LINE登録で次世代型YouTube集客の教科書をプレゼント

YouTubeで集客するために必要な7つの重要項目【動画マーケティング】

自分のビジネスをやっていて、思うように集客出来ない、
あるいは売れないという方は、ぜひYouTube集客にチャレンジしてください。

コツコツとチャンネルを育てることで、あなたの認知が上がり、
売り込まなくても売れる環境が手に入ります。

今回はYouTube集客を成功させるのに必須の7項目を
お伝えしていきます。

1・YouTubeチャンネルのターゲットを明確化

漫然と動画をアップしても、沢山いるライバルの動画に埋もれ、
あなたの動画は視聴者に届きません。

これを回避するために、まずターゲットを明確化してください。

ニッチなターゲットを指定することで、コアな視聴者を獲得します。

ターゲットとは

一般的に言われるターゲットとは、例えばこんな感じです。

・年齢
・性別
・職業(年収)
・趣味
・ライフスタイル
・好きな雑誌やメディア
etc

こういうのは、ちょっと漠然としすぎていて
せっかく動画を作っても、誰に訴えてるのか
漠然としててよく分からないことになります。

YouTubeをあなたのビジネスの集客に使う場合、
このようなターゲット設定をしてください。

・年齢
・性別
・悩み
・どんな解決手段を求めているか?

上記のターゲットに対し、あなたはどのような手段で
解決してあげるのか?

↑基本的には動画はこの内容一本で量産します。

例えばダイエットの場合、
20代女性のダイエットと
40代男性のダイエットでは
抱えてる悩みの種類が違います。

20代であればモテるためという動機もあるでしょう。
40代男性だと、健康目的の割合が増えるかも知れません。

それぞれの悩みに対し、時間をかけずなのか、お金をかけずなのか。

運動での解決を求めているのか、食事制限なのか。

求めているものも様々です。

これらを絞り込んでニッチな専門チャンネル化を目指してください。

2・動画の長さは5分以内を目指す

YouTubeは公式に長い動画を推奨してます。

これはなぜかというと、少しでも長くYouTube内にとどまって欲しいからです。

なぜかというと、視聴者に一人でも多く広告をクリックして欲しいから。

ただ、これはあくまでYouTube側の願望であって、視聴者というのはあなたの動画を
じっくりとは観てくれません。

それどころか、例えばホリエモンさんのように超有名な人の動画でも、
30分の長さだったらどうでしょう。

「いやー、そこまで観てる時間ないなー」

と思い、パスしたりしませんでしょうか?

ましてや、世間に名を知られてない人の動画なんて、10分でも敬遠されてしまいます。

チャンネルの評価にとって、視聴者がどのぐらい長く動画を観てくれたのかの総数である
「総再生時間」が、なによりも大事です。

ところが、あまり長い動画をアップしてしまうと、動画を途中で閉じるどころか、
そもそも観てくれないという事態に陥ります。

なので、特にチャンネル開設初期は短い動画にしましょう。

3・1動画につき1テーマを厳守

よく、色々喋っているうちに、いくつものテーマを詰め込む方がいます。
これはよくないです。

視聴者が、何についての動画かすぐにわかって、
なおかつシンプルに答えが分かる動画にしましょう。

観た後に、なるほど役に立ったと思ってもらわないと
チャンネル登録もしてくれませんし、
次の動画も観てくれません。

「〇〇に関する疑問を解決する動画です」
と、タイトルやサムネでしっかりと主張し、
シンプルにその情報を伝えましょう。

間違っても「続きはブログで」とかやってはいけません。

ひとつひとつの問題は、きちんと動画内で解決してあげて
視聴者を満足させてください。

でないと嫌われます。

4・タイトルに必ず重要キーワードを入れる

どんなにいい動画を作ったとしても、
誰にもみられなければ全く意味がありません。

実際のところ、ここでハマってる方がとても多いです。

チャンネルパワーのない、開設初期のチャンネルは、
視聴者を呼び込むために検索需要のあるキーワードを
必ずタイトルの頭の方に入れてください。

「ペット」「ダイエット」などの超人気のキーワードの場合、
さらに細かく絞るサブキーワードも忘れずに入れてください。

弱者は大きなカテゴリだと埋もれてしまいます。

よりニッチな市場の上位を目指して下さい。

例えば
「ダイエット」と言うジャンル全体では
大手のチャンネルがブイブイ言ってると思いますが、
その中でも、「酵素ダイエット」の動画ばかりやっていたとしたら、

「人気のチャンネルでは色々なダイエットをやってるけど、
ここは酵素ダイエット専門か。」

と一定数の酵素ダイエットについて調べてる人が
チャンネル登録します。

あなたの弱小チャンネルが、様々なダイエットにチャレンジしたとしても、
視聴者は人気チャンネルの方を選んでみてしまうのです。

視聴者に需要のあるキーワードと、ニッチに絞るサブキーワードを
必ずタイトルに入れるようにしましょう。

5・サムネイルに徹底的にこだわる

どんなにタイトルにこだわっても、
視聴者が最終的に動画を観るかどうかを決定するのが
サムネイルです。

あなたも、漫然とYouTubeを観ていて、
面白そうなサムネイルを見つけてはクリックしていく、
という蟻地獄にハマったことはないですか?

