LINE登録で次世代型YouTube集客の教科書をプレゼント

YouTubeで稼ぐ手順:効率よく稼ぐための外注化について

今回は本講座の目指す最終地点といっていい
外注化についてです。

外注化と聞くと、どう思われるでしょう。

僕なんか、まだ全然稼げてない時には、
「外注化なんてとんでもない。動画を他人に指示しながら
量産するなんて無理無理!!他は知らんけど
俺は外注化までは絶対にやらん!!」

と、なぜか意味不明な拒否反応を起こしてました。

まず言っておきますが、
このブログでお話しているYouTubeの実践方法は、
基本的に外注化を前提とした、
誰にでも引き継ぎ可能なやり方なのです。

「好きなことで生きていく」とかじゃなくて、
現状から脱出するための手段としてのYouTubeです。

なので、収益化して収入と時間をゲットすることで
次のビジネスを展開出来ることが大事なのです。

そのために収入が入ってきたら
いつでも外注さんに仕事を依頼出来るような、
シンプルな作業の組み合わせのみで構成されているのが
ここで述べられている方法論なのです。

だから、あなたが想像しているより
はるかに楽に外注化できます。

もちろん、YouTubeだけで満足という方は、
そのまま個人で続けても問題ありません。

ただ、動画を量産することがよほど大好きでない限り、
月10万円クラスのチャンネルを育てたら、
さっさと外注化しちゃった方がいいと思います。

となると逆に、忙しくてなかなか作業時間を確保出来ない方が、
最初から外注化するのはありなのか?
という疑問が湧いて来るのですが…

確かに
「誰にでも出来る作業はなるべく他者にまかせる」
というのがビジネスで成功する鉄則です。

だからその考えはあながち間違いとも言えないのですが…

なんの起業経験もないズブの素人の方は、
いきなりの外注化はやめた方が無難です。

どんなジャンルであれ、まずは膨大な量の作業を自分自身でこなす。
それをやらないと見えてこないものがあります。

とにかく来る日も来る日も動画をアップし続けて、
伸びない再生数に本気で悩み、
タイトルやサムネイルや眠気と戦い続けないとわからないことがあるのです。

自分自身が必死になってのたうち回った経験こそが、
その後のビジネスの財産となり、
あなたの価値を決定するのです。

キャッチーなタイトルを考える能力。
思わずクリックしたくなるようなサムネイルを作る能力。

これらはどんなジャンルにも応用可能なスキルです。
最初は量をこなして鍛えましょう。

キツイと思いますが、
収益化されるまでは自分の手で動画を作って行きましょう。

(数ヶ月経過)

で、「頑張った結果月何万か売り上げが出るようになりました」と(笑)
おめでとうございます(笑)

では始めましょうか。

クラウドソーシングとは?

外注化はクラウドソーシングを利用することで
いたって簡単に出来ます。

クラウドソーシングとは、
「オンライン上で不特定多数の人に業務を発注すること」
みたいな意味ですが、要するに、仕事を
依頼する側と請け負う側を仲介するサイトのことです。

クラウドソーシングというものを一度知ってしまうと、

今の時代、本当に簡単に起業が出来るし、
他人を雇うことが出来るんだなあと、

今まで袋小路に見えていた未来にいきなり選択肢が追加されて人生観が変わりますね。

こうした現実を知ろうともしないで
ただ昔からの価値観にしがみつくだけの人生って、
ほんとにもったいないです。

まあ、それはさておき(笑)

クラウドソーシングでしたね。

僕は特にオススメというのはありません。
ただ、いくつか代表的なものを紹介します。

クラウドワークス


僕がメインで使ってるところです。
余計な審査とかがなくてすぐに募集をかけれるのがメリットです。
日本最大級の規模とのことで、募集をかけるとすぐに希望者が来るので
非常に満足しております。(レベルの高い外注さんが多いです。)

以下の金額が「システム手数料」としてこちらの出す報酬から
クラウドワークスに中抜きされます(笑)

10万円以下の部分:20%
10万円超20万円以下の部分:10%
20万円超えの部分:5%

YouTubeの依頼の場合、
よほどのことがない限り20%もってかれます(笑)

ランサーズ

日本初のクラウドソーシングのサイトだそうです。
老舗だけに登録者数もかなり多いようで、
一説によるとクラウドワークスよりも募集をかけた時の
集まりが良いそうです。
※僕はクラウドワークスでも十分なレスポンスだと思いますが、
どうしても人が集まらない場合、こちらを試すのもいいかもしれません。

ただし、使い勝手はクラウドワークスにかなり劣るようです。
例えば1つのプロジェクトに複数のメンバーを追加出来ないとか。
支払金額の変更がめんどくさいとか。

「システム手数料」はクラウドワークスと同様

10万円以下の部分:20%
10万円超20万円以下の部分:10%
20万円超えの部分:5%

となるようです。

シュフティ

名前がいいですよね(笑)

ここのメリットは手数料が一律10%であること。
なので、テキストの書き起こしとか安価な仕事の依頼で
僕もここを利用しております。

動画編集とかは、なんかあまり案件として多くない印象なので、
もっぱらクラウドワークスを使用してますが・・・

キャスタービズ

これは今発見したサイトですが、なかなか面白いです。

月額9万とかってありえない料金体系ですが、
これだと色々なことを丸投げできそうです。

