YouTube・メインチャンネルの収益を倍増させる卑怯な作戦

こんばんわ。オカザキです。

メインのチャンネルが少しづつ育ってきたラッキーなあなた。

不安は解消されましたか?
収益のグラフを見て満足出来ますか?
これで安泰とホッと一息つけますか?

人間というのは欲深い生き物で、
正直、売上が上がっても上がっても、
満足出来ないし、不安は増すばかりです。

収益ゼロの頃は、
「毎月10万稼げたら素晴らしいだろうなあ・・・」
と思ってたのですが、10万円台をいきなりすっ飛ばして
20万、40万と売上をアップさせたにも関わらず、
「ああ、もっとお金ほしいーーーー!!」
と、身悶える日々を過ごしております。

また、収益の柱は多ければ多いほど安心感も得られるでしょうし、
やはり儲かるチャンネルを数多く所持したいものですよね。

同じ売上でも、
一本のデカいチャンネルを運営よりは、
中規模のチャンネルを複数運営した方が
リスク分散にもなるし、悪目立ちせずひっそり稼げるし、
良いと思うんですよね。

でも、チャンネル育成ってめんどくさいですよね(笑)

ホント、僕はダメ人間なので、
めんどくさいのやなんですよ(笑)

トレンド動画なら瞬間風速がすごくて面白いですが、
特化型の初動の重いことといったら・・・

本当に嫌になりますよね。

なので、メインチャンネルが育った後に出来る
もっとも楽なサブチャンネル構築方法をお伝えします。

 

YouTubeチャンネル相乗効果作戦

メインチャンネルの売上を倍増。
卑怯なやり方でYouTubeから根こそぎ金を奪う
その名も「YouTubeチャンネル相乗効果作戦」。

どういうものかというと、

メインチャンネルと同じジャンルのチャンネルを作り、
メインチャンネルの動画ネタを使いまわした上で、

メインチャンネルの「カード」機能や「終了画面」等からそのチャンネルへ
視聴者を誘導する。

というものです。

「反則じゃねえか!!」

はい、すみません(笑)

というか、別のチャンネルへの誘導というのは、
完全にホワイトな手法です。

別チャンネルへの誘導は
YouTubeの「終了画面」にも
備わった機能ですからね。

ですので、ある程度影響力のあるチャンネルから
戦略的に別のチャンネルに視聴者を誘導する
という考えは、全然ありなのです。

ただ、誘導先が単なるコピーチャンネルという・・・
この部分だけズルです(笑)

そうは言ってみたものの、本当にメインチャンネルからの誘導って効果あるのか、
似たようなチャンネルを作ってどの程度売上が伸びるのか、
実際にやってみました。

「YouTubeチャンネル相乗効果作戦」の具体的なやり方について

サブチャンネルを立ち上げるにあたり、
まず注意したいのがセーフティ。

メインチャンネル以上に
サブチャンネルを安全に運用する必要があります。

出来たてのチャンネルは
google的に無価値に等しいので、
いとも簡単に削除されます。

なので、説明欄に関連動画のURLを貼りまくったり、
10個も20個もタグを設定したり、
そういう行為は一切やめます。

あくまでメインチャンネルからの
googleが用意した正規手段を用いての誘導です。

続いて動画の作成方法ですが、
かつては同一のネタを複数チャンネルに投下ということを
平気でやってたのですが、
現状では危険行為と判断し、動画完コピはやめます。

真面目にコンテンツを作成します。

いや、真面目というのは嘘です(笑)
僕は外注さんへの依頼は

・テキスト化担当
・それを元に動画作成担当

の2方面で行っております。

なので、過去の動画用のテキストが
フォルダ内に大量にたまってるのです。

そこで新たに動画作成担当を募集し、
これを動画化していただきます。

同じテキストとはいえ、
全く違う人物が作成すれば
まったく同じ動画になることの方が難しいです。

これに、メインとは全くノリのちがうタイトルをつけ、
さらにBGMも今まで使ってなかったネタ元から
使用するようにします。

映像も異なり、BGMも異なり、タイトルも異なる動画は、
もはや全く新しい別の動画ですよね(笑)

そして場合によってはサムネイルとかのコンセプトを
変えたりします。
※これは必須ではありません。

もう一つ何かウリになる要素を

ここがキモでもあるのですが、
YouTubeって確かに完全コピーでも結構再生数稼げるんですよ。

これまでやってきた完全コピペ動画でそれは分かってるのですが、
そういうグレーな方式が潰れつつある現状において、
コピペに近い内容であったとしても何か付加価値を与えることで、
google的にも視聴者的にも良いものが出来ないかと思い、
何かメインチャンネルとの差別化を図ろうと思ったわけです。

そこで今回思いついたのが「音声読み上げ」です。

僕のメインのチャンネルは、
テキスト動画でありながら音声読み上げはやってませんでした。

理由としては「めんどくさい」からです。

今回ははなから外注化が前提ですし、
何よりメインの方が音声がなくてご不満という方に

「同系列で読み上げ音声有りの動画がありますよ」

という風に、オススメする大義名分みたいなのがありますからね。

音声読み上げだと色々と指示が面倒ですが、
やってみる価値は充分にあると思います。

というわけで後半につづきます。