児童オンラインプライバシー保護法のメッセージについて。チャンネルまたは動画の視聴者層を設定する方法を解説

最近、なにやら物騒なメールが
YouTubeから届いてビビってらっしゃる方も
多いと思います。

こんな感じですね↓

また、クリエイターツールにも
物々しいメッセージが表示されています。

結論からいうと、これらは各チャンネルに対し、
「ある設定をしろ」
と要求しているだけですので、
あなたのチャンネルが何かペナルティを
犯したとか、広告を剥がすぞとか、
そういうものではないのでご安心ください。

具体的には、あなたのチャンネルor動画が
子供を対象にしているかどうかを
申告して終わり、と言う感じです。

具体的な方法については、
↑動画をご覧ください。

このブログでもこれから説明します↓

児童オンラインプライバシー保護法の件、設定方法

今回はYouTubeStudioで説明してます。

YouTubeStudioの左下「設定」をクリックし、
ポップアップの「チャンネル」をクリックします。

次に表示された画面の上部「詳細設定」を
クリックする選択メニューが表示されるので
選んでください。

設問:チャンネルを子ども向けとして設定しますか?

1・はい、このチャンネルを「子ども向け」として設定します。いつも子ども向けコンテンツをアップロードしています。

2・いいえ、このチャンネルを「子ども向けではない」として設定します。子ども向けコンテンツをアップロードすることはありません。

3・すべての動画について視聴者の設定を確認します。

全ての動画が子供向けのチャンネルの場合、
1を選択します。

全ての動画が子供向けでないチャンネルの場合、
2を選択します。

動画によって子供向けだったり
そうでなかったりする場合、3を選択して、
動画ごとに子供向けかどうか申告します。

動画ごとの設定方法

またまたYouTubeStudioで説明します。

左側の「動画」項目をクリックして
右側に表示された動画を選択します。

各動画の設定画面の下の方に
選択できる項目があるので、
ここで個別に設定します。

従来のクリエイターツールにも
同様の項目があります。

子供向けチャンネルは今後どうなるのか?

詳しくはこちら↓で説明してますが、

YouTube パーソナライズド広告の停止を発表!キッズチャンネル終了?

この件で直撃を食らうのは
子供向けチャンネルの運営者ですね。

子供向けチャンネルに広告が付かなくなるのではなく、
パーソナライズ広告が表示されなくなるということで、
収益が激減する可能性があります。

逆に年齢層高の視聴者層の場合、
特に問題はなさそうです。

一度アナリティクスから
ご自身のチャンネルの視聴者層を
チェックしてみてください。

そもそも児童オンラインプライバシー保護法って何?

これ、実はアメリカの法律で、
「Children’s Online Privacy Protection Act」(略称、COPPA)
というのが正式名称のようです。

これによると

・サイト運営者は児童のプライバシー収集方針を親に掲示して、個人情報を収集する前に親の同意を得なければならない
・第三者への開示が可能かどうかという選択肢を付けなければならない

また、親が子供の個人情報にアクセスして、閲覧や削除ができるようにするという内容も加わっています。

https://www.secomtrust.net/secword/coppa.html

とのことです。

子供向けのチャンネルの場合、
親の同意なしに勝手に利用者の情報を
取得してるということで、
180億ドルもの制裁金がYouTubeに課せられたそうです。

YouTube=Googleにとって
かなり洒落にならない事態だとご理解ください。

と言うわけで設定自体は簡単なので
これを読み終わったらさくっとやっておきましょう。

最新かつクリティカルなYouTube情報をお届けしてますので
興味ある方はメルマガ登録してみてください↓

名前
メールアドレス

※GmailやYahoo!メールなどのPC用のアドレスを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です