YouTubeで稼ぐ手順:iMovieを使用した動画作成方法(Macユーザー向け)

名前
メールアドレス

※GmailやYahoo!メールなどのPC用のアドレスを推奨します。

今回はMacユーザーのための動画編集ソフトの使用方法の説明です。

最近はMacを使う人もずいぶん増えてきて、
駅前のスタバなんか、窓際のカウンター席がMacユーザーで埋まってて、
Appleストアかよってぐらいズラ~っとMacBookが並んでる光景を
よく目にします。

僕はiMacを使用しているのですが、
モバイルノートはWindowsマシンでいいかな・・・
さすがにあのMacBookの列には加わりたくない(笑)

で、これからMacでYouTubeを始めようという人であれば
動画編集ソフトは「iMovie」一択となります。

なぜなら、Macを買うともれなく無料でついてくるソフトだからです。

このiMovieというソフトですが、

映像編集はめちゃくちゃやりやすく
テキスト編集はめちゃくちゃ不便

という特徴を持っています。

本来ならMac専用のプロ向けソフトである
「FinalCutProX」が使い勝手もよく、
機能満載なので超絶的におすすめなのですが、
YouTubeアドセンスであれば、
ずっと無料のiMovieを使い続けるでも、まあ問題ないかな(笑)

実際にFinalCutProXを使う僕よりも、
iMovieを使う外注さんの方が質の高い動画を作っているという
悲しすぎる現実もあります(泣)

iMovieの使い方

では早速iMovieを起動してみましょう。

やたらとシンプルな画面が出てきますので
とりあえず「新規作成」をクリックですね。

まあ予告編を作るわけじゃないので、
「ムービー」をクリックしましょうか・・・

ここはとりあえず「OK」でいいです。

「iMovie Library」というのは、
iMovieで扱うデータの集まりの最大の単位で、
このライブラリの中に編集データ(プロジェクト)や素材が格納されています。

これがiMovieの基本画面です。

左上の↓マークのところにガンガン素材を放り込んで、
それを下のタイムラインに並べて、
右上の画面を見ながら編集する、というような流れです。

↓マークのところをクリックしてファイルを選択し取り込みます。

こんな感じの画面がポップアップしてくるので、
ファイルを選択して「選択した項目を読み込み」をクリックします。

※ちなみにBGM等の音声ファイルも一緒に取り込めます。
※また、作業中も「ファイル」メニューの「メディアの取り込み」から
いつでも素材を追加出来ます。

すると各ファイルのサムネイル画像が「マイメディア」として表示されます。

これらを下のスペースにドラッグ&ドロップで並べるだけで
動画が出来ていきます。もちろんドラッグ&ドロップで位置を入れ替えたり、
1つのクリップを分割したり、基本的なことはこのタイムラインと呼ばれる
細長い作業スペースで行います。

タイムライン上のクリップをクリックして選択すると、
右上のプレビュー画面でその画像を観ることが出来ます。

クリップの端っこをドラッグ&ドロップすると、
クリップの長さを調節出来ます。

ここから

こんな感じ

ちなみにiMovieでは、写真をタイムラインに配置すると
自動で画面がゆっくりスライドする効果が加えられます。

人間の視覚というのは、動いているものをまず認識するので、
文字の背景の画像のインパクトを与えるという意味では
非常にありがたい機能です。

ただ、画像を動かしたくない場合もあるかと思います。

その場合はタイムラインで対象のクリップを選択して、
プレビュー画面の上のへんな四角いマークをクリックし、
その下の「スタイル」という項目の中の
「kenBurns」を「フィット」に変更します。

これで画像が固定されます。

また、クリップの分割は、以下の手順で行います。

クリップの分割したい部分に矢印を当て右クリックします。
表示されたメニューの中から「クリップを分割」を選択します。

すると見て下さい!
見事に分割されています。
すでにふたつの独立したクリップになっていますので、
それぞれを順番を入れ替えたり
別のエフェクトを入れたり、自由にできます。

