YouTube次世代型SEO対策

オカザキです。

今回はYouTubeにおける次世代型SEO対策についてです。

結論から言いましょう。

これまでYouTubeで有効とされてきた
小手先のSEO対策は全て効果がないと判明しました(笑)

「おいおい、マニュアルで説明してたことは
何だったんだ!」

とお怒りになるかも知れませんが、
ここは少し怒りを抑えていただきたい。

今からお伝えする内容は、
僕がこの一年間、YouTubeで戦ってきた実感と、
噂から推察した仮説に過ぎません。

ですので、当面は表立ってこの情報は発信しません。

今、このサイトを見れる方のみの情報ですので
他言無用でお願いします。

関連動画対策の終わり

・動画説明欄にライバルチャンネルのURLを貼り付ける
・タグにライバルチャンネルのキーワードやチャンネルIDを貼り付ける
・ライバルチャンネルの動画を含めた再生リストを作る
・動画タイトル末尾に自分のチャンネル名を入れる

他にまだありましたっけ?(笑)

実感として、僕がYouTubeをやり始めた頃は
多少効果があった気がするんですよ。

…タグはすでに終わってたかな?

関連動画対策は結構有効でしたね。

そして、YouTubeの視聴者の流入パターンの
ほとんどが関連動画からなので、
YouTubeSEO=関連動画対策
と極論してもいい時代がしばらくは存在したのです。

しかし、ここ最近はダメですね・・・

全く効果がないとも言い切れないのですが、
状況を変えるほどの威力はすでに失われています。

そして、実践者からも
「関連動画対策が全然うまく行きません」
と言った情報がよく届きます。

いや、徹底的にデータを取って調べれば、
効果がないことはないんですよ。

ただ、状況を一変させるような
劇的な効果は、今はあまり期待出来ません。

「これって労力に見合わないんじゃね?」
と僕も思うようになり、
だんだんと手を抜くようになりました。

いやーよかったですね!
おめでとうございます!!!!

ここで大半の実践者は
「YouTubeは終わった・・・」
といって撤退します。

そんな状況でもあきらめ切れないあなたは
非常にラッキーですよ。

新しい状況に適用出来る人間だけ
ガンガンに稼げるのがこれからのYouTubeです。

そして「新しい状況」とはつまり、
「新しいSEO対策」のことになります。

重要な章なのでよく読んで下さいね。

次世代型YouTubeSEO対策とは?

Googleが人工知能(AI)の研究に
莫大な投資をしているのは周知の事実です。

そして、GoogleはすでにAIを
YouTubeチャンネルの評価に投入してます。

BAN祭りなどと呼ばれ恐れられた
YouTubeチャンネルの一斉削除ですが、
AIが投入された結果の大惨事だったのです。

イメージとしては「ターミネーター2」で
雰囲気はクールだけどグニャグニャ変形するアイツが
罪もない人々を処理しまくる感じですかね?

YouTubeの「コミュニティガイドライン施行報告書」
によると、
AIがレビューし、不適切と判断された動画は
公開が停止されたそうです。

https://www.excite.co.jp/News/it_g/20180425/Engadget_youtube-ai-830-2017-4.html

YouTube側でも、「不服があったら
チャンネル復活の申請をしろ」と言って来てますが、
そういったユーザーとのやりとりがフィードバックされて
現時点ではだいぶAIの精度が高まってると思われます。

すでにAIが投入されているのは事実ですので、
もはや説明欄にライバルチャンネルのURLを貼るとかの
アルゴリズムを欺くやり方は
通用しなくなってきているのではないでしょうか。

むしろやり過ぎると
「こいつスパムくせえ」
とAIに判断されかねません。

「関連動画対策をやらない」
というのが最大の関連動画対策と
言えるかも知れません。

また、ネットビジネスの世界では
「YouTubeで稼ごう」系の商材は
今では非常にメジャーな存在です。

ここまでメジャーになったものを、
一般人ならともかくYouTubeの中の人が
見逃すでしょうか?

動画説明欄に「YouTubeで稼ごう」系を
ガンガンに貼り付ける人がいましたしね。

撮影なし、顔出しなし、
素人でもコピペで稼げる系の手法は
おそらくYouTube側に完全に把握されてると思って
間違いないのではないでしょうか。

「はいはい、これはあの商材の手法ねw」

とか、オペレーターに思われてたらと思うと
ゾッとしますよね(笑)

このことからも、
従来型の関連動画対策はNGぐらいに
考えた方がいいと思います。

ただ、前向きに考えると、
そのような状況にあっても、テキスト動画は
まだ生かされているということになります。

事実、ここ最近アドセンス審査を通ったとか、
ガツンと売上が上がったなどという
テキスト動画チャンネルが結構あります。

要するにYouTubeは特定の手法そのものを締め出すつもりは
なさそうだ、ということです。

視聴維持率やグッド評価などは、
チャンネル評価の要素にはなりますが、
「テキスト動画」だから違反だと言うのは
確かに問題ありますよね。

YouTubeは動画を見ることが出来ない

さてさて、従来型のSEOがダメっぽいことは
ご理解いただけたと思います。

なら今後はどうすればいいのかっていう話ですよね。

ここでまず知っておいて欲しいのが、
「YouTubeはあなたの動画そのものを見て、
おもしれーとかつまんねーとか判断することが
出来ない」
ということです。

システムですから。
そんなことはわからないわけですよ。

もちろん目視している中の人は
内容を見れますが、
ある程度のところまでは中身を見て判断することが
出来ないシステムが、あなたの動画を
評価しているということです。

では、やつらはどうやって
あなたの動画を判断しているのでしょう?

ここで
「YouTubeランキングファクター」
の登場となります。

「YouTubeランキングファクター」っていうのは、
Googleのアルゴリズムが動画の何を評価するのか、
ということの一般的な見解ですね。

たとえば動画のグッド評価の数が多ければ
「これは面白い動画なんだな」
とシステムが判断出来るじゃないですか。

そういった判断基準と思われる15の要素を
ピックアップしたのが
「YouTubeランキングファクター」です。

この基準に沿って動画を作れば
YouTubeから高評価が得られる
ということです。

15個の基準って、わりと一般論的なことを言ってます。
裏技感ゼロですね(笑)

ただ、これが今YouTubeがチャンスである
最大の理由です。

国内YouTubeアドセンスの
これまでの主流は、コピペと
アルゴリズムを欺くタイプのSEOだったんですよ。

それがここへきて通用しなくなったんで、
大多数の人はYouTubeをやめちゃってるんですね。

で、今後はランキングファクターで言われてる
正論みたいなのしか通用しなくなって、
みんな真面目にYouTubeをやるようになるのです。

今、その過渡期なんですよ。

そのうち飽和して大変になると思いますが、
まだまだ市場はがら空きなんですね。

今、真面目にやっとけば、バカ勝ち出来ます。

解説!YouTubeランキングファクター

では早速「YouTubeランキングファクター」について説明します。

まずYouTubeで勝つために必要な要素として

ディスカバラビリティ (発見されやすさ)
ランキングファクター (ランクづけ)

上記2つの概念が挙げられます。

ガンガンにディスカバラビリティが上がった
動画orチャンネルがガンガンに視聴者に発見されまくって
ガンガンに稼げるということですね。

で、ディスカバラビリティを高めるために
ランキングファクターを意識した
動画を作ることが必要となってくるのです。

ランキングファクターとは、
基本は以下の15項目になります。

1・タイトル
2・説明文
3・タグ
4・被リンク
5・視聴時間
6・再生回数
7・グッドとバッドの数
8・ビデオの埋め込み数
9・シェアされた回数
10・再生リスト
11・チャンネル登録数
12・チャンネルキーワード
13・コメント
14・ポリシー(ルール)に則っているか
15・カテゴリ

それでは項目ごとに細かく見ていきましょう。

タイトル

ディスカバラビリティという観点から見ると
やはりタイトルが一番大事です。

検索されそうなキーワードを
出来るだけ多くタイトルの冒頭に配置して下さい。

YouTubeやGoogleの検索で重要なのは
タイトルの最初の 10 文字です。

ここにメインとなるキーワードを
必ず入れて下さい。

また、キーワードは単体でなく
必ず複合キーワードにして下さい。

ただし、同じ言葉を複数使ってしまうと
スパムっぽくなるのでやめましょう。

また、これが難しいのですが、
キーワードをなるべく先頭に含めつつ
ちゃんと視聴者の興味を引くことが大事です。

これはもう、日々悩むしか上達の手段はないです。

【衝撃】とか【閲覧注意】とかを入れろとか、
結論をボカして見たい気にさせろとか、
色々言われてますし、その通りだと思いますが、
どれか一つの要素でバカ勝ちとかはないです。

地道に日々、試行錯誤しましょう。

タイトルライティングについては
別途動画等で解説しますね。

説明文

YouTube側が

「解説に多くの記載があればあるほど、
検索者から発見されるチャンスが増加する」

と言ってますので、
その動画の説明をたくさん書きましょう。

動画作成用のテキストファイルから加工して
ピックアップしてもよいです。

ただし、ここでもキーワードが
不自然に重複しすぎないように気をつけて下さい。

スパムチックに見られてしまいますから。

Twitterやブログ等を連動させてる人は、
それらのアカウントは記載して良いと思います。

あとはチャンネル登録を促す文言ですね。

説明文は頭の3行のみ、
デフォルトで表示されてますので
この部分が特に重要になります。

僕はここに登録を促す文言と
「sub_confirmation=1」を入れてます。
これ↑についての詳しい内容はこちら

で、こんな感じで僕の場合はやってます!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
お気に召しましたらチャンネル登録お願いします!
チャンネルIDsub_confirmation=1

動画の説明文

【関連動画】
自チャンネルの動画×3のタイトルとURL

【再生リスト】

【Twitter】

【著作権絡みの記載】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ただ、最初の3行には登録を促す文言よりも
動画の概要を入れたほうが
SEO的に効果的との見方もあります。

確かに動画再生ページの登録ボタンは
かなりわかりやすいですし、
視聴者もいい加減知ってると思うので、
その方がいいかな、と思います。

そうするかな(笑)

タグ

タグというのは、なんというか、
主にチャンネルの方向性を決めるものだと思います。

チャンネルIDとチャンネル名、あとは3つ程度、
「このチャンネルのカテゴリーはこれですよ」
とYouTube側に伝える意味合いで、
ほぼ決め打ちでいいと思います。

モデリング先のチャンネルと同じのを
使いましょう。

ライバルチャンネルのタグの調べ方はこちら

ただ、動画単体でキャッチーなキーワードがあれば、
そういうのはぜひ盛り込んで下さい。

その際、キーワード単体ではなく
複合キーワードを使ったほうが、
よりよいです。

複合キーワードの間に
スペースを入れる感じです。

「ガンダム」

とするより、

「ガンダム seed」
「ガンダム oo」
「ガンダム ビルドファイターズ」

とする感じですね。

注意点としては、タグを10個以上つけると
スパム扱いされる可能性があるので、
付け過ぎは止めて下さい。

被リンク

自分のチャンネルや動画に被リンクがあれば
ブログと同じくSEO的に強くなると思われます。

※被リンクとは、他サイトや他のページから
リンクを張ってもらうことです。

被リンクにはキーワードのランクを挙げるという
効果があるとされています。

例えばあなたのチャンネルの動画で、
「ガンダム」というキーワードのランクを
上げたい場合、
あなたのブログやSNEなどに
「ガンダム」というテキストでチャンネル動画への
リンクを貼ってあげる、というやり方になります。

これはブログとYouTubeを連動させて
情報発信してる方に向いてるやり方ですね。

ただ、あまり自作自演でリンクを貼りすぎると
ブログ同様Googleから評価を下げられる
可能性があるので注意が必要です。

視聴時間

これ、ものすごく大事です。

YouTubeが最も評価している項目の一つですね。

テキスト動画だとどうしても
視聴者の途中離脱率が高くなりがちですが、
そこはテキストのスクロールスピードや
文字サイズなどを調整して少しでも見やすくするとか、
スライドショーの画質や枚数を増やすなど、
最初は地味なこころがけで。

やがては電撃ランキングチックな動画にするとか、
ハイクオリティ路線に進むのも良いと思います。

ただ、収益化出来るまではテキスト動画の範囲内で
地味にやるのが良いと思われます。

再生回数

現状は視聴時間の方を
YouTubeは重要視しておりますが、
依然として重要な要素であることは
間違いありません。

何しろ動画のすぐ下に出てるから
インパクトありますしね。

とっかかりはまず再生回数を
稼いでいこうということになります。

そして、ここで一番大切な要素は、
動画を「発見」されて「クリック」されることです。

発見されるために適切な複合キーワードで
タイトルを作り、
クリックされるためにインパクトのある
サムネイルを作る必要があるのです。

YouTubeの戦いとは、
ほぼこれに集約されます。

タイトルとサムネイルのみの戦いです。

内容については、初期の段階では
全く気にしなくてよいです。

あなたの趣味趣向と
視聴者一人一人の好みというのは、
あなたの予想を遥かに超えて違います。

だからあなたの判断で動画の面白さや
クオリティをコントロールしなくて
良いのです。

ただ、文字の読みやすさとか、
写真の枚数とか、
そういう最低限の視聴しやすさ(ユーザビリティ)
には気を使って下さい。

また、注意しなければならないのが、
動画数のわりに再生数が少ないと、
スパム扱いされて、チャンネル削除の危険性がある
ということです。

削除祭りの際、これが原因でBANされた
チャンネルが数多く存在するようです。

ですので、現在は動画の無謀な大量生産は
推奨しておりません。

1チャンネルにつき1日2〜3本程度で
良いと思われます。

もし「もっとやれるのに・・・」とか思ってる
ガッツのある方がいたら、
そのガッツを動画のクオリティに向けて下さい。

グッドとバッドの数

これ、何気に注意が必要です。

というのも、グッドに対してバッド評価が多すぎると
これも削除の対象になる可能性が・・・
どうやらあるようなのです。

これまでは、グッドだろうがバッドだろうが、
視聴者からのリアクションがあればOK
というスタンスでしたが、
今後は少しバッド評価を警戒した方が良さそうです。

傾向として、誹謗中傷的な内容の動画だと
再生数は伸びやすい反面バッド評価がつきやすく、
好意的な内容だと再生数が伸びづらい反面、
バッド評価が付きづらいという傾向にあります。

攻めでいくか守りでいくか、
その時のチャンネルの状況によって
判断していく感じですね。

ビデオの埋め込み数

被リンクと違いがよくわかりません(笑)

ブログやSNSに動画を埋め込む
ということですね。

多ければ多いほど動画の評価が高まりますが、
これも自分ではコントロールしづらい部分ですね。

シェアされた回数

YouTubeにもシェア機能があります。

これを使って動画をシェアされると
その動画の評価が上がります。

注意点として、やみくもにURLをコピペしては
だめです。

YouTubeのシェア機能を使わないと回数に
入れてもらえません。

YouTubeのシェア機能とはこれのことです↓

とはいえ・・・
これはあまり気にしなくて良い要素かもしれません。

顔出しとか撮影系でファンとかが
つきやすいジャンルの場合には有効かもしれませんが、
テキスト動画でやっても正直効果は薄いかなと思います。

ある程度シェアはされますけどね(笑)

エンドカードとかで
「シェアお願いします」とか
呼びかけるテンプレがあればいいかなと思います。

再生リスト

これの効果を理屈の上で説明すると、
以下のようになります。

検索対象になる

再生リストもタイトルをつけることが
可能となってます。

そのため、再生リストのタイトルが
検索結果にも反映されるのです。

関連動画に表示される

お気づきの方もいると思いますが、
関連動画って動画だけでなく、
再生リストも表示されます。

関連動画に乗るチャンスが増えれば
それだけ再生されるチャンスも
増えます。

他人の動画も追加できる

再生リストの中には他人の動画も
追加することができるのです。

ということは、
虎の威を借る狐じゃないですが
人気動画の力を
借りることができるのです。

再生リストの中に
自分の動画とモデリング先の
動画を混在させるのです。

これは関連動画対策にもなります。

以上です。

作り方は簡単なので、
たまに作っておくといいかもです。

チャンネル登録数

あなたがYouTubeを実践する際には
まずはチャンネル登録者を増やすことを
直接的な目標にして下さい。

ちゃんねる登録者数=あなたの動画のファンの数

といってもいいくらい、重要な数字です。

そもそも収益化の条件である
登録者数が1000人というのもありますし、
登録者のYouTube画面には
あなたの動画がアップされると
サムネイル表示されますからね。

SEO対策とか一切関係なしに
ガンガンに視聴者を呼び込むことが
出来るのです。

これが何を意味するのかというと、
登録者数がある一定の数を超えると、
タイトルやサムネもある程度適当でも
良いということです。

つまり、外注さんにかなりの部分を
丸投げしても問題ないということです。

チャンネル登録者を増やす方法については
こちら

チャンネルキーワード

まあ、これはチャンネル全体の
キーワードですね。

タグとかと一緒で
SEO対策というより
チャンネルの方向性をYouTube側に
教えてあげる役割があります。

そのため、
きちんと設定する必要があります。

コメント

GoogleとしてはYouTubeを
SNS化したいと思ってますから、
コメント欄に色々書き込まれるようになると
当然動画の評価を上げてきます。

これは予想外に効果がでかく、
僕が初めて収益化させたチャンネルは、
コメントにマメにリアクションし出してから
急激に伸び始めた記憶があります。

多少のネガティブなコメントも
気にせずに許可していきましょう。

ポリシー(ルール)に則っているか

言うまでもなくガイドラインを
しっかりチェックした上で
臨んで下さい。

カテゴリ

チャンネルキーワードと同じく
チャンネルの方向性をYouTubeが
判断するための物ですね。

まとめ

以上がYouTubeSEOで意識すべき点です。

YouTubeはあなたの動画そのもの
を見ることが出来ません。

なのでかわりに「ランキングファクター」
のような数値データを見て、
有益なチャンネルかそうでないのかを判断するのです。

YouTube側の目線に立って
日々動画をアップするために
「ランキングファクター」は意識するように
して下さい。

最後までお読みいただきありがとうございました!!!