YouTubeアドセンスに最低限必要なIT基礎知識その②IPアドレスとLANについて

名前
メールアドレス

※GmailやYahoo!メールなどのPC用のアドレスを推奨します。

今回は、前回に引き続きIT基礎知識についてです。

IT基礎知識といっても、あくまでYouTubeアドセンスを実践する上で
困らない程度の知識となりますので、
相変わらずいい加減な感じでやってこうと思います。

とはいえ、このIPアドレスについては、
場合によってはかなり重要になりますので、
最低限、この記事の内容は知っておいた方がいいと思います。

IPアドレスとは

IPアドレスが何かというと、
パソコンやスマホなどに割り当てられた、
ネットワーク上の機器を識別するための数字の羅列です。

なんか、こんなような雰囲気の数字です。
例)192.168.1.1

あなたがこのブログを見ている機器が
パソコンなのかスマホなのかは分かりませんが、
すべての機器にこのような数字が割り振られています。

インターネットと漠然と言われても
イメージが湧きにくいかもしれませんが、
要するに世界中の沢山のパソコンがケーブルなり電波なりで
繋がったものがインターネットです。

今読まれているこのブログの文章も、
どこかにあるパソコン(サーバー)に格納されているデータに過ぎません。

もしあなたのマシンにIPアドレスが割り振られてなかったら、
サーバーからこの文章をあなたのマシンにとどけることが出来ないのです。

つまり、IPアドレスとはインターネット上での
住所のような役割を担っているのです。

この住所を元に、特定の機器へデータの送受信を行っているのです。

メールのやり取りもそうですが、
インターネットで様々なサイトを見る、という行為も、
結局はそのサイトが格納されてるサーバーから
自分のマシンへデータを転送しているに過ぎません。

ですので今、インターネットに接続出来ているということは、
あなたのマシンには間違いなくなんらかのIPアドレスが
割り振られているということになります。

LAN(ローカルエリアネットワーク)とは

LANという言葉を知っているとしたら、
あなたは間違いなくITエリートです。

LANの概念がわかれば、
少なくともYouTubeではOKです。

ていうか知らなくても本来は問題ないのですが・・・
知ってないと困るケースがあるのです。

パソコンは、大体がこのLANというものに所属してます。

「してねーよ!」

っていうかもしれませんが、してます(笑)

IPアドレスが数字の羅列だということは説明しましたが、
数字なだけに、数に限りがあります。(ケタが決まってますしね)

なので気軽にひとりひとりのマシンにIPアドレスを割り振ってたら、
世界中のPCに数字を割り当て切る前にアドレスが枯渇してしまいます。

なので、各ご家庭に一個、プロバイダーから仮に
IPアドレスを割り当ててもらいます。
あくまでも仮なので、アドレスが変わることもあります。

で、このIPアドレスは別のご家庭と重複してしまうと、
住所違いで間違ったところに情報が届いてしまいます。

なので世界でたったひとつの数字が割り当てられます。
これをグローバルIPアドレスといいます。

で、このグローバルIPアドレスがどこに割り振られるかというと、
あなたのそのパソコンではありません。

あなたの部屋の壁際にこんな機器がありませんか?

こいつです。
こいつがグローバルIPを持ってます。
いわゆるルーターってやつです。

このルーターが無線やLANケーブルを通して、
家で何台もインターネット接続が出来るよう
色々と仕事をしています。

こいつが具体的に何をやってるかというと、繋がった機器にたいして、
ルーターが独自にIPアドレスを割り当てて、
そのアドレスごとにインターネットからのデータを振り分けています。

こういうことをやらないと、
お父さんが見ている大人なサイトのデータが、
間違ってお子様のマシンに行ってしまったりして、
お子様に意図しない成長を促したりしてしまいます(笑)

インターネットに直接繋がったルーターに割り当てられてるのが
世界にひとつだけのIPアドレス。
これをグローバルIPアドレスといいます。

それに対し、ルーターが自分に繋がった機器にわりあてたIPアドレスを
プライベートIPアドレスといいます。

そして、このルーター以下のプライベートIPアドレスで繋がった仲間を
LAN(ローカルエリアネットワーク)といいます。

非常にわかりやすい図ですね(笑)

Googleが見ているもの

で、Google様が我々ユーザーをどのように識別しているかというと、
グローバルIPアドレスです。

何かきわどい動画をアップしてペナルティを食らった場合、
Google様はこのグローバルIPアドレスを見て、
「あ、この野郎、こないだパクリ動画をアップしてペナルティ食らわせたやつだ!」
と判断しているのです。

ですので、なんらかの理由でGoogle様の監視下から逃れたい場合、
同じLAN内の別のPCを使っても駄目ですし、
PCそのもののプライベートIPアドレスを変えても無駄です。

グローバルIPアドレスが変わる瞬間を狙うのがよさそうですが、
変更になるタイミングはプロバイダによって異なります。

ルーターの電源を一度切るという手もありますが、
確実にアドレスが変わるとも言い切れません。

そのため、ネットカフェからインターネット接続をするか、
スマホなどの回線を利用する、というのが正解です。

これを聞いてピンと人はアカウントBANされた経験のある人かな?(笑)

ピンとこない人も一応把握しておいてくださいね。

今回はここまで。
ありがとうございました。

名前
メールアドレス

※GmailやYahoo!メールなどのPC用のアドレスを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です