LINE登録で次世代型YouTube集客の教科書をプレゼント

YouTube Studio:ミッドロール広告の設定方法

と言うわけで、今回もYouTube Studioの
使い方シリーズです。

チャンネルによって、まだ旧来型のクリエイターツールが
使える方とそうでない方がいると思います。

が、どの道使えなくなるのは間違いないので
まだ使えてる人も諦めてさっさとYouTube Studioの
使い方を覚えてしまいましょう。

今回は収益化されてる人向けの広告の設定方法です。

ミッドロール広告とは?

ミッドロール広告とは、YouTube動画の途中に入る動画広告のことです。

テレビで言うところの、まさにCMみたいなものです。

報酬をもらう側としては、めちゃくちゃ主張の強い広告なので、
視聴者がガンガンにこれを見てくれたら最高なわけです。

で、10分を超える動画を作ると、
このミッドロール広告を挿入する箇所を
こちらで指定することが可能なのです。

こちらの指定箇所全てに広告がのるとは限りませんが、
結構好き放題に指定できるので、収益を伸ばしたい場合は、
なるべく10分超えの動画を多くアップするとよいです。

YouTubeも、なるべく長く視聴者を引きつける動画を
求めているので、両者の想いは一致するというわけですね。

ミッドロール広告の設定方法

まずはYouTube Studioの動画ページに入ります。

個別の動画の設定ページから「収益受け取り」に入ります。 

ここで収益化をオンにして、あらゆるチェックボックスに
チェックを入れます。

次にポップアップしてきた画面で広告挿入箇所を設定します。

ミッドロール広告は7分間の間をあけないと表示されないため、
7分以上ポイントを密集させないようにしてくださいね。

また、調子に乗ってガンガンにポイントを設定しても、
視聴者にとってはウザいだけなので、
15分の動画で2個ぐらいがちょうどいいかと思います。

ミッドロール広告の最適化

操作はこれだけですが、
後日、広告を入れた動画の視聴維持率を確認し、
広告挿入後に視聴者が大量離脱しているような場合は
そのポイントは削除した方がよいです。

まあ、そのチェックのためにいちいちアナリティクスを
確認するのも面倒臭いので、
何かのチェックでアナリティクスに入った時に、
ついでに変なところで離脱が起こってないか、
軽く確認する程度でもよいです。

今回は以上です。

YouTube Studioの操作方法やYouTubeに関する
最新の情報をお届けしてますので、
YouTubeで成果を出したいと思ってる方は
メルマガに登録しておいてください↓

名前
メールアドレス

※GmailやYahoo!メールなどのPC用のアドレスを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です