YouTubeで稼ぐ手順:キーワードプランナーの活用方法

名前
メールアドレス

※GmailやYahoo!メールなどのPC用のアドレスを推奨します。

前回、YouTubeサジェストキーワードの一括ダウンロードツールをご紹介しましたが、
それと組み合わせることで、より緻密なリサーチを可能とするツールについて
お話しします。

キーワードプランナーというやつです。

これはネットビジネスをやってる人は必ずと言っていいほど、
みんな使ってると思いますよ。

何よりカッコイイですよね。

クッソおしゃれなカフェでMacbook広げて、
両手を天に向かって高く伸ばしたかと思うと、
「キーワードプランナー!」って技名を叫んで、
超高速でタイピングを開始するという、
誰しも憧れるネットビジネス成功者の典型的ワーキングスタイルです(笑)

キーワードプランナーとは、いったいどんなツールかといいますと、
キーワードの月間検索数とかを調べるツールです。

まあ他にも色々活用方法があるようですが、
YouTube動画の効果的なタイトルを作るために必要なのはこの機能です。

僕自身、何度か使ってみようと試みたことがありますが、
実は何回も諦めてます・・・

だって、ネットにはいかにも簡単に登録出来ますみたいな記事ばっかなのに、
何故か登録しようとすると、へんな広告グループみたいなのを作成する画面が出てくるのです。

「別に金払って広告を出したいわけじゃないし・・・お金もったいないし・・・」

と躊躇してたのです。

そういう人が多いんじゃないかと思い、今回はキーワードプランナーの
登録方法を説明しますね。

無料で出来るキーワードプランナーの登録方法について

それではまず、こちらのページにアクセスしてください。

これが問題の広告作成っぽいページですね。
右上の「アカウント作成」をクリックしましょう。

次の画面でアドレスを入力し「続行」をクリックします。

この辺から嫌な感じになってきますが、大丈夫、タダでいけますので
迷わず入力していきます。

予算は適当でいいです。とりあえず500円にしときましょうか。
各項目とも、設定したら「保存」をクリックします。

地域とかネットワークとかはそのままでいいと思います。
キーワードについてもまあ、無視でいいでしょう。

広告については、一応作っておきましょうか・・・

試しに当サイトの広告を作ってみました。
お金を払えば出稿できるはずです。まあしませんが(笑)

支払い情報は正直に入力しました。

「お支払タイプ」は「手動」に変更します。
そうしとかないと、かってに支払っちゃう可能性があるので、ここは忘れないようにしてください。

さらに注意事項ですが、「お支払い方法」を
必ず「振込」にしましょう。ここまで積極的にがんばって入金しないといけないようにすれば、
うっかり広告を出して余計な出費を強いられることもないでしょう。さすがに。

最後に「終了して広告を作成」をクリックします。

次画面の振込先は、振り込まないのでサクサク飛ばします。

AdWordsの登録に完了したっぽい画面ですね。
下の方の「管理画面を見る」をクリックして下さい。

とうとう管理画面に到達です。

キャンペーン一覧にひとつ、緑色のポッチがついてるのがありますが、
これが今回作成した広告グループですので、速攻で一時停止にしましょう。
※「削除」ではなく「一時停止」です。

これで無料でキーワードプランナーを使う準備はOKです!

キーワードプランナーの使い方

まずはGoogle AdWordsのページの上部、「運用ツール」をクリックします。

「キーワードプランナー」が出てきたのでクリックします。

次画面でキーワードを入力します。
カンマ区切りか改行で複数のキーワードをいっぺんに確認出来ます。

今回はなんとなくダイエット関連のワードをランダムに入れました。
ちなみに下の方の「ターゲット設定」から、
どの地域で検索されているワードなのか、絞り込むこともできます。

店舗経営されてる方は、この機能はめっちゃ重宝しそうですね。

条件が決まったら「検索ボリュームを取得」をクリックします。
すると・・・

こんな感じで月間での検索ボリュームが表示されます。
「黒酢ダイエット」が結構検索されてますね(笑)

このような感じで需要のあるキーワードを特定した上で、
なるべくタイトルの左側に配置するように心がけます。
※不自然にならない程度に

このように再生されやすいタイトルをつけて動画を投稿し続けることで、
必ず再生されまくるチャンネルが育ちます。

めんどくさいとは思いますが、この部分には手間を惜しまず頑張っていきましょう。

今回はここまで。
ありがとうございました。

 

名前
メールアドレス

※GmailやYahoo!メールなどのPC用のアドレスを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です