LINE登録で次世代型YouTube集客の教科書をプレゼント

YouTube概要欄の書き方|構成・使用すべきキーワードなど徹底解説

YouTube概要欄 は、アップロードした動画の説明を書き加えるところです。

概要欄の内容が動画としっかりマッチしていることで、チャンネルの総合的な成果を上げることにつながりますよ。

今回は、そんな重要なポジションのYouTube概要欄を使いこなせるよう、適切なガイドラインと書き方をご紹介します。

ぜひ、参考にしてみて下さいね。

YouTube概要欄 とは

YouTubeの概要欄とは、動画再生時のページにてタイトルの下部に表示される場所のことです。一般的には動画の説明が文章で書き綴られています。

概要欄は、視聴者が動画再生ページからどのタイミングでも確認できるのが特徴です。ちなみに、概要欄は下記のような効果が期待できますよ。

・視聴者が動画検索した際に見つけてもらいやすくなる
・視聴者が動画内容をイメージしやすくなり関心を高められる
・チャンネル内のおすすめ動画や外部サイトに誘導できる

YouTubeにおいて、動画より概要欄は重要度が低く思われがちです。けれど、動画投稿の目的を明確にしたうえで、その目的と合った概要欄を設定できると動画のアクセス数向上などに大きな影響を与えてくれるものとなるでしょう。

YouTube概要欄 の仕組み

YouTube概要欄は、全角で2,500文字(半角は5,000文字)入力することが可能です。

スマートフォンなどのモバイルでは、概要欄は視聴者側がタップしないと読めない仕組みになっています。

しかし、パソコンはモバイルとは仕組みが異なりますよ。

・文章の出だし60文字ほどは、検索画面で確認できるようになっている
・最初の3行までは、動画再生ページに表示される

このような仕組みになっているので、概要欄に書かれている最初の文章は、視聴者の目に留まることが増えます。

そのため、重要なことは最初に書くことを心がけましょう。

概要欄の設定について

YouTube説明欄

ここからは、概要欄の設定方法をお伝えしていきますね。ちなみに、概要欄の設定方法は2パターンあります。

1:動画投稿時のタイミングで設定する

動画をYouTubeに新しく投稿した時点で、同じ画面上から概要欄を設定することが可能です。

タイトルのちょうど真下に「説明」と書かれているところが概要欄にあたります。そこへ入力した文章がそのまま概要欄に設定できる仕組みです。

2:YouTube Studioの動画詳細ページで設定する

仮にYouTubeに動画を投稿した後でも、YouTube Studioで概要欄の設定や変更が可能です。

タイトルの真下にある「説明」と書かれているところで概要欄の設定や変更ができます。公開後の設定が叶うため、動画のアップロード時にあせってやみくもに設定する必要はありません。

3:デフォルト設定を活用する

動画のアップロードの度に毎回概要欄を考えて載せるのは、大変ですよね。そこで便利なのが「デフォルト設定」を活用する方法です。もしも、動画ごとに共通する文章があればデフォルト設定機能を活用しましょう。

操作手順としては、YouTubeStudio左タブの「設定」からデフォルト機能を設定可能です。すると、最新動画をアップロードしたタイミングで、設定した文章が概要欄へ自動的に掲載されます。

デフォルト設定の魅力は、概要欄以外にも活用できるところです。そのため、動画にまつわるあらゆる設定の手間を省きたい時に便利でしょう。

YouTube概要欄 の書き方

YouTube Creator Academy(ユーチューブクリエイターアカデミー)がおすすめする概要欄の書き方について、大事なポイントを3つにまとめました。

・検索に引っ掛かりやすい概要欄に仕上げる
・概要欄を極力活用する
・視聴者視点に立った説明を心がける

上記のポイントをまず意識す大切です。ここからは、YouTube概要欄の書き方をさらに詳しく説明します。

概要欄作成ステップ

・動画の軸となるキーワードをピックアップ
・キーワードを含んだ説明文を作成する
・ハッシュタグ設定を活用する
・誘導したいリンクを挿入する
・タイムリンクとチャプター機能を上手く使いこなす

動画のキーワードを決める

概要欄で動画を発見してもらえるように、検索されやすいキーワードを決定しましょう。キーワードが検索ワードとして採用された場合、自分の動画が検索一覧の上位に入りやすくなります。この作業により、再生回数の伸びが良くなるでしょう。

検索一覧に表示されるかの判断材料は、概要欄だけでなく動画のタイトルや内容も含まれています。そのため、しっかり内容と関連付けされたキーワードを採用することが大切です。

ちなみに、キーワードの数は2つまでで十分。逆に多いと検索時に表示されづらくなる可能性があります。

動画の説明文を書く

決めたキーワードを使用して、動画の説明を綴りましょう。キーワードをナチュラルな形で概要欄の文章に採用することで、検索エンジンに認識されます。そして、検索結果画面の上位に表示される可能性が上がるでしょう。

ポイントとしては、できるだけ文頭にキーワードを書くようにします。理由は、視聴者が概要欄を開くと目に入る部分だからです。さらに、一番見られる回数も多い場所でもあります。

そして、視聴者が分かりやすいうえに、動画を見たくなったり興味をひいたりする文章が必要になります。そのため、文章はできるだけ簡潔に。改行や空白などを活用して視聴者が見やすいように工夫しましょう。

ハッシュタグを活用する

YouTubeの概要欄には、ハッシュタグ機能が使えます。ハッシュタグは半角の「#」の後に単語を入れることで、機能性を持つのです。

具体的にはこんな感じですね。

ハッシュタグは、動画検索で表示させるために役立ちます。ハッシュタグの配置は、概要欄の一番下に入れることが一般的です。ちなみに、最大15個まで設定可能ですよ。

そして、最初の3つまではタイトル下に表示される仕組みになっています。視聴者の目に入る部分だからこそ、動画内容がしっかり伝わるように慎重に決めていきましょう。

目的に適したリンクを挿入する

概要欄には、どんなリンクでも貼り付けられます。そのため、動画視聴後に目的とする行動へ誘導しやすくなるでしょう。

では、どんな種類の誘導リンクがあるのか紹介していきます。

①チャンネル登録のリンク

チャンネル登録ページにアクセスできるリンクです。
概要欄を見た視聴者をチャンネル登録へと誘導しやすくなります。

<チャンネル登録リンクの作り方>
リンク作成URL:

http://www.youtube.com/channel/<チャンネルID>?sub_confirmation=1

まずは、自分のチャンネルページURLからチャンネルIDをチェックします。チャンネルIDは、http://www.youtube.com/channel/の後ろに続く文字列です。続いて、その文字列を上記のリンク作成URLに入力すれば、あっという間にチャンネル登録リンクが作れます。

②おすすめしたい動画や関連動画のリンク

別の動画のリンクも概要欄に載せられます。

例えば、

・投稿動画に関連した動画
・投稿動画の情報をさらに補足するような動画
・自信があるから必ず見て欲しいおすすめ動画

これらの動画を見てもらえるよう、印象に残るコメントを入れて載せます。すると、視聴者は動画に興味が湧き、まさに見てほしい動画へと誘導できるでしょう。

ここで注意したいポイントは、手当たり次第、動画のリンクを載せても効果的でないということです。そのため、視聴者目線から動画視聴後、次の動画も見たくなるような関連性のあるものや関心をひくものをピックアップすると良いでしょう。

③外部リンク

動画視聴後に、YouTubeから離れたサイトへ誘導することも可能です。視聴者が、動画を見終わったあとに駆られるであろう感情や関心、興味などを予測し、そこへ訴求した外部リンクを貼ります。

YouTubeを使う目的は色々あると思いますが、企業の運営するチャンネルの場合は視聴者を自社のサービスにつなげていくことが最終的な目的となるでしょう。

動画から外部サイトまで誘導できるオペレーションが確立できると、本来の目的に沿う形でYouTubeチャンネルが上手く役割を果たしてくれます。

一方で、企業案件動画を投稿する際には、企業から指示のあったキーワードを概要欄に入れることが主流です。そのキーワードは、提供であることを示す表示と企業名や商品または企業のサイトURLで文章が作成されます。

これらの設定で、ステルスマーケティング対策と同時に企業が紹介したい商品のサイトへ案内する目的が達成できますよ。

タイムリンクとチャプター

概要欄にタイムリンクを貼るスタイルもあります。タイムリンクは、〇:〇と半角数字で表示され、そこをクリックすると動画内の対象時間まで飛べる機能です。

つまり、いくつかの決まりをクリアし概要欄にタイムリンクを並べると、動画自体をチャプター分けすることが叶います。タイムリンクは、下記のように入力すると良いですよ。

0:00 チャプター1
1:23 チャプター2
2:34 チャプター3

チャプター分けを使用するなら、意識してほしい2つの決まりがあります。

・0:00から始める
・タイムリンクとタイトルの間にスペースを空ける

上記の点を守れば、スムーズにチャプター分けが叶います。設定が反映されると再生バーが分割されますよ。そして、視聴者は希望のチャプターへスムーズに飛べるようになるでしょう。

チャプターが活きる場面は、長尺動画。視聴者が知りたい情報や見たいシーンまでスピーディーにアクセスできるところがメリットです。結果的に、視聴者の満足度に貢献し高評価やチャンネル登録に結び付けられますね。

ぜひ、これまでに紹介した概要欄の書き方を参考にして、効果的な概要欄の構成に役立てて下さいね。

まとめ

結論からお伝えすると、概要欄はファンの獲得と本来の目的を達成するために不可欠で重要な役割を担うということです。

YouTubeの概要欄は、意識していないと内容が薄くなったり毎回似たような構成になったりしやすい部分でもあります。それは、再生回数やチャンネ登録へのパフォーマンスへの効果が見えてこない背景があるからでしょう。

けれど、YouTubeはファン獲得がとても大切です。視聴者目線にたった構成や概要欄を設けることで、視聴者の満足度は高まりファンになってくれる可能性は上がります。

ぜひ、今回の記事を参考にして概要欄を充実させた内容にしてみて下さいね。

 

顔出しなし。1日2時間の作業からコツコツと。素人でもびっくりするほど簡単にわかるYouTubeの教科書を無料でプレゼントしてます。どんな手順で作ると動画はヒットする? ビジネスYouTubeでやってはいけないことは? 一分間で初心者でもYouTubeスキルが身につく3択問題3選はこちらから↓


※友達登録で無料プレゼント中!
🎁3択3問であなたを救う!YouTube講座
🎁スマホでOK!今日から始めるビジネスYouTube入門
🎁再生数に頼らないビジネスYouTubeとは?
🎁稼げるジャンル選びについて
🎁初心者が月収30万を稼ぐシンプルな方法
🎁YouTubeを使って高額商品を売る方法
🎁YouTubeで成功出来る人と出来ない人の違いとは?
etc

名前
メールアドレス

※GmailやYahoo!メールなどのPC用のアドレスを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です