YouTube アドセンス再審査突破事例 収益化無効組必見!

コンサル生が一人、大きな成果を出しました。

ついにアドセンス再審査を突破しました!

もともと月100万前後を稼ぐ大手チャンネルを
運営されておりました。

が、今年に入ってからの収益剥奪祭りで
広告を剥がされていたんですね。

かなり大きな収入源が突然消失したわけですから、
かなり不安な日々だったと思います。

で、本来ドヤ顔で成功者インタビュー的な内容を
公開する予定だったのですが・・・

サブチャンネルが、全く同じ戦略で臨んだにも関わらず、
なぜか再審査を落ちてしまったのです。

というわけで、インタビューは中止して
引き続きアドセンス復活に向けてのチャレンジを
追い続ける形になりました。

収益化復活に成功したやり方とは?

この方、もともとのチャンネルはテキストスクロールで
スタートしてました。

あるジャンルに特化した
テキストスクロールチャンネルですね。

ただ、規制強化が進む中で、先を見越して
テキストスクロールを早々に脱却して、
文字スライド形式でソフトウェア音声の
典型的なハイクオリティ動画に変更していきました。

この判断は非常に正しく、
広告を剥がされた時点でこのチャンネルには、
テキストスクロール以外のハイクオリティ動画が
すでに多くストックされてたのです。

なので、このチャンネルの動画のクオリティを
そのまま上げるだけで、十分再審査を突破出来ると
判断したのです。

で、再審査に向けてやったことはというと・・・

・スクロール動画削除
・ナレーションをご自身で

これでまずは動画を投稿してたのですが、
コメント欄はかなり賛否両論わかれてしまいました。

コメント量やリアクション内容から、
かなり濃いファンのいるチャンネルと判断し、
ファンを減らす余計なリブランディングを
避ける方向に変更しました。

・女性ナレーターをクラウドワークスで依頼
・フリーの動画素材をふんだんに使用

同じジャンルのチャンネルがもう一つあって
同じように広告を剥がされていたので、
全く同じ戦略で臨みました。

投稿ペースを維持するために
ナレーターを2名雇いました。

単価は一本300円程度です。

※最近、YouTubeの規約変更によるハイクオリティ化のせいで、
ナレーターやイラストレーターの方々の単価が高騰してます。
もちろん、彼らの報酬が上がることは良いことなのですが、
まだ収益が出てない人は、早めに安値で確保しておいた方が
いいかもです(笑)

アドセンス審査突破までの期間は?

広告剥がしから1ヶ月後に
再審査可能になったため、再審査依頼のボタンを押しました。

約1ヶ月後に審査突破の通知が来ました。

ここまでの1ヶ月は、非常に不安でしたね。

何しろ今再審査の案件が、めちゃくちゃ多いですからね。

あれ、YouTubeの中の人が全動画目視で確認してるそうです。

そりゃ待たされるはずですよね。

目視のバイトとか、もしあったら1日ぐらいなら
やってみたいです(笑)

同じ戦略でまさかのアドセンス再審査落ち

ともあれ、この結果に気をよくして、
もう一方のチャンネルも再申請のボタンを押しました。

ところが、こっちの方は、
再申請後、1週間とたたずに審査落ちの
メールが届きました。

両者の違いといえば
せいぜいチャンネル規模ぐらいしか
思いつきません。

たしかにこっちの方が
登録者も半分以下で収益も
10万前後という、
メインに比べると小規模なチャンネルです。

とはいえ動画のクオリティも全く同じで、
むしろ動画数が少ない分、
人間のナレーション有りの動画の
比率はこっちが上だと思います。

にも関わらず、こっちはなぜか落とされた・・・

確かに100%がないのがYouTubeです。

にしても不可解ですよね。

また、結果が出るまでの期間の違いと、
通知文面の言語の違いが気になりました。

合格通知はこんなです。

ちなみに再申請後、1週間以内に届いたメールは
こちらになります。

「あれ?判断部署違くね?」

ていうのが僕の第一印象でした(笑)

通常、厳しめのアルゴリズムでまず広告を
自動で剥がして、
再審査の依頼をしてきたチャンネルだけ
目視で復活させるというパターンだと
認識していたのですが、
これ、速攻でAIが判定して英文で自動的に
メールして来てんじゃね?

という疑いですね。

ただ、これについては裏付けは取れてません。

審査のスピードにしても、
どういう条件で優先順位が決まるのかも
実はわかっていません。

こればかりは神(YouTube)のみぞ
知るということです。

でも確実に何か先送りフラグとか
最優先フラグとかありますよね。

かれこれ一年以上待たされてる人も
いるわけですから。

YouTubeにプッシュすることで審査が早まるのか?

で、審査が進まない人には
積極的にYouTube側にプッシュするよう
おすすめしているわけです。

具体的にはクリエイターツールからの
フィードバックですね。

ところが、同じことを考える人が多数いるようで、
YouTube側もお困りのようで・・・

https://support.google.com/youtube/thread/984066?hl=ja

特にコメント欄の悲痛な叫びが
心にしみます・・・

まあ、それでもガンガンにプッシュするのが
いいと思いますよ。

今後の方針

僕はAIの再誤爆を疑ってますが、
とはいえ次に対策するとしたら、
もう一段安全な動画にした方がいいかな
と思ってます。

ただ、やみくもにやってもダメなので、
一応再審査を落とされた理由を
YouTube側に確認してもらっているところです。

本件、進展がありましたら、
またお知らせしますね。

PS.

ちなみに僕も、広告剥がされたチャンネルの
収益化復活ドキュメントを開始して
詳しい経緯をTwitterで公開してますので、
ぜひ参考にしてみてください。

アドセンス審査に突破するための
様々な作戦を知りたい方はメルマガ登録お願いします↓

名前
メールアドレス

※GmailやYahoo!メールなどのPC用のアドレスを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です