LINE登録で次世代型YouTube集客の教科書をプレゼント

Youtube:外注の超具体例

今回は僕がどんな感じに外注を利用しているかの
具体的なお話です。

念のため言っておきますが、
これはあくまで一例であって、正解ではありません。

通常、何かのノウハウを書く時は、
「絶対にこの通りにやって下さい」
という気持ちで書くことが多いですが、
今回のはそうではありません。

外注化と言っても
応募していただく人がいてこそなので、
応募者に合わせてケースバイケースで
対応しなければならない場面も多いと思います。

とはいえ、外注に何かを依頼したことがない人は
イメージしづらい部分もあると思うので
参考にしていただければ幸いです。

オカザキはどのグラウドソーシングを使っているか?

僕は以下の2つのサイトを使ってます。

シュフティ

クラウドワークス

深い理由があってこの2つを
利用している訳ではありません。

ただ、依頼を出すのに余計な審査を
必要とせず、募集したらかなり反応が良かったので、
他を当たる必要がなかったのです。

今にして思うと多少後悔の念があります。

シュフティ一本に絞っておけばよかった・・・
ていうか今からでも絞るか?

と思ってます。

何が違うのかというと、システム使用料です。

シュフティとクラウドワークスのシステム使用料の違い

システム使用料とは文字通り
システムを使用する料金です。

実際に外注さんを見つけて仕事を依頼する場合、
外注さんに払う報酬の一部を、システム使用料として
シュフティなりクラウドワークスが持っていくのです。

仲介手数料みたいなものですね。

これの額がシュフティの方が安いのです。

まずはシュフティから

 

システム利用料が10%になっています。

これに対しクラウドワークスは

なんと10万円以下の場合は契約金額の20%!!

シュフティの2倍です!!

まあ、一気に20万とか依頼する人であれば
5%と安いですが、そんなことが出来る余裕があれば
裏ユーチューバーなんぞ目指しませんよね(笑)

なので、今から外注化をする人は、
シュフティ一本でいいような気がします。

※ちなみにランサーズも20%です。
標準的にはそのくらいなんでしょうかね。

なぜクラウドワークスを使用しているのか?

実はシュフティは映像・動画関連の依頼が少ないです。

依頼する時に、参考にする募集があまりにも少なかったので、
クラウドワークスを参考にしたところ、
こちらは結構YouTube動画の依頼がアップされてました。

募集が少ないのであれば、
応募者も少ないだろうということで
そのままクラウドワークスに移行しました。
※システム使用料の違いにはまだ気づかずに(笑)

動画に関しては、クラウドワークスだけで
余裕で人員が集まります。

深夜依頼をかけて、その日の午前中までに
人員が揃わないことはなかったですね。

お薦めするやり方としては、
シュフティに依頼をかけて、
ダメならクラウドワークスへ移行。

後日、外注さんへシュフティへの移行を提案。

スキルアップによる昇給のタイミングとかがベストです。

お互いに取り分が増える、という点を強調して下さい。

ただ、サイト内のメッセージのやりとりというのは
運営側が普通に見れますので、
そういう他サイトへの誘導はメールやチャットワークなど、
システムの外でやりましょう。

外注さんへの具体的な依頼内容

僕の場合、外注さんは
大きく2つのグループに分かれます。

1・テキスト化部隊

ライバルチャンネルや各種SNS、ブログなどから、
テキストネタを引っ張ってきて簡単なリライトと
スクロール用に改行をしていただきます。

2・動画部隊

テキスト化部隊が上げてきたテキストを
動画化してサムネイル付きでチャンネルにアップします。

元々ちょい稼げるようになってきた時に、
テキスト化が面倒くさいので、これを外注化したのです。

ですので、この部隊は最初からずーっと
シュフティです。

で、動画部隊は今のところ全部クラウドワークスです。

それぞれ、個々のスキルや信頼度によって
報酬額が違うので、
チャットワークなどで全員との情報の共有はしてません。

基本的に外注さんと僕の1対1の関係です。

 

報酬額はどのくらい?

 

シュフティ側がテキスト化部隊になりまして、
一律で1ファイル200円。

10〜20単位で依頼してます。

このセクションがほぼ北米在住の主婦ですが、
その情報はどうでもいいか(笑)

クラウドワークス側、動画作成部隊は
経験値によって2段階あります。

「神レベル」と「新人&中堅」です。

いずれも動画+サムネイルをセットで依頼します。

神レベル

30動画単位で12960円で依頼。

クラウドワークスのシステム使用料が20%なので、
これで外注さんの手取りが30本で1万円。

単価が1本333円ということになります。

多分、YouTube系の仕事の中でも
破格だと思います。

200円台は結構いるけど
300円台はあまり見たことがないです。

「神レベル」の方々には
オープニング映像を作ってもらったり
新規チャンネルの雛形を作ってもらったりとか
色々やってもらってます。

新人&中堅

34動画単位で10800円で依頼。

外注さんの手取りが8640円なので、
単価が1本254円になります。

34と、中途半端な額なのは、
手取り報酬から逆算した結果です。

動画制作を、平均して15分と考え、
時給で1000円を切るのは
ちょっとどうかなと思い、
そのへんをボーダーラインにしました。

以上が僕の例ですが・・・

さすがにここまで高い報酬にすると
離脱というものが一切起こりません。

みなさんと相当に良好な関係でやってますし、
新人を次々と雇っては教育、
という手間がかかりません。

一本の動画で500円前後ですから、
一日一本上げて、1ヶ月で15000円。

月収15000円を越えれば十分元がとれます。

僕は収益が出てから一貫して
この金額でやってますね。
※最初の1ヶ月はテキストだけ依頼

普通は
「こんなに安く外注さんを使ってますよ!」
と自慢したいところですが、
僕はまったく逆です。

どうしても性格的に
時給1000円以下の仕事なんか
お願いしたくなくて・・・

お子様がいる主婦の方とか
それでなくても日々大変なので・・・

ただ、普通は動画一本150円ぐらいに
設定しておけば、人は集まります。

最初は安めにしておいて
徐々にあげていく方が無難です。

テキスト100円+動画150円。

このくらいで行ける気がします。

その他色々

募集をかけるコツ

募集をする際のコツとしては、
募集期間を短めに設定して、
応募が来るまで毎日新規依頼を上げ直すこと。

どのサイトでも新しく上がった依頼の方が
上位に表示されます。

とにかく
「簡単で誰でも出来る」
「初心者大歓迎」
と言った点を強調してください。

その方が応募が来やすいですし、
なるべく新人を囲い込んだ方が、
色々とやりやすいです。

まず、管理者に招待して直接チャンネルへの
アップロードを依頼出来ます。
※かけもちの方だと、2重アドセンスの
疑いがかけられる恐れがあります。

また、新人だと、他のYouTube系の依頼主と
変に比べられないので、離脱も少ないです。

あとは、動画をパクって
自分のチャンネルにアップするとか、
別の依頼者の動画に流用するとか、
変なことをやられる恐れがなくなります。

不思議とド新人の方が
忠誠心が高いです。

動画作成方法の説明

動画作りの基礎的なレクチャーは、
pdfや動画にまとめたりすれば、
後々それを見せるだけでいいので楽ですが、
でも、それすらも作るの面倒くさいですよね(笑)

僕はあまりまともにそういった資料を
作ったことがないです。

ちょっとググれば動画作成方法を
アップしてるYouTubeで稼ごう系の
情報発信者がゴマンといますので、
それらの動画のリンクを貼って、

「動画作成方法はここを見て下さい!」

と言います(笑)

報酬アップの仕方

テキストの方は最初からずーっと
200円なので報酬アップはしません。

動画については以下の要領でアップします。

1・試用期間

試用期間として、最初の5本は
単価120円にします。

2・試用期間卒業後

試用期間の5本で独り立ち出来た方には
その後150円〜200円で継続依頼します。

ここまではサムネイルなしです。

トータル10本以上
安定して作成していただけたら
チャンネルに招待します。
※他チャンネルへの投稿経験がないことを
必ず確認する必要があります。

3・1ヶ月後

1ヶ月やってもらって慣れたら
サムネイルも依頼し、最終的な単価を決定します。

僕の場合は250円です。

「新人&中堅」レベルですね。

試用期間100円
試用期間卒業後120円
1ヶ月後サムネイル付きで150円

ぐらいでもいいかも知れません。

とにかくあまり難しいことを考えさせない

最初からサムネイルの文言を丸投げしたり、
頭を使わせることをさせると
離脱率が上がります。

基本的には頭を使わずに
手を動かす仕事をさせて下さい。

主婦は日々、頭を働かせて
家のことをやっているのです。

慣れてきて忠誠心が上がった状態だと、
結構頭も使ってくれます。

僕は今はサムネイルの文言から
丸投げしてますが、
最初はサムネイル文は指定して下さい。

テキスト化も同様に頭を使わせない方向で。

ちゃんとフォーマットを指示して、
それに沿って機械的にやればいいだけにします。

動画は、素材を組み合わせるだけですが、
テキスト化部隊は、ネタ元の特定とか
結構重要なポジションなので、
忠誠心を高めると色々便利です。

 

以上、思いつくことを列挙しました。

何かあればまた追加します。

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました!