YouTube動画のコメント欄対策

名前
メールアドレス

※GmailやYahoo!メールなどのPC用のアドレスを推奨します。

岡崎です。

今回はYouTube動画のコメント欄をどうすべきかについてです。

これについてはyoutubeにおける諸先輩方の間でも
珍しく意見が分かれてます。

・面倒ないざこざに巻き込まれたくないのでコメントは許可しない方がいい
・コメント欄に色々書き込まれたほうがSEO的に有利なのでオープンにした方がいい

大まかに言うとこんな感じです。

では実際のところ、コメント欄はどうすべきなのでしょう。

これに関する僕の回答としては、

全て許可でOK

ということになります。

やはり、視聴者の声をきちんと聞く姿勢というのをアピールした方が
印象がいいですし、
実際にチャンネルに力がつくと、毎日沢山のコメントがチャンネル内の
様々な動画に対し寄せられます。

半年前の動画とかにも余裕でコメント来ますよ(笑)

こういうのは絶対にチャンネルに対する評価につながると思いますし、
ここを切るのはもったいないと僕は考えます。

また、コメント欄は著作権等のクレームに対する窓口のひとつでもあります。

クレームの経路は
「何かあればこのメアドにお願いします」
みたいに一つに絞った方が管理しやすいですが、
それでもコメント欄が閉じられていたら、
こちらに警告を発する前にいきなりYouTubeに訴えたり
著作者に通報されたりしてしまう可能性もあります。

そういう意味からも、コメント欄はフルオープンが良いと思います。

否定的なコメントに対する考え方

ただ、コメント欄をフルオープンにすると、
当然のことながら否定的なコメントも寄せられます。

ていうか、結構多いですよね。

普段生活してると、さすがに普通の社会人は気を使って
「オカザキ死ね」
とか面と向かっていきなりは言いませんが、
内心はそう思ってても言いませんが(笑)
匿名だと遠慮がなくなりますよね。

まあ、単なる罵詈雑言ならOKですよ。

それで視聴者のストレスが少しでも解消されるなら、
その動画はその人にとってエンターテイメントとして
機能していたと言えなくもないですし・・・

問題なのは、「技術的なご指摘」というやつですね。

・この動画はこの部分がなってない
・ここを改善しろ
・これをやめろ

というご指摘に関しては、確かに参考になる部分もありますが、
あまり真に受けない方がいいです。

別に視聴者を軽視しろ、というわけではないです。

むしろ逆です。

あなたの動画の視聴者の中で
サイレントマジョリティを重視しろ
ということです。

「サイレントマジョリティ」とは
「物言わぬ多数派」という意味ですね。

僕のチャンネルだと、

・〇〇がウザい
・〇〇がデカい

という典型的な2つの批判が定期的に書き込まれます。

これについて、改善すべきかどうか迷ったこともあったのですが、
たまーに来るそれら否定的なコメントに対し、
毎日数十人、時には100人以上が僕のチャンネルに登録してくれている
という事実があります。

むしろこっちを無視してはいけないと思い、
上記2つの典型的批判は、読んだ上で不採用とさせていただいております。

YouTubeアドセンスも含め、
自分自身でビジネスを開始しようという場合、
あまり目先の意見や短期的な変化に敏感すぎて
すぐに軸がブレるのもよくないと、最近では思います。

適度に鈍感、ぐらいが丁度いいのかもしれません。

YouTube動画への批判コメントを最小限に抑えるには

コメント欄の有り無しで諸先輩方の間で意見が分かれるのは、
その人の性格やYouTube運営のスタンスが関係していると思います。

コメント欄を非許可にすることを推奨する人は、
コメント欄が荒れることをリスクと捉えています。

それもユーザー同士で喧嘩してる、というのではなく、
運営者に対する批判で荒れる、批判者が集まる、
集団でチャンネル停止の動きに出られる、といったことを
想定しているのだと思います。

つまりそれに近い状況をその人自身が経験しているか、
自分の周囲でそれが起こるのを見てきている可能性があります。

どうしてそのような炎上まがいの事象に巻き込まれるのか、
僕には経験がないのでハッキリとはいえませんが、
視聴者に嫌われにくい雰囲気を出す、
ということを重要視する必要があると感じています。

なんとなく嫌われにくい雰囲気・・・

抽象的でよく分からないと思いますが、
例えば以下のようなやり方は注意が必要だと思います。

 

・アクセス数を稼ぐために明らかな嘘をつく

例えばYouTubeではよく見かけますが、「〇〇女子の〇〇チャンネル」
と言っておきながら、
チャンネルアイコンにはいかにもフリー素材から持ってきたような
女性の写真が表示されているのとか・・・

こういうのはちょっと考えるとすぐに分かりますし、
お前どう考えても男だろ?
俺らを騙してアクセス稼ぎたいのか?
俺らを馬鹿にしてんのか?
と思われても仕方ありません。

・上から目線

ブログとか文章メディアと違い、
YouTubeではあまり上から目線になりようがないのですが、
逆に安定して売れてるチャンネルというのは、
チャンネル説明とかが、わりと謙虚に書かれてることが多いです。

「まだまだ経験が浅いのですが一生懸命がんばりますので
よろしくお願いします!」

みたいな。

・他者への批判的なスタンス

ブログとかでも「何と戦ってるの?」
というような、ある勢力に対する憎しみに満ちてる人っていますよね。

・炎上目的の逆張り

これもブログによくいますが、
みんなが良しとしているものに対し、
あえてキツい批判的なタイトルをかます人(笑)

炎上商法というやつですね。

これもすぐにアクセスが欲しいとバレます。

バレてもアクセスが稼げればそれでいいという
考えなのでしょうけど・・・

もちろんサムネイルやタイトルにインパクトを与える手段として、
アリではあるんですよ。
ただ、程々にしましょうってことです。

・まとめると

要するに
普段から素直で朴訥な人間になるように心がけて下さい(笑)

特にネット上のキャラクターは
イノセントな感じを保った方が良いと思います。

その方が地味だけど、こっそり細く長く稼ぐのに
都合がいいと思います。

 

YouTube動画のコメント欄を非表示にする方法

そうは言ってもコメント欄が荒れてしまう、
コメントを受付たくない、
って人もいると思いますし、
状況に応じてコメント欄をコントロールすることも
必要になってくるかも知れません。

ちなみにコメント欄の管理もチャンネル運営者の責任になります。
もしYouTube側で不適切と判断されるようなコメントが書き込まれ、
それを放置していたら、
それだけでチャンネル削除の原因になる可能性もあります。

なのでチャンネル自体が大きくなりすぎて
日々のコメントを確認しきれなくなった場合、
多少アクセスが落ちることを覚悟の上でコメントを非許可にする
というのもアリだとは思います。

ただ、そういう人はこのブログを見ないだろうし、
むしろ僕が教えを乞いたいぐらいなので、
その辺の判断については深掘りしません(笑)

では一応(笑)コメント欄を非表示にするやり方を説明します。

まずはクリエイターツールにアクセスし、
動画一覧の画面を開きます。

「操作」という文字の横のチェックボックスをオンにすると、
そのページの全ての動画が選択された状態になります。
※個別に設定する場合はその動画の横のチェックボックスだけに
チェックを入れて下さい。

プルダウンメニューから「その他の操作」を選択します。

するとさらに細かいメニューが出てきますので、
この中から「コメント」を選択します。

次画面で
・コメントをすべて許可する
・承認したコメントのみ許可する
・コメントを許可しない
と出たますので「コメントを許可しない」にチェックを入れます。

実際に動画のページに移動すると、コメントが非許可になっているのがわかります。

以上です。

本日はここまで。
ありがとうございました。

 

名前
メールアドレス

※GmailやYahoo!メールなどのPC用のアドレスを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です