そうやって人々はYouTubeにハマり、堕落していくわけですが、
ビジネスにおいては、あなたも
人々をその蟻地獄に引きずり込む必要があります。

ほとんどの人が、動画を作ることにエネルギーを使いすぎて、
余力のなくなった状態で手抜きのサムネイルを作ります。

が、これはアプローチとしては全く逆で、
まずは、何を置いても最高のサムネイルを作ってください。

動画本編なんてその後でいいぐらいです。
(実際に多くの成功者が、サムネイルを先に作ってます)

ただし、くれぐれも自分の頭でいいサムネイルを考えないでください。

ライバルチャンネルのめっちゃ再生されてるサムネイルを
徹底的に参考にしましょう。

自分の頭でなく、YouTubeで思考するクセをつけてください。

※サムネイル作成には無料のこのソフトがオススメ

6・チャンネル内を回遊させる

YouTubeが「このチャンネル、いい感じだな」
と判断する基準の一つとして、
視聴者がチャンネル内の動画を繰り返し観ているか
という点が挙げられます。

ある動画を観て、それが面白いから
次々とそのチャンネルの動画を観始めたら、
頻繁にホーム画面にそのチャンネルの動画が出てきて
蟻地獄のようにYouTubeから離れられなくなった、
なんて経験、あなたにもあるかも知れません。

そのような状態を意図的に作ることができたら、
あなたは、何もしなくても勝手にチャンネル登録者が増えて、
次々とLINEやメルマガに登録してくれる、
というウハウハな状態を手に入れることが出来ます。

そのために、動画内でしっかり自分の他の動画の宣伝をして、
説明欄にリンクなどを貼りましょう。

これを地道にやることで、めっちゃ集客出来るチャンネルになります。

まじで効果ハンパないので、地道に他の動画をオススメしまくりましょう。

7・しつこくしつこくCTA(コールトゥアクション)

CTA(コールトゥアクション)とは、
視聴者に行動を促すことです。

YouTubeの視聴者ってどんな人だと思いますか?

答えは、仕事終わってスイッチ切れてぼーっとしてる人が
ほとんどです。

忙しく働いてる時や、料理レシピ以外でなにかを学ぼうとする時に
YouTubeは観ないですよね?

あくまで息抜きなので、漫然と

「よろしかったらチャンネル登録おねがいします」

と言っても、

「よろしくねーよ・・・」

てな感じで華麗にスルーされます。

具体的に何をして欲しいのか?
(チャンネル登録?LINE登録?webサイト誘導?)

をしっかり決めて、視聴者がそうすることでどんなメリットがあるのかを
明言します。

「俺は人類のために戦ってる!LINEに登録すれば、
あなたを襲ってくる宇宙人を倒す必殺技を教えるから生き残りたければ、
そして愛する人を守りたければ説明欄からLINEに登録してくれ!
ではLINEで僕と握手!」

というケースはまずありえないと思いますが、
このぐらいの差し迫った必要性を訴えてください。

あと、視聴者は大体が最後まで動画を観ないので、
ちゃんと冒頭にもCTAを入れてくださいね。

まとめ

というわけで、YouTubeで集客出来るチャンネルを作る場合、
以下の7項目を意識してみてください。

1・YouTubeチャンネルのターゲットを明確化
2・動画の長さは5分以内を目指す
3・1動画につき1テーマを厳守
4・タイトルに必ず重要キーワードを入れる
5・サムネイルに徹底的にこだわる
6・チャンネル内を回遊させる
7・しつこくしつこくCTA(コールトゥアクション)

YouTubeは今や、集客の手段として欠かせない存在となっています。
「SEO」ならぬ「VSEO」なんて言葉も出てくるぐらい、
動画マーケティングは重要ということです。

なぜか?

2020年の時点で、国内で18〜64歳のYouTubeの月間利用者は6500万人。

外出自粛を機に、利用者が定着化してます。

プラットフォームとして十分な規模な上に、TwitterやInstagramなどの
短文メディアでは不可能な、

「あなたのことをより多く知ってもらうこと」

が可能な唯一のメディアです。

今はあらゆるビジネスがネット上で飽和しており、「差別化」こそが
成功への絶対条件となっています。

ネット上に君臨する有名インフルエンサーに、顧客を全部持ってかれずに
あなたを必要としている顧客をつかむためには、
どうしたってあなたでなければいけない、と思ってもらわないといけません。

本来差別化には、高度な戦略が必要なんですが、
いちいちマーケティングやライティングを学んでいたのでは、
いつまでたってもあなたのビジネスは軌道に乗りません。

では、どうすればいいのか?

答えは簡単です。

単に動画で喋っちゃってください。

それだけでOKです。

40再生前後の小規模チャンネルでも
月収85万を稼ぐ事例はこちら

名前
メールアドレス

※GmailやYahoo!メールなどのPC用のアドレスを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です