ちなみに、タイムライン上の画像には色々なエフェクトが加えられます。
プレビュー画面の上の丸がみっつ重なってるアイコンをクリックし、
「クリップフィルタ」というボタンを押すと、左側にエフェクト一覧が出てくるので
好きなものを選択します。これだけです。

まあ、エフェクトは僕はあまり使わないですが(笑)

 

一通り写真を並べ、ドラッグ&ドロップで位置の入れ替えなどを行っていただいたら、
次に文字を入れます。

画面上部にある「タイトル」をクリックします。

まずは動画の題名から行きましょう。
表示されたテキスト一覧の中から、適当なものをタイムラインにドラッグ&ドロップします。

タイムライン上のテキストのクリップを選択した状態で、
右上のプレビュー画面の「T」をクリックします。
そうすると画面上でも字が入力出来ます。

この画面上でフォントの種類や大きさ、色などを設定可能です。

ま、一例までにこんな感じです(笑)

ちなみにテキストクリップも引っ張ったり縮めたり
長さの調節が可能です。

続いてはテキスト動画のキモである
スクロールテキストを作成します。

このソフトではスクロール文字は実質1択です。

「エンドロール」ってやつです。
これだと文字が下から上に流れていきます。

これをクリップをまたがる感じに引っ張ります。

テキストクリップをタイムライン上で選択し、
プレビュー画面をみるとこんな感じです。

「タイトル」だの「名前」だの表示されてますが、
全選択された状態なので構わずテキストをコピペします。
※テキストはあらかじめテキストエディタなどで読みやすい形に
改行しておいて下さい。

こんな感じですね。
ちなみに白っぽい写真だったので、
字を読みやすくするために画像に「セピア」のエフェクトを適用しました。

ちなみに文字の縁取りは「T」マークをクリックした時の画面で指定します。

「縁取り」と「太字」はオンにしておいた方が無難です。

スクロールの速度ですが、参考までに
僕個人の場合、フォントサイズが80ptぐらいで
5分で1500文字ぐらいを目安にしてます。

ただ、これについてはご自身で色々調整してみて下さい。
とにかく視聴者のストレスにならないよう、
字が目立つか、速度が適切か、特に最初の頃は注意深くやって下さい。

この部分は視聴維持率にかなり関わってくるので
手を抜かないようにして下さい。

なお、iMovieでは、エンドロールを使った場合、
文字を「中央揃え」以外にすることが出来ません。

左寄せがいいと思っても、
元々の機能だけでは実現不可能なのです。
こういった所がiMovieの文字の編集しづらさになります…

ただ、左寄せのやり方がないわけではありません。
ちょっと裏技チックですが、
iMovieにおけるテキスト左寄せの方法については、
別の記事でお伝えします。

次は画面の切り替わり部分のエフェクトを入れます。
この、画面切り替えじのフェードとかの効果をトランジションと呼びます。

iMovieにはかなり多数のトランジションがありますので、
色々見てみて下さい。

適当なものをクリップとクリップの間にドラッグ&ドロップすると
適用されます。

この工程はテキストを入れる前に行ってもいいのですが、
個人的にはテキストを入れ終わって全体の尺が決まってからやってます。

次にあらかじめ取り込んであるBGMをタイムラインに適用します。
※画像の下の部分にドラッグします。

画像の後でBGMが鳴っているイメージですね。

音声クリップにはクリップの真ん中あたりに線が走ってます。
これを上下にすることでボリューム調整ができます。

下げると・・・

全体的に音が小さくなります。
波形データの赤や黄色があまり目立つようなら調整してください。

音声クリップ両端のこの部分をドラッグすると・・・

曲のフェードイン・フェードアウトができます。

これは結構便利な機能ですね。

これで全ての要素を配置し終わりました。
完成です!

次回は補足でスクロール文字の左寄せの方法を
お伝えいたします。

今回はここまで。
ありがとうございました。

名前
メールアドレス

※GmailやYahoo!メールなどのPC用のアドレスを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です