収益化を剥奪されたラジオ動画チャンネルが奇跡の復活!!!

突如、知り合いから、
収益を剥がされていたラジオ動画のチャンネルが、
アドセンス再審査を突破したとの連絡が来ました。

現在、ラジオ動画での収益化は難しい
というのが定説です。

なので、当人もまさか通るとは
思ってなかったみたいですが、
意外にも突破しちゃったので、驚きとともに
僕に教えてくれた次第です。

具体的には、広告を剥がされたラジオ動画に
オリジナルの動画を1本あげて再審査を申請したら
あっさりパスしてしまった、ということです。

今後また収益が剥がされる恐れはありますが、
結論としては、収益を剥奪された全てのチャンネルは、
再審査の依頼をガンガンに行った方がいい、ということです。

YouTubeにおけるラジオ動画とは?

かつてYouTubeで稼ぐ系で花形といってもいい
メジャーな手法に「ラジオ動画」というものが
ありました。

これは、ラジオ番組やポッドキャスト、
などの音声などをコピペして
そのままYouTubeにアップするという
極めて鬼畜な稼ぎ方です。

こんなのがまかり通ってたのが
かつてのYouTubeです。

羨ましいですね(笑)

ちなみにこんな感じです↓

ラジオ動画は今でも稼げるのか?

ダメです。稼げません。

いや、正確に言うと、稼いでるチャンネルは
存在します。

YouTubeラジオ動画で収益化に成功してるチャンネル発見!コピペ上等すぎる(笑)

ただこれ、たまたま生き残ってるだけだと思うので、
これから新規にこの方向を目指さない方がいいです。

※ラジオ動画のチャンネルを所持されてる方は
この手法なら収益化復活の可能性はあります。

さすがにここ最近は、
ラジオ動画の手法を薦めてる人はいません。

これまで、多くのラジオ動画チャンネルが
アカウントをBANされてきましたし、
今あるチャンネルも、かなりの数が
収益を外されております。

「ラジオ動画はやばい」

というのが今のYouTube界の
共通認識と言って良いでしょう。

そんな中で、ラジオ動画が奇跡の復活を遂げた、
というのが今回のお話です。

ラジオ動画収益化復活の経緯

該当のチャンネルですが、
登録者数は1万人を超えており、
かなり勢いがありました。

収益が剥奪されたのが2018年9月ぐらい。

動画投稿はそこまでで途切れてます。

このチャンネルに、2019年6月に
一本だけオリジナル動画をアップして
再審査の依頼を出したとのことです。

ちなみにこれまでのラジオ動画は
ほとんど削除も非公開もしてないそうです。

で、再審査の依頼をしたっきり忘れてたところ、
8月の29日に収益化復活の通知が
届いたと言う経緯です。

YouTube側はどのような判断なのか?

なんでラジオ動画がそのままで
収益が復活するの?

YouTubeは何考えてるの?

と、疑問は尽きません。

いったいYouTube側でどのような判断が
あったのでしょうか?

僕はYouTube側の人間ではないので
知ったこっちゃない・・・

と言うのが正直なところですが、
ヒントとしては再審査にパスするまでに
2ヶ月以上待たされてる、
と言う点が挙げられます。

AI判断であれば、数日で結果が出ると思います。

なので、このチャンネルの審査は、
中の人による目視にまわされた可能性が高いです。

今、ラジオ動画的な内容は、
YouTubeの収益を剥がすアルゴリズムに
引っかかるのでしょう。

そこから再審査の依頼が来た場合、
目視にまわされると予想されます。

AIにコピペかどうかとか、
細かい判断はできないので、
グレーなチャンネルについては
中の人が動画一つ一つをチェックします。

この場合、当然審査には時間がかかります。

結果として2ヶ月以上待たされて、
ようやくOKが出たという事だと思います。

目視は、最新の動画だけでなく
チャンネル内のすべての動画を見られますので、
オリジナルを一本上げたことは、
審査結果とあまり関係ないのかも知れません。

あるいは

「最新の動画がオリジナルである」

という条件が、重要である可能性もあります。

いずれにせよ、今回僕が言いたいのは、
収益を剥奪されてるチャンネルは、
ラジオ動画だろうがテキスト動画だろうが、
とりあえずオリジナルを一本上げて再審査を
依頼した方がいいということです。

大した手間ではないし、
理屈はともかく、結果こそが全てなので、
希望を捨てずにやみくもに行動すべきです。

より安全にYouTubeで稼ぐ方法を指南してます。
詳細はメルマガにて↓

名前
メールアドレス

※GmailやYahoo!メールなどのPC用のアドレスを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です