YouTubeで今後どのような動画が評価されるのか?

名前
メールアドレス

※GmailやYahoo!メールなどのPC用のアドレスを推奨します。

オカザキです。

拡大しつづけるSNS動画広告市場の中にあって、
依然として中心的なポジションにあるYouTubeは
実はめちゃくちゃブルーオーシャンなんじゃないか?

というテーマでここのところ話してます。

とは言うものの・・・

今後YouTubeはどのような動画を評価していくのか?

というのを把握しないと、
なかなか今までのように稼ぐことは難しいと思います。

というわけで、
今、何に気をつけてチャンネルを運営していけばよいのか、
その辺について語りました。

YouTubeアドセンスが今、チャンスな理由とは?

仮想通貨とかに押され、
「YouTubeで稼ぐ系」が盛り下がってる中で、
なぜ今、僕が世界の中心で

「YouTubeアドセンスがチャンスだ!」

と叫んでいるかというと・・・

・右肩あがりに爆伸びし続けている動画広告市場

YouTubeから大手スポンサーが撤退したなんてニュースが
ありましたが、
そんなことに関係なく動画広告市場自体はガンガンに伸び続けています。

2023年には3,485億円、2017年の約2.5倍に達する
といった予想もあるほどです。

・SNS市場の中でYouTube利用者は圧倒的

SNSの利用率を見てみると、

国内
facebook 2800万人
Twitter  4500万人
Instagram 2000万人
YouTube 7000万人

なんかfacebookが圧倒的に強そうな
イメージがありましたが、
YouTubeが圧勝してるんです(笑)

YouTubeをSNSと言っていいのか分かりませんが、
少なくともGoogle的にはYouTubeをSNSと
捉えてるフシがあります。

ちなみにLINEの利用者が、
LINE 7000万人
ということで、
あの、超だれでも使いまくるLINEに
匹敵するほどの普及率なのです。

これは実に
日本国民の70%が利用している巨大市場
ということになります。

・市場を独占していたライバルが激減

ここ最近、既存の手法で稼ぎまくってた
チャンネルが次々と削除されまくり、
あらたに4000時間規制などが施され、
厳しくなりつつあるYouTubeですが・・・

お陰で各ジャンルに君臨していた
チャンピオンが不在になり、
これから新規参入する方には
めちゃくちゃ有利な状況に、今なってます(笑)

実際に僕も最近、かつて登録した
ライバルチャンネルをチェックしましたが、
半数以上が削除されてました!!!

がら空きですマジで。

そして参入障壁が上がったことで新規参入者も減り、
すっかり盛り下がってくれたので、
非常にやりやすい状況が生まれていると言えます。

・仮想通貨など流行りのビジネスへ移行

YouTubeをやるタイプの人って、
流行り物に敏感なイメージがあります(笑)

これは僕の想像でしかないのですが、
相当数のYouTube実践者が億り人めざして
YouTube界を去っていったんじゃないでしょうか?

とまあ、拡大する市場と
激減するYouTube実践者、という
奇跡的な状況がおわかりいただけたかと思います。

今後、どのような動画を作ればYouTubeでガンガンに稼げるのか?

これについては、
これまでの考え方とずいぶん違うところも出てきてます。

とにかく数こそ命だったYouTubeですが、
・規制の強化
・YouTube側のシステムの進化
・テキスト動画の飽和
などによって、だいぶ評価のされ方が異なって来ている
感じがします。

一昔前と違って、何も考えずに数あげれば
なんとかなる、という感じではなくなってきました。

では、どんな動画をあげればいいのか?

何に気をつければいいのか?

その辺を動画で語りましたので
ぜひ参考にしてみてください。

感想をお待ちしております!

では

名前
メールアドレス

※GmailやYahoo!メールなどのPC用のアドレスを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です