LINE登録で次世代型YouTube集客の教科書をプレゼント

YouTubeは「失敗」をお金に変える商売です

これからの時代、
「失敗」が資産になる世の中です。

スムーズに生きてきた人、
失敗や挫折を知らない人、
常に優秀な成績を修めてきた人、

はっきり言ってこれら全部クソです。

というわけで、今回は「失敗」がいかに
あなたにとって資産なのかについてお話します。

オカザキの失敗とは?

僕の場合、
まあ、酒に関する話が多いでしょうかね・・・

 

酒と言えば、ゲ○です。

 

高円寺で友人と2人で飲んでました。

わりと落ち着いた
大人な雰囲気の店だったのですが、
すっかりデキあがってた我々は、
次々とグラスを空け、泡盛にまで手を出しました。

この泡盛がいけなかった・・・

意識を失ってしばらくして目覚めると、
目の前で、友人がテーブルに突っ伏して
異臭を放ってました。

その友人はデブだったため、
ブラッド・ピッド主演の映画「SEVEN」の
冒頭でスパゲッティ食いながら殺されてる奴
そっくりの雰囲気でした。

結局そこから朝まで、そいつは
ニルバーナに行ったままでした。

ゲ○にまみれて気絶していた我々に
周囲は冷たい視線を向けてきます。

僕だけ完全にシラフにもどり
友人を担ぎながら、
平謝りで店を出ました。

女性や、スリムな男が酔ってるなら
まだ心配されますが、
酔っぱらったデブは周囲を明るい雰囲気にします。

みんな、なんだかにこやかな視線を送ってきますが、
僕はそれどころではありません。

ついに二人もろとも路上にぶっ倒れ、
救急車が呼ばれました。

周囲から注目される中で
酔ったデブと乗る救急車は恥辱以外の
何物でもなかったです・・・

「大失敗」から生まれたものは?

後日、この出来事をヒントに一本の短編映画を
作りました。

「男が変身してゲ○を吐いてぶっ倒れる」

というかなりシュールな内容なのですが、
その友人を無理やり主演にしました。

 

彼は役者でもなんでもないですが、

「お前、俺のズボンにゲ○吐いたろ」

の一言で逆らえなかったようです。

 

で、なんとこの作品が、
世界の押井守監督や漫画家の
きうちかずひろ先生など、
有名かつ怖そうな人々が審査員に名を連ねる、
すっごいコンペで賞をいただいたんですね。

 

人が変身してゲ○を吐くだけの映像作品が
なぜ賞を取れたのか?

 

答えはシンプルで、
人の「大失敗」の瞬間だけをクローズアップした
この作品が、めっちゃくちゃ面白いからです。

 

様々な芸人を見ればわかると思いますが、
「失敗」ほど面白いコンテンツはありません。

YouTubeは「失敗」がダイレクトに稼ぎに直結します

参考までに「恥」や「失敗」を元にした
YouTube動画を紹介します。

あなたにもし、「生き恥」をさらした経験や
大きな「失敗」談があるなら、それだけで食っていける可能性があります。

教訓

何か大失敗を犯した時、
反省して再発防止に努めるのは簡単です。

しかし、今後YouTubeで生きていこう、
ネット上で情報を発信していこう、
という人は反省しちゃダメです。

「大失敗したな。またやろう!」

このマインドが大事です。

僕も積極的に泡盛を飲んで行こうと思います。

=======

とはいえ、ただただ恥をさらせば
バズるというものではありません。

きちんとしたYouTubeのスキルを学びたい人は
こちらから無料講座をゲットしてください↓

名前
メールアドレス

※GmailやYahoo!メールなどのPC用のアドレスを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です