YouTube動画のアップロードから公開までの処理

今回は動画をアップロードしてから公開までの処理について説明します。

実際に動画を作成してみて、普通にYouTube上で公開するだけなら
特に細かい説明は必要ないと思うのですが、
収益化を目指し真剣にやってこうという場合、
ある程度、説明欄やらタグやら、収益化の設定やら、
工夫しないといけないことがあります。

その辺をまとめて説明しますので、
すべて把握した上でチャンネルに効果的に動画をアップしましょう。

収益受け取り設定

まずはここ。

収益を受け取る設定にしないと何のためにYouTubeやってるのか
さっぱり分からないことになってしまいますので、
何を差し置いてもここだけはやっておきましょう。

まずクリエイターツール内の各動画の管理画面を開き、
「収益受け取り」をクリックします。

10分を越えた動画の場合、上の図のように動画広告の挿入箇所を指定することが出来ます。

10分以内の動画にはこれが表示されません。僕がYouTubeを実践して2〜3ヶ月は
この表示を見たことがありませんでした(笑)
初めて見た時はなにかランクアップしたと誤解して大喜びしました・・・
今では甘酸っぱい思い出です・・・

僕のチャンネルの場合、ユーザーが動画から離脱するのが最も多いのが
3分後から8分後です。

基本的に広告はなるべくユーザーに見てもらわないとお金になりませんので、
離脱前に一発見せておく必要があります。

そして、離脱最多時間帯というのは、ユーザーが最もダレている時間帯なので、
こんなところに広告を出そうものなら即視聴を諦めてしまうかもしれません。

なので次の広告は8分後以降ということになります。

では実際に広告表示位置を指定してみましょう。
といっても実に簡単です。

マウス操作でスライダーを任意の位置に設定し、
そこで「広告を挿入」をクリックします。
これで指定OKです。

↑こんな感じですね。
参考までに僕の場合、5分に一個広告位置を指定してます。

カードの設定

カードというのは、動画視聴中に上の方に現れる
他の動画へのリンクです。

うまく利用すれば、視聴者を他のチャンネルに逃さず、
続けて自分のチャンネルに引き止める事ができます。
新規チャンネルを立ち上げた際も、
既存チャンネルからユーザーを流すことが可能です。

具体的にはこんなやつです。見たことありますよね?

これを好みに応じて動画内に表示させることが出来ます。
かつての「アノテーション」機能と違い、スマホでも表示されます。

具体的手順は以下となります。

まず、動画の管理画面から「カード」をクリックします。
次にすぐ下の「カードを追加」をクリックします。

見ての通り「動画または再生リスト」「チャンネル」「アンケート」「リンク」
という項目を使用します。

すると、こんな画面が出ますので、任意の動画もしくは再生リストを
選択して下さい。

カードは以上です。
なぜか管理画面上の操作の中で「カード」だけは最後に保存しなくても
反映されます。

終了画面とアノテーション

「終了画面」というのは比較的最近YouTubeに実装された、
チャンネル登録ボタンやおすすめ動画などのサムネイル画像付きリンクを
終了間際の動画内に表示する機能です。

元々は「アノテーション」と呼ばれる
動画内の自由なところに自由に色々なリンクを貼れる機能があったのですが、
これが2017年5月で廃止されました。
※既存のものはそのまま残るようです。

そのため「アノテーション」については無視して構いません。

「終了画面」の操作のみ覚えて下さい。

これが結構簡単にできて超便利なのです!

普段からYouTubeを視聴していれば見たことがあると思いますが、
動画のラスト15秒から20秒程度、
エンドカードと呼ばれるチャンネル登録を促したり
何かメッセージを伝えるフォーマットみたいなのを流すケースが多くあります。

こんな感じのです。それにしてもバイリンガールchikaさん、いいですよね!
裏ユーチューバには眩しすぎるぜ・・・

とまあ、この画面の動画リンクとか、そういうのをYouTube側でフォーマットとして
用意してくれているので、それを選択するだけでOKなので非常に楽な時代です。

とりあえず、あなたの動画のラスト15秒ぐらい、
何かそれっぽい静止画像を流して下さい。
静止でなくてもいいです。

で、動画の管理画面で「終了画面とアノテーション」をクリックします。

手動で一個一個入れてく場合は「要素を追加」をクリックします。

上の図のように好きな要素を終了画面に配置することが出来るのです。
ちなみに「動画または再生リスト」を選択すると以下のポップアップが出ます。

3つのうちどれかを選択し「要素を作成」をクリックします。

すると画面上にサムネイルが配置されました!!
下のタイムライン上のスライダーで表示されるタイミングを調整します。

手動以外に各種テンプレートであったり、
チャンネル内の別の動画に適用したものを流用出来る機能があったり、
使い勝手がいいです。

僕の場合はほぼ「動画からインポート」を使用してます。

自分の過去の動画なら、終了画面も同じなので、
そこからのインポートで全く問題ありません。

最後は保存をクリックで完了です。

簡単ですね!
ぜひやってみて下さい!

YouTube動画公開予約の方法

チャンネルを育てるために定期的な動画のアップロードが必要になりますが、
普段忙しいと、なかなか効果的な時間にアップ出来ません。
※投稿に最適な時間帯についてはこちら

しかし、YouTubeのスケジュール設定機能を使えば
任意の日時に公開することが可能です。

動画の管理画面上のこの部分を「非公開」から「スケジュール設定済み」に変えます。

こんな感じです。

予約がキマった動画は「動画の管理」画面では
このようなステータスになります。

以上が動画アップロードに関する流れの全てです。

今回はここまで。
ありがとうございました!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です