YouTube 「再利用されたコンテンツ」でアドセンス審査落ちした場合の対応策

最近、アドセンス審査突破とか
逆に収益化剥奪とか、色々と
YouTube側に動きがあります。

無事突破した人は良いですが、
審査に落とされた人は、それだけで
挫折に直結するレベルで
ショックを受ける方も少なくないでしょう。

アドセンス審査突破の条件は?

これ今、全世界の人々が知りたくてしかたない事項です。

僕はYouTubeの中の人ではないので
正解は言えませんが、
今現在、大体こんな感じ、というのは
お伝えすることが出来ます。

「差別」「暴力」「性的表現」などは
論外として、我々が一番気にすべき
「重複コンテンツ」について説明しましょう。

現在は「重複コンテンツ」が
「再利用されたコンテンツ」と、
YouTube側で表現を変えてます。

現在、YouTubeから「再利用されたコンテンツ」と
判断されてるポイントは

・音声

ソフトウェア音声がスパム扱いされる可能性があります。
また、精度は分かりませんが、音声から
テキスト化してコピペ判定という恐れもあります。

・文字

テキストがスクロールするやつは、
まずはコピペを疑われます(笑)

コメント欄や動画説明欄に
同じような文字が目立つとか、
他の動画のリンクばかり貼ってあるとかも
怪しまれます。

これからはテキストスクロールも
リライトする必要があります。

・画像

数枚の画像が切り替わるだけとかだと
やはり怪しまれると思います。

といった感じです。

で、それらのポイントで再利用判定されると
こんな通達が来ます。

赤線ひっぱったところを見る限り、
完全にテキスト系に的を絞って来てますよね(笑)

他人のスクロール動画の説明欄を見て

「侵害するつもりはないって
侵害してんじゃねえかw」

ってずっと思ってました(笑)

「再利用されたコンテンツ」だけでなく
「繰り返しの多いコンテンツ」
「教育的または他の価値もない
視聴回数を増やすだけが目的の大量生産コンテンツ。」

などといったご意見をいただくケースも
あります。

「再利用されたコンテンツ」等で審査落ちした場合

まずは、思いっきり落ち込みます。

ショックを受けてる自分を
素直に受け入れることが大事です。

負の感情も、一度は肯定して、
思いっきり出しきって下さい。

・・・
メンタル的なことはさておき(笑)

テクニック的なことでいうと、
チャンネル内の動画のどこがまずかったか
自分なりに仮説を立てます。

その上で
音声・テキスト・画像(映像)の
どれをどこまでオリジナルっぽくするか
(出来るか)決めます。

で、チャンネル内の再利用されてるっぽい動画を
全部削除して、
新規の動画を上げます。

めげずに次々と上げます。

以上です。

個人的には、技術のある人、
外注化する資金力のある人は
ハイクオリティ動画を作る方向で。

そうでない人は、
声出し、身体出し、撮影系、
ユーチューバーなどに進むのが
やりやすいと思います。

詳しいやり方はメルマガでもお伝えしていくので、
よろしければ登録してみて下さいね↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です