YouTube 収益化無効の人向け、アドセンス再審査突破方法

今、多くの方が、YouTubeの広告を外され、
困っています。

僕のコンサル生にもそういった人がいるので、
色々と作戦を立てて頑張ってます。

今回はそんなコンサル生の作戦を
シェアします。

お困りの方がいましたら、
取り入れてみて下さい。

収益化無効まつりについて

突然の規約変更などで
我々YouTubeプレイヤーを振り回すことで
有名なYouTubeですが、
2019年は本当に激動しまくってます。

いわゆる収益化無効というやつです。

これまで、YouTubeは何かあると
いきなりチャンネルBANという、
無慈悲な行為を行って来ました。

何らかの方針変更を行い、
何の説明もないまま
それにそぐわないチャンネルを
削除してしまうのです。

ところが2019年に入ってから
少し違うパターンが散見されるように
なってきました。

これが収益化無効というやつです。

特徴としては

・突如、広告が表示されなくなる
・チャンネル自体は存続する
・復活のチャンスが与えられる
・大手チャンネルも対象とされる
・過去の動画も審査対象になる

といった点が挙げられます。

チャンネルは存続し、広告のみ
剥がされるということなので、
ペナルティとは少し違うのです。

YouTube側で、広告を載せるのに
適していないけど、
動画としては別に問題があるわけではない、
という判断を下しているのだと思います。

「再利用されたコンテンツ」と「繰り返しの多いコンテンツ」

また、今回のケースでは、上の図のように
YouTube側がかなりわかりやすく
広告剥がしの理由を明記してます。

これを見る限り、
テキストスクロール動画のように、
手法や表現としては必ずしも悪ではないけど、
なんかものすごくパクりっぽい印象を受けるし、
恐らくパクってるんだろうけど、出典を調べるのも
骨が折れるし・・・

的な動画から、とりあえず広告を剥がすことで、
より健全なチャンネルを評価しよう、
というYouTube側の判断だと思います。

どんな動画が広告剥がしの対象なのか?

まずは「ゆっくり動画」と呼ばれるジャンルが
ターゲットにされました。

その後テキスト動画なども次々と広告を剥がされるように
なってきました。

当初は、
「ついにコピペのスクロール動画が
狩られ始めたか!」
と思われましたが、やがて
音声をターゲットにしていることが
判明して来ました。

実際に現時点で上の図のように
YouTubeから「ナレーションなしの動画」
がダメと明言されてますが、
「人間の声のナレーションがない
テキスト動画が広告剥がしの対象になっている」
という説が浮上してきたのです。

さらなるYouTube側の仕様変更で・・・

ここまでの情報で、人間の声を入れていけば
アドセンス的にはセーフなんだという確信があり、
しばらくは「テキストスクロール」と
「ハイクオリティ動画」のハイローミックス戦術を
推奨して来ました。

全ての動画にナレーションを入れ、
手間のかかる「ハイクオリティ動画」と
簡単に作成できる「テキストスクロール」で
質と量を確保するやり方です。

ところが、YouTubeが追い打ちをかけるように
AIの仕様変更を行って来ました(多分)。

で、「テキストスクロール動画」が
減点の対象となりました。

ナレーションを入れてても
「テキストスクロール動画」がある程度
チャンネル内に存在すると、
マイナスポイントとなって広告を剥がされるように
なったのです。

テキストスクロールは悪なのか?

僕が底辺から浮上するきっかけとなったのは
「テキストスクロール動画」です。

にも関わらず、当時から今に至るまで、
こんな動画の何がいいのかイマイチよく
わかりません(笑)

ところがですね、意外と需要があるんですよ。

高齢者の方を中心に、
テキストがだーって流れる動画を
見る層がいるんですよね。

しかも、ちゃんと内容に対して
コメントを入れてくれたりするんです。

これだけまとまった需要があるんだから、
僕としては、
「テキストスクロール動画のどこが悪いんだ!」
と言いたい気持ちで一杯です。

ああ、よかったなあ・・・あの頃は(遠い目)

一方で、そんなんじゃなく、
ちゃんとした動画が見たいっていう層も
当然多数いるわけです。

彼らに言わせれば、
「テキスト動画なんて邪魔なだけだし、ブログでやれ!」
ということでしょう。

それはそれで真っ当な意見です。

ただ、経済的に困窮してたり、
色々と追い詰められてる人が、
何のスキルもない状態で人生を
変えることの出来る手段だったんです。

確かにシステムの隙間をついた
グレーな手法かもしれないですが、
よりよい人生を送るために
必死に頑張った人たちがいるんです。

感情論ではありますが
僕は犯罪でない限り、
一時的なズルい手法に手を染めてでも
自分の人生を良いものに変えたい、
という人の気持ちはアリだと思います。

正論ばっか言う人の何倍も人間臭くて、
僕は嫌いじゃありません。

なので、今回収益が無効になってしまった方を
応援したい気持ちが強くあります。

というわけで、現在の再審査に向けての
取り組みを紹介します。

アドセンス再審査のための2つの戦術

1・チャンネル内にスクロール動画がそんなにない場合

現在、「テキストスクロール動画」がチャンネル内に
存在するのはヤバい状況です。

ですので、「テキストスクロール動画」を全削除して、
人間のナレーション入りの「ハイクオリティ動画」を
アップして下さい。

ちなみに非表示ではYouTube側からはチェック出来てしまうので、
「テキストスクロール動画」は必ず削除して下さい。

新規であげる動画は、
【閲覧注意】とかの定型的な文言を
タイトルに入れないで下さい。

重複と判断される可能性があります。

同様に、画面の動きが極端に少ないものも
注意が必要です。

何かしら変化のある動画を混ぜる方が安全です。

同様にBGMの使い回しも危険です。

曲数を増やして変化をつけましょう。

フリーの動画素材なども活用して、
動画っぽさをアピールすれば完璧です。

1・チャンンル内に多数のスクロール動画がある場合

いかに登録者数が多くても、
再生数を稼いでる動画を全部削除してしまうと
そのチャンネルはかなりのダメージを受けます。

いくらそれでクリーンな状況になったとしても、
新規動画へのアクセスが激減すれば
収益を得ることが出来ません。

それでは本末転倒なので、
少し長期的に取り組む必要があります。

まずは新規チャンネルを立ち上げて、
そこに旧チャンネルと全く同じジャンルで
なおかつアドセンス的にOKな動画をアップして下さい。

そして、旧チャンネルから新規チャンネルへ
アクセスを流しまくります。

これまでのチャンネルを集客用とわりきって
使用するわけですね。

今、その作戦でアドセンス再取得を目論んでる
コンサル生がいますが、
新規チャンネルの方はわずか13動画で
すでに登録者100人を超えてます。

まあ、2ヶ月以内にはアドセンス審査の
条件をクリアすると思いますよ。

収益を外されたチャンネルへのアクセスは
全然衰えてません。

こんな集客装置を持っているだけで、
新規参入者に対してものすごいアドバンテージが
あります。

今、頑張り時ですよ。

今あきらめず継続すれば、これまで以上の莫大な資産を
ネット上に構築することが可能です。

大変かと思いますが、頑張りましょう!

アドセンス再審査や最新のYouTube情報をお届けする
メルマガ登録はこちらから↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です