YouTubeで稼ぐ手順:動画エディタの使用方法

名前
メールアドレス

※GmailやYahoo!メールなどのPC用のアドレスを推奨します。

今回はYouTube内の動画編集ツールを使って
動画をアップロードする方法を説明します。

YouTubeには元々「動画エディタ」なる機能が備えられていて、
それを使えば編集ソフトを別途用意しなくても動画が作れてしまいます。

元々アップロードした動画を軽く加工する程度のツールかと
てっきり思ってたのですが、
そうではなく、素材集めからアップロードまで全て可能です。

多機能ではないので操作を覚えるのは簡単ですが、
有料ツールの使い勝手の良さになれると、
ちょっとした微調整とかが面倒な印象がありますが、
これも慣れれば問題ないかと思われます。

YouTube「動画エディタ」の概要

まずチャンネルにログインし、
クリエイターツールから「動画エディタ」を選びます。

表示されたこの画面で動画を編集しアップロードします。

そこまで大した機能がないので逆に操作を覚えるのは簡単です。

右上のアイコン群から動画、写真、音楽、テキストなど、
使用するものを選択し、
すぐ下に表示される素材を編集スペースにドラッグし、
編集が終わったらアップロードする、という流れです。

ただ、このツール、動画や画像をまたがって文字をスクロールさせる機能がないので、
テキスト動画には向きません。

では何が向いてるのかというと、
写真をみせるスライドショー形式のものですとか、
あるいは、記事をテキスト化せず、
朗読形式に出来るジャンルとかであれば、
むしろ機能がシンプルな動画エディタが適任ではないかと思われます。

「動画エディタ」の具体的な操作について

右上の動画マークは、そのチャンネルにアップされている動画になります。
そのチャンネルに動画が全く無い場合は空欄になります。

ただ、この動画エディタの凄いところは、
既存の動画で再編集OKなものを検索して自分の動画に
組み込むことが可能な点です・

上記カメラマークの右隣、CCというやつをクリックして下さい。

そうするとクリエイティブ・コモンズ動画が出てきます。

クリエイティブ・コモンズ動画についてはこちらを参考にしてください。

「このライセンスが適用された動画は、他の YouTube ユーザーが
YouTube 動画エディタを使ってそのユーザーの動画内で
使用することができます(商用利用も可能です)。」

とのことですので、
他人の動画を半ば合法的にパクって再編集ができる
悪魔のツールですね(笑)

そう思って試しに「メッシ」で検索して
メッシのスーパープレー集みたいな動画をものの5分で作成したら
見事に全世界ブロックを喰らいました(笑)

アドセンスに紐付いてないテストアカウントだったんで
まあいいですけど、
クリエイティブ・コモンズ動画だからだと言って
下手にYouTubeを信じるとロクな目にあいませんので
ご注意下さい(笑)

それでは実際に編集してみましょう。

下図のように動画は上、音声は下のタイムラインに
ドラッグ&ドロップで配置します。

素材はハサミ印をクリックすると分割可能です。

分割したクリップは、長さを変えたり入れ替えたり、
削除することも可能なので、
基本的にはこれだけで十分な編集が可能です。

削除は「×」ボタンをクリックです。

スローモーションとか色々細かい事もできます。

また、フィルタ画面から、色々な雰囲気を選択することが可能です。

「トランジション」といって
動画をフェードとかで切り替えるエフェクトです。

これで取り込んだ画像に雰囲気のあるエフェクトとトランジションをかけて
雰囲気のあるBGMを流したら、結構いい感じになりそうです。

テキストは「a」をクリックすると編集できます。

入力画面は以下の通りです。
フォントの種類やサイズ、太さなどが選べます。

 

独立したテキストクリップだけでなく
動画内にもテキストを表示させることが可能です。

ただし、複数の動画にまたがるテキストは
配置できません。

編集後は「動画を作成」をクリックすると
アップロードが開始されます。
あらかじめタイトルを変更して下さい。
※後から変更も可能です。

まあ、アップロードしてすぐに「全世界ブロック」を食らってしまうのですが(笑)

なんと、引用元のリンクは自動で表示されてます。

これは便利だ!

でも「全世界ブロック」やられたんで、
YouTubeのことは信じないで、
安全そうな画像をご自身で選んで配置するのが
得策かと思われます。

機会があれば「動画エディタ」の作例なども作ってみたいと思います。

今回はここまで、
ありがとうございました。

 

名前
メールアドレス

※GmailやYahoo!メールなどのPC用のアドレスを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です