YouTubeで稼ぐ人、稼げない人の違いは?

パナソニックを一代で築いた松下幸之助さんが、
面接の最後に「あなたは運がいいですか?」
と質問したのは有名な話です。

 

悪いと答えた人は即アウトということです。

 

ここから得られる教訓としては、

「運」がいいと自分で思えるということは、
過去に起こったこと全てを好材料と捉えることができる
つまりどんな事態に陥っても、
それを次の何かに活かす思考が備わっている。
だから成功したければ運がいいと思っていたほうがいい。

といったところでしょうか。

 

そうはいっても、人には持ち運というものが
確実に存在します。

正確にいうと「運の周期」とか「流れ」みたいな
ものでしょうか。

その人に独特のツキ方ってあると思うのです。

 

運の要素に左右されやすいギャンブルとか、
そういうのをやってる人は分かるんじゃないかな。

僕はギャンブルはやりませんが、
YouTubeなんかもそういう部分ってありますよ。

 

全く同じ内容を同じタイトルで
同じタイミングで別チャンネルに投げると、
なぜかものすごい再生数に開きが出ます。

同じジャンルで同じ時期に始めた人でも
初速に大きく違いが出るのは
そういう意味不明の再生数の開きとかが
関係していると思います。
※意味はgoogle的にはあるのかもしれませんが・・・

 

「初期にある程度の再生数に恵まれる」
というラッキーが無かった人からやめていく、
というのがYouTubeの挫折の仕組みなのです。

でも最終的には「量」が「運」を凌駕します。

あなたが諦めずに実践を続けていれば、
「量」が物を言い、必ずどこかでブレイクします。

それがYouTubeです。

なんかギャグ的な要素が思いつかず、
ダラダラと普通の教訓話っぽいことを書いてしまって
軽く後悔している裏Youtuberオカザキです。
よろしくお願いします!

ちなみに・・・

「YouTube系で稼ごう」系の情報商材が
色々と出回ってますが、
「結果を出したい」と思ってる人がまず意識しなければならないのは、
技術です。

「仮にあなたがYouTube実践初期に
運に恵まれなかった人でも
なんとかしてチャンネルを育てるための」
技術です。

恐らくそういった
個人によってケースバイケースの
ノウハウは、教材として固定するのは
難しいと思います。

僕が個別コンサルを行っているのは
そういう理由からですね。

 

名前
メールアドレス

※GmailやYahoo!メールなどのPC用のアドレスを推奨します。

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です