LINE登録で次世代型YouTube集客の教科書をプレゼント

iMac2017メモリ増設!(8GB→24GB)YouTube専用マシンとして申し分のないスペックに進化しました

今回は、YouTubeビジネスの話は置いておいて・・・

iMacの動きが遅く、非常にイラつく毎日だったので
メモリ増設をしてみたお話です。

僕のiMacは2017年モデルで27インチ。

見た目はでっかくド派手で、しかもRetina 5Kディスプレイは
まあ綺麗なわけですよ。

正直、他のPCで作業する時の、
貧乏感が半端ないです。

世の中にiMacしかいらない・・・

ただ、この高解像度の画面が災いしてか、
旧マシンであるiMac2011 21インチモデルよりも
モッサリしてたのです(泣)

旧マシンは、メモリを12GBに盛ったとはいえ、
HDDモデルで、しかも9年以上前のマシン。

それなのに、新型iMacの方がモッサリしているという
悲しい事実に、一年近く目を背けていました。

ま、結論から言うと、
こんなのとっととやっておくべきだったと、
思いましたね。

モッサリに耐えたこの一年を返せと(笑)

1万円ちょい、作業時間たったの30分であっさりスーパマシンに
生まれ変わりました。

iMac2017対応のメモリ

iMac2017に対応したメモリの規格は以下となります。

PC3-14900 (DDR3-1866) SO.DIMM 260ピン

具体的に僕が買ったものはこちらになります。

シリコンパワー ノートPC用メモリDDR4-2400(PC4-19200) 8GB×2枚 260Pin 1.2V CL17 永久保証 SP016GBSFU240B22
https://a.r10.to/hbzX0b

iMacのメモリは後付けの方がよい理由

iMacはどのモデルも、
意地悪なことにメモリが8GBです。

実際に1年使ってみた率直な感想ですが、
8GBでは色々無理でした。

まあ、僕の場合、常に動画編集ソフトと
画像編集ソフトが立ち上がりっぱなしでしたので、
使い方によって印象も異なるとは思いますが。

なので、新規購入時にメモリも
盛大に盛っておくのがお薦めですが、
AppleのCTOオプションでの増設は
割高なのでやめておいた方がよいです。

16GB増設で22,000円もします。

僕の購入したやつが9,501円ですので、
倍以上持ってかれます・・・

メモリ増設手順

それでは実際にiMacにメモリを取付けてみましょう。

このようにIKEAのバスタオルを敷きます。

あくまで液晶保護のためなので、
IKEAじゃなくてもいいです。

こんな感じに本体を裏返しに伏せます。

いやー裏面も美しい!
ついでにたまった埃なども拭き取りましょう。

電源アダプターのところのボタンを
綿棒で押すと、メモリのカバーが外れます。

ここで注意事項を。

このボタンを押すのを、大抵の人は耳掻きでやろうとしますが、
一瞬で折れますからやめて下さい(笑)

マジで軽く押しただけなのに一瞬で折れました。

無事にカバーが外れたら、内部の左右にあるレバーを
矢印の方向(外側)に引っ張りながら引出します。

メモリスロットは1番と3番が埋まってます。

iMacのメモリは、デュアルチャネルといって、同じ規格・容量のメモリを
2枚挿す(2枚1組)ことによりCPUやメモリのデータ処理を高速化します。

ただ、メモリ自体は、このまま空いてるスロットに
交互にメモリを挿していけば問題なくデュアルチャネルになるようです。

メモリを付け足すだけなら、このまま挿入して下さい。

さてここで再度、注意事項が。

こちらは本当に大事な内容です。

メモリなのですが、静電気に弱いです。

最悪故障する可能性があるので、
まずは上着などを脱ぎ、半袖状態になります。

次にどこか金属に触れて、
身体に帯びた静電気を逃します。

そしてメモリ本体の金属部分には
絶対に触れないでください。

あとはカバーの裏蓋に表示された図と
同じ向きで差し込むだけです。

差し込むときに「ジョリッ」という
何かを削るような音がして
どきっとしましたが、それで問題ないようです。

しっかりと押し込んでください。

無事取り付けが済んだら後始末です。

レバーを押し込んでメモリスロットをしまい、
最後に蓋をするのですが、
正直これが一番大変でした。

まず、カバーを押し込む際、
取り出すときに押したボタンは
押す必要はありません。

カバーを上の方からはめて、
下の方をゆっくり押し込む感じです。

特に工夫はいらないのですが、
なかなか押し込めず、すごく不安でした。

無理に力を入れず、ゆっくり押し込めば、
やがて沈み込みますので
焦らず落ち着いてやりましょう。

動作確認

メモリ増設が完了したら、認識できているかを
確認しましょう。

画面左上にあるAppleマーク→「このMacについて」→「メモリ」のタブをクリック。

↑こんな感じに表示されてればOKです。

無事24GBのマシンに生まれ変わりました。

アクティビティモニタを見るとこの通り。
スワップ領域が0ですね。

それにしても、「使用済みメモリ」が7.52GBですから、
僕の使用状況ではデフォルトの8GBでは
キツかったわけです。

メモリ増設後の使用感

僕の場合、YouTubeに投稿する動画は
せいぜい10分程度、1280×720の解像度であることが
多いです。

使用ソフトはFinalCutProX。

それと画像編集ソフトである
Photoscapeを常に立ち上げっぱなしです。

あとはメーラーとかブラウザとかですね。

これであるなら24GBで十分です。

本当なら16GB×2でトータル40GBに
しようかと思ったのですが、
価格もそれなりに高くなりますし、
冷静に判断し8GB×2の増量でよかったと思います。

結論!
動画編集をそこそこやる人でも
24GBで大丈夫。

============

オカザキと申します。

僕は現在、家から一歩も出ることなく
YouTubeで収益を得てます。

もし仮に、月10万でもYouTubeから
安定収入が得られたら、
年収120万円アップということになりますので、
iMacやらMacbookやら、
わりと気軽に最新モデルが購入出来るようになります。

これは、動画の素人でも十分に実現できます。

事実、僕のクライアントには
50代や60代の方もいて、普通に月収50万とかを
YouTubeで稼いでいます。(顔出しなし)

そういったことを可能にする
やり方を無料で公開してますので、
興味あれば、ここから見てください↓

名前
メールアドレス

※GmailやYahoo!メールなどのPC用のアドレスを推奨します。

2 件のコメント

  • 私も8メガからメモリーを増設しました。YouTubeをやろうと思ったあとに、8+8を増設できたのは幸運でした。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です