フェルミ研究所みたいな漫画を使った動画ってどうよ?

最近、YouTubeの急上昇とかをみても
だいぶテキスト系の動画が減っているという
実感があります。

で、今なにが流行ってるかというと
圧倒的に漫画系ですね。

こういうやつです。

フェルミ研究所、と言うチャンネルは
電撃ランキングの姉妹チャンネルでしたが、
確か電ランが大手チャンネルから
異議申し立てを食らってた辺りから
漫画を使った手法にシフトチェンジしました。

今、このフェルミっっぽい漫画を使った動画が
めちゃくちゃ勢いあります。

そして多くの人がこの波にのっかろうと
チャレンジしてますね。

今から漫画系に乗り出すのはアリか?

結論から言うと、実績がない人に関しては
「なし」です。

ただし、すでにYouTubeや何か別のビジネスで
稼げている、と言う場合、
次なる投資としては、「なし」ではないかな?
と思います。

漫画系動画はどのようにして作るのか?

まず、漫画系というのは
見ていただくとわかるのですが
結構ハイクオリティです。

ネタも完全コピペというわけには
行きません。

せっかく金かけて作った動画が
コピペ判定食らって
チャンネル削除されていいなら別ですが・・・

漫画系動画を作る場合、
以下の工程が必要になります。

・ネタの作成(リライト)
・ナレーションの依頼
・イラストの依頼
・動画の編集

と言う感じですね。

どうですか?
ヤバいですよね?

とてもじゃないけど
完全初心者が手を出してはいけない
手法だと思います。

特にイラストがヤバい。

金額考えると背筋が凍りますよね。

自分でイラストが描ける方以外は当然、
ナレーションと同様、イラストも外注します。

依頼先はクラウドワークスや
ランサーズなどといった
クラウドソーシングのサイトですね。

大体一枚数千円で交渉と言う感じです。

要するに動画一本万単位で
お金がかかります(笑)

どう言う人たちが漫画動画をやってるのか?

これはもう、ほとんどが、
すでにテキスト系でめっちゃ稼いでた人が、
リスク回避のためフェルミを参考に
潤沢な資金を背景に参入、ということです。

テキスト系で稼いでも慢心しないで
ちゃんと次のことを考えてた人たちですね。

この手法をやり始めた人の発想もすごいですが、
いち早くトレンドをつかんで
生き残ったテキストユーチューバの方々も
さすがです。

このように、なんでも否定的になるのではなく、
とりあえずグレーなテキスト動画でも
稼げる時はガンガンに稼いで、
ヤバくなる前に次の一手を打つ、
という姿勢は大変見習うべきものがあります。

テキスト動画が全盛期の時、
その手法をディスる人も沢山いました。

確かにテキスト系はウザいですし
文句を言いたくなるのもわかります。

それに「グレーな手法で稼いでるやつらを
批判する正しい俺」
っていうポジションはストレス解消にもなるでしょう。

正論を堂々と言うのは気持ちいいです。

ですが、そんな批判をよそに、
テキストでガンガンに稼いで、
ヤバそうになったら、別な方法に乗り換えて
さらに収益を増やした人たちがいるのです。

正論で批判してスッキリする人。

批判を気にしないで
最終的にクリーンな資産をネット上に
作り上げる人。

どっちが羨ましいですか?

というわけで、漫画系動画は、
テキストで稼いだ先行者の
最終到達地点ということです。

少なくとも、まだ稼げていない初心者が
目指す地点ではありません。

というわけで、次にどんな流行が来るのか
目を光らせつつ、今できることに専念しましょう。

あなたが乗っかるのは次の波です。

今YouTubeで稼ぐ最も現実的な手法について
詳しく話したりとかしてますので、
興味ある方はメルマガ登録して下さいね↓

 

名前
メールアドレス

※GmailやYahoo!メールなどのPC用のアドレスを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です