体への集客とか、
そのくらいですね。

別媒体っていっても、
タレントのスキャンダルとかに反応する層を
集客して効果がある媒体ってのが
よくわからないですし。

なので実質チャンネル育成の手段のみですね。

これは理にかなってます。

アドセンスの審査の条件を
なる早でクリアすることが、
その後の挫折率を圧倒的に減らすことは
想像に難くありません。

実際にトレンド系はうじゃうじゃいますよ。
ここ数ヶ月でガンガンに成長してるやつが。

でもね、人間って、
過去に縛られるじゃないですか。

ようやっとトレンドで成功し始めて、
いざ特化型チャンネルに移行しようという時、
スパッと過去の栄光を捨てられますか?

初めてネットビジネスで手応えのある成果を出して、
芸能ニュースを流せば嘘みたいに再生されまくる状況を
手に入れたのに、
それを手放すことが出来ますか?

トレンドで数十万再生とか出て、
登録者も1000人越えたとしても、
特化型に切り替えた途端、再生されなくなりますよ。

登録者の属性が違えばそうなります。

さすがにYouTubeも登録者数の伸びだけを見て
他ジャンルでもガンガンにエコひいきするほど
甘くはないです。

結果、再生数が欲しくて
いつまでもトレンド動画ばかりアップし続けて
資産動画が作れない、というのが
ひとつの黄金パターンです。

そうならない自信のある方のみ、
トレンドを利用するのはアリだと思います。

再生数と登録者を稼ぐのに
最も効果的な手法であることは間違いなしです。

トレンド動画のネタ選びで注意すべき点は?

さて、実際にトレンド動画を作るとなると、
まず、何に気をつければいいのか?

トレンド動画は、当然のことながら
ネタの鮮度が大事です。

あるビッグニュースについて
一番乗りでYouTubeにアップしたら
それだけで大ヒットの可能性大です。

もし僕に未来予知の能力があったら、
間違いなくトレンド動画で稼ぎますね。

ちなみに「ジョジョの奇妙な冒険第三部」における
ディオのスタンド「ザ・ワールド」の能力が
僕にあったら、毎日いろんな街のコンビニで
レジから少しづつお金を盗んで暮らします。

この妄想はワクワクしますね。

事件化しないよう、
各店舗から2000円ぐらいずつ、
一日10店舗で20000円を稼ぎ、
日ごとに都内の街をローテーションで
あさります。

 

 

ああ・・・普通にYouTubeで稼いだ方がマシだ・・・

あのディオよりもしがない裏ユーチューバーの方が
稼げるんですね(笑)

すみません、思いっきり話がそれました!

まあ、一番乗りが相当に難しいことは
ご理解いただけると思うんですよ。

それこそがトレンド動画の難しさなわけですが、
要するに、一番乗り以降は
どんどんと再生される可能性が減っていくわけです。

ですので、基本的には視聴者が
事件そのものの概要をすでに知っている
という前提で動画を作らなければいけません。

タレントのスキャンダルや結婚話を
アップしたのに全然再生されない、なんてこと
あなたにも経験ありませんか?

事件そのものを報じる内容をアップしても
誰にも見向きもされないのです。

トレンド動画には以下の2つの壁が存在します。

第一の壁「すでに知られている」
第二の壁「動画じゃない」

すでに知られているニュースを
さらに深掘りしたり別の角度から
報じる内容にしたりして
第一の壁を突破します。

次に立ちはだかる第二の壁は
分かりますかね?

テレビ番組をYouTube上に
アップしてるやつです。

結局、視聴者が何を見たいかというと、
テレビ番組そのものだったりします。

YouTubeがビデオデッキ代わり、
ということでもありますし、
そもそも視聴者は動画が見たくて
YouTubeを見てるわけですから、
そういう動画の方が再生されやすいわけです。

特定のネタをYouTube検索してみて、
テレビ動画の再アップばかりなようでしたら、
それ以上の需要がないということで、
テキスト動画をアップしても再生されない可能性が
高いです。

テキスト動画が沢山アップされているようでしたら、
動画そのもの以外にも
視聴者の関心を集める要素がある
ということなので、そこを攻めます。

この2つの壁を越えて、初めて
タイトルとかサムネイルとかの勝負に
なるわけです。

トレンド動画作成の具体的手順について

動画を見て下さい(笑)

今回は複数ネタを次々にアップするという
設定で説明してます。

やはりどんなに経験を積んでも
100発100中はありえません。

「下手な鉄砲数撃ちゃ当たる」方式が
基本になります。

1個上げて駄目だったとか、そういうことでなく、
トレンドネタは複数動画のセットで考えて下さい。

よろしければ動画を参考にしてみて下さい。

では

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です