YouTubeとブログの連動で2倍稼ぐ方法について

名前
メールアドレス

※GmailやYahoo!メールなどのPC用のアドレスを推奨します。

岡崎です。

YouTube側の規制強化により、
かつてのように動画の大量生産でチャンネル初期のアクセス数を稼ぐ、
という方法論が難しくなっている今日このごろです。

過去、YouTubeアドセンスをやっていた方で、
現役当時1日200本の動画をアップした、なんて恐ろしい人もいるくらい、
一時期は数撃ってなんぼの世界でした。

しかし・・・
1日200本てどうやって作るんでしょう・・・

今でも人気、知名度に劣る一般人が、
初動でアクセスを稼ぐには、この数撃ちゃ当たる方式しかないように
思われます。

しかし、そうはいっても今、
新規チャンネルでこのように大量生産を行ったら
速攻でスパム扱いされて
最悪アドセンスごとぶっ飛んでしまう可能性すらあります。

そこで、我々のような顔出しなしのただの一般人が、
それでもアクセスを稼ぐための別の手段が必要となってくるのです。

YouTubeとブログの連動について

まあ、そこまで新しい手法ではないですが、
YouTubeとブログを連動させるのって、なかなか馬鹿にならないと思います。

ていうか、今後はこれがメインの手法になるんじゃないですかね?

削除対象になりにくい、オリジナリティのある内容を、
コンテンツ制作のスキルがない人間がやろうとすると、
やはりパーソナルな内容に近づくと思います。

下手でもいい。
むしろ素人の視点で共感を得る。

といったようなコンセプトの元、
色々なジャンルについて、各自の個人的見解をまぜて
発信していく。

これ、そのまんまブログに出来そうですよね。

僕は自分のチャンネルがクソだったころ、
アクセスを稼ごうとしてアメブロに動画を日々投稿してました。

本文もなく淡々と動画を貼り付けただけですが、
それでもそこそこアクセスが稼げるのです。

アメブロ、いいかもしれないですね。
無料だし簡単だし。

はっきり言って1日200本動画を作るのよりは楽です(笑)

YouTubeとブログ連動のメリットとは?

基本的にブログとYouTubeはものすごく相性がいいです。

そりゃそうですよ。
どっちもGoogle様の広告を掲載して収益を得るシステムです。

さらに、同じキーワードで動画、ブログそれぞれから集客できます。

ブログに動画を埋め込めば、ブログの滞在時間があがって評価が上がりやすいです。

また、必死なSEO対策とかしなくても検索の上位にも入りやすいです。

どういうことかというと、
動画を含むウェブページは、動画を含まないページに比べ、
Googleの検索結果上位1ページ目に表示される確率が最大53倍と言われています。

すごいですよね(笑)

これはもう、Googleの偉い人が今後インターネットトラフィックの
90%を動画にする、と言っている以上、絶対に検索結果も
有利になるように仕込まれてるのです。

現状、はっきり言ってブログは激戦区です。

YouTubeに比べてはるかに歴史が古いし、
SEO対策もかなり奥深くなっており、
新参者が入り込むのがなかなか難しい現状があります。

「下克上」なんてトレンドブログの教材が爆発的に売れてますが、
ブログ実践者は相当数いるでしょうし、
まさに死屍累々といった状況です(笑)

それに対してYouTubeは、
そろそろ成熟期に入ったとは言え
まだまだ参入者が少ないのが現状です。

それに今でもブログに比べて参入障壁が高いです。

今活躍してるブロガーが、あえて積極的にYouTubeで集客を
なんてなかなか思わないでしょう。

「ブログを書いてその上動画なんて難しそうなものを・・・無理無理!」

とか思いますよね普通。

対して裏youtuberはどうかというと、
「動画を作った上にブログと連動?めんどくさそうだなあ・・・」

この程度でしょう(笑)

あきらかにYouTube→ブログの方が
ブログ→YouTubeより参入障壁が低い(心理的には)と思いますよ。

実際はYouTubeより、ブログのアクセスを集める方が大変だと僕は思うのですが、
一般的イメージは完全に逆なんじゃないでしょうか。

というわけで、我々ブログ素人が、動画をブログに埋め込むことで
かなり優位な状況に立てるというわけです。

あとはブログで広告をクリックしようが、YouTubeでクリックしようが、
お好きなようにお願いしますってことです(笑)

この方式で自分の好きなことを発信して月10万とか、
わりと出来るんじゃないでしょうか?

今日はここまで。
ありがとうございました。

 

名前
メールアドレス

※GmailやYahoo!メールなどのPC用のアドレスを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です