LINE登録で次世代型YouTube集客の教科書をプレゼント

動画3本でYouTubeの収益化基準(登録者1000人、総再生時間4000時間)をクリアした実例

コンサル生が一人、2週間程度でアドセンス審査基準に到達しました。

具体的には、登録者数1000人、総再生時間4000時間を
クリアしたのです。

それも動画数たったの3本で。

今回はその具体的なジャンルと戦略について
説明したいと思います。

YouTubeで収益を得られるまでの道のり

YouTubeというのは、無料でチャンネルが作れるし
スマホがあれば誰でもすぐに始められます。

非常に参入障壁が低くてよいのですが、
そのせいでコピペやグレーな手法を使ったり、
低俗で質の低いコンテンツが蔓延する原因にもなりました。

そこでYouTube側も手を打ってきたのです。

ある一定の条件を満たしたチャンネルの動画にしか
広告を載せない。

この一定の条件というのが以下となります。

・登録者1000人
・総再生時間4000時間

ここまで頑張って、ようやっとYouTube側から
信頼されることが出来るのです。

YouTubeチャンネル収益化の難易度は?

あまり正確なことは言えませんが、
外部ツールなどで確認すると
登録者1000人のチャンネルというのは
YouTubeチャンネル全体の上位10%前後と思われます。

登録者1000人なんて、
ようやっと収益が出ますよレベルなので、
まだまだYouTube界では下っ端です。

にもかかわらず全体の90%近くは
そこまで到達できずに諦めていきます。

ちなみに僕のコンサル生の場合だと
ほぼ毎日投稿して2ヶ月半から3ヶ月ぐらいで達成できます。

ある程度真剣に、かつ正しい作業をつづければ、
大体そんな感じで条件をクリアできます。

3ヶ月なので大体動画100本程度ですね。

これを大変と捉えるかはあなた次第ですが、
世の中の大抵の人は、
3ヶ月毎日投稿、ということが出来ないために
YouTubeで成功することが出来ないわけです。

動画3本で登録者1000人超えのジャンルとは?

世の中のほとんどの人は意思が弱いわけなんですが、
一方で動画たった3本で収益化条件をクリアする
信じられない人もいるわけです。

はっきり言ってこれは特例ではあります。

どういうことかというと、めっちゃ穴場のジャンルが
あるんです。

その穴場ジャンルに参加して、
淡々と動画を作り続ける。

これだけで今ならめっちゃ伸びるんです。

もちろんこれを読んでいるあなたにも、
そのチャンスは開かれているんです。

マジですよ!

 

どんなジャンルか知りたいですか?

 

答えは「vlog」です。

 

そう、今流行りの「vlog」です。

最近ではテレビで特集されたり注目度が
上がってますね。

「vlog」というジャンルをちょっと調べれば
すぐにわかると思いますが、
ここ一年以内に急成長しているチャンネルが
山ほど出てきます。

「vlog」とは何か?

「vlog」とはVideo blogの略です。

要するにブログに日記を書くような感じで
動画を作るということです。

エンタメ系ユーチューバーみたいに
個性を前面に押し出して、
奇抜なこと、面白いことをするわけではなく、
自分自身の日常を淡々と撮影していく感じです。

イメージ湧きづらいと思いますので
具体的なチャンネルをいくつか紹介します。

こんなやつです。

淡々と、起承転結があるわけでもなく
言い方悪いけど退屈なヨーロッパ映画みたいな動画なのに
結構再生されてますよね。

見ての通りこの動画は顔出しなしです。

ユーチューバーとはあきらかに違う動画の作りになってます。

「とはいえ、自分はお洒落じゃないからなあ・・・」

と思われる方もいると思うのですが、

これなんか、そこまでお洒落でもないので、
だいぶ安心していただけるかと思います(笑)

要するに、お洒落とか、面白い企画とか、
作り手の個性さえも、あまり必要のない感じの
ただの日常を映してる日記的な動画ですね。

これが今めっちゃ流行ってるわけです。

チャンネルも新規のものがどんどん生まれてます。

新規のチャンネルがどんどん増えると
どういうことになるかというと・・・

関連動画の枠が増えて、視聴者に見てもらえるチャンスが
めっちゃ上がります。

動画3本で登録者1000人超えの秘訣とは?

もしあなたが、なんの戦略もなしに
単に「vlog」ってキーワードをタイトルに入れて
漫然と動画をアップしても、
全然再生されないかもしれません。

ダメな例

・個性を出す

↑これ一番やっちゃダメです。
自分の置かれてる状況とかキャラとか、スキルとか
色々あると思いますが、なんとかがんばって
売れてるチャンネルに近づけましょう。

・キーワードなし

↑日記的な動画だと、なかなかキーワードの選択が
難しいと思いますが、必ずタイトルにキーワードは
入れてください。

・中途半端にユーチューバーになっちゃう

↑同じ撮影系でもユーチューバーとvlogは違います。
視聴者が他人の日常を覗き見ている感覚が大事ですので、
あまり自分自身を主張しすぎないでください。

良い例

ダメな例と逆のことをやればいいのですが、
とにかく大事なのは、
モデリングするチャンネルを決めて、
可能な限りそれに近づけるという姿勢ですね。

 

今回、成果を出されたコンサル生は、
YouTubeで稼ぐなんて、なんのことかさっぱりわからず、

「自分の動画に広告が出るなんて、
見てもらってる人に申し訳ない」

なんて思ってる普通以下の素人でした。

で、そんな素人が何をしたかというと、
とにかく文句を言わず忠実に僕のいうことを聞いて
動画を作ったんです。

・関連動画を狙いましょう
・そのために、売れてる動画を徹底的に真似ましょう
・サムネイルも、もっともっと売れてる動画に近づけましょう

こういったことを素直に実施した結果
動画3本でアドセンス審査の条件をクリアしました。

 

売れてるジャンルで正しく作業をすれば
ほぼほぼ成功できるということの証明です。

 

昨日はカウントダウンで盛り上がりましたw

いやー、楽々とここまで来れて嬉しいですね!

まだまだここから先が勝負なので、
また進展がありましたら情報をお伝えしていきますね。

 

YouTubeで素人が短期間で成功するための
ノウハウを徹底解説してます。

よろしければメルマガ登録してみてくださいね↓

名前
メールアドレス

※GmailやYahoo!メールなどのPC用のアドレスを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です