YouTube パーソナライズド広告の停止を発表!キッズチャンネル終了?

今回は、YouTubeの新たな規約変更についてです。

先日、「パーソナライズド広告」が
子供向けチャンネルに限って停止される
というアナウンスがYouTubeからあったようです。

具体的には、子供向けチャンネルの
広告収入が減らされるかも、
という内容になります。

というわけで、子供向けチャンネル以外には
今のところ影響ない話です。

パーソナライズド広告とは何か?

YouTubeにしろブログにしろ、
そこに広告が表示されてウザいなと
思うことがよくありますが、
あの広告、実はあなたに向けて最適化されてます。

仮にあなたが、育毛剤に興味津々だとして、
いつも育毛に関する広告やサイトを
クリックしまくってるとします。

すると、そのデータはGoogleに
ガンガンに漏れます。

そして、

「Hey!こいつは育毛したがってる奴だな?
じゃあ育毛の広告を載せまくってやれ!」

という風にGoogleから勝手に判断されて
あなたのウェブブラウザは
育毛剤の広告で埋め尽くされることになります。

スポンサーからしてみれば、
無作為に広告を打つのではなく
かなり絞られたターゲットに
自社の広告を見せることが出来るので
非常に効率的です。

Googleにしてみても、
このようにターゲットを絞った広告だと
広告費を高くすることが出来るので
とても都合がいいのです。

結果、我々のプライバシーは
奴ら支配階層に筒抜けというわけです。

余談ですが、amazonは
ユーザーが注文するであろう商品を予測し、
ドローンみたいなので勝手に出荷するという
特許を申請してるようです。

近い将来、ネットでエッチな下着を見て
「はあはあ」してたら、
ある日ドローンがエッチな下着を届けに来る
という恐ろしい未来が実現してしまうかも知れません。

賢明な皆さんは、
今のうちから言い訳を考えておきましょうね!

キッズチャンネルは終わりなの?

ここで気になるのが、
パーソナライズド広告が止められると、
収益化が0になるのか?
ということです。

これについては、
必ずしもそうはならないと思います。

パードナライズドじゃない広告については
今後も載せられるでしょう。

ただし、これまでと比べて
チャンネルから得られる収入は減ります。

キッズラインとか、ああいったチャンネルは
元々広告単価も低めと思われるので
かなり厳しい状況にはなると思います。

今回の規約変更の経緯について

YouTubeも無駄にユーザーを苦しめたいわけではなく、
結局のところ、外部からの圧力で、
こうせざるを得なかったというのが実情です。

アメリカには、「児童オンラインプライバシー保護法」
なるものがあるそうで、
13歳未満の子どもの個人情報を取得するには
親の同意が必要になるとのことです。

今回、YouTubeがこれに違反しているということで、
消費者団体やプライバシー擁護団体の苦情を受けて、
FTC(米連邦取引委員会)が動いた結果、
なんと日本円にして180億円の制裁金が
YouTubeに課せられたそうです。

いやー訴訟大国アメリカのことですし、
色々とどす黒い勢力が動いてるんだろうなあ・・・

恐ろしい・・・

180億っていうと
空対空ミサイル(サイドワインダー)
約900発分の軍事力になりますから・・・

いかにGoogleとはいえ、かなりの痛手でしょう。

密かにYouTubeの後釜を狙ってる
BuzzVideoのバイトダンス社も
裏でほくそ笑んでることでしょう(笑)

こんな過酷なプレッシャーを受けて、
Googleとしても反省の姿勢を見せないと
会社の存続もヤバいと判断し、
今回、このような体制変更を強いられたわけです。

ちなみにミサイル900発で敵機を倒すとなると、
アメリカのF35戦闘機が1機101億円らしいですから、
ライバルのロシア機がいくらか不明ですが、
101億×900分の影響力があるということです。
(計算してくださいw)

ロシア機は、もう少し安い気がしますが・・・(かっこいいなあ)

子供向けコンテンツって具体的にどんなの?

今回の措置に関して、
具体的な対象が知りたいですよね?

YouTube側のアナウンスによると
こんな感じです↓

  • コンテンツが子供向けに制作されたもの(子供向けコンテンツ)である場合、クリエイターは YouTube に申告する必要があります。YouTube では、明らかに子供向けである動画を特定するために機械学習も利用しています。以下を重要な要素としている場合、子供向けコンテンツとして認識されます。
    • 子供もしくは子供のキャラクター。
    • 人気の子供向け番組やアニメ キャラクター。
    • 子供のおもちゃを使用したお芝居や物語。
    • ごっこ遊びや創作遊びなど、子供が主役の一般的な遊び。
    • 子供向けの人気の歌、物語、詩。

YouTubeヘルプ

なんとなくは分かりますが、
一つ疑問なのは、ゲーム実況とかですよね。

「児童オンラインプライバシー保護法」だと
13歳未満が幼児との解釈ですが、
では13歳未満を対象としたゲームって、
具体的にそんな線引きってあるのでしょうか?

引用文にもあるように、これらに該当するチャンネルは
YouTubeに自己申告しないといけないようです。

一方で

「子供向け動画を特定するために機械学習も利用しています。」

と、脅しもかけて来てるので、
子供向けのゲーム実況をやってる方は
自己申告したものかどうか、
非常に悩ましいですよね・・・

申告なくバレたらペナルティが課されるのだろうか?

該当するチャンネルオーナーはどうすべきか?

これはもう、従うしかないでしょう。

裏道とか、そういうのはなさそうです。

なによりGoogleがガチで180億円
支払わないといけないところまで
追い込まれてますからね。

これはガチですよ。

というわけで、キッズチャンネルをお持ちの方は
今のうちに別の収入源を確立した方がよいです。

なんだかんだでまだ4ヶ月ありますからね。

それだけあれば、十分挽回できます。

その辺の詳しい戦略に興味ある方は
ぜひぜひメルマガ登録してくださいね↓

名前
メールアドレス

※GmailやYahoo!メールなどのPC用のアドレスを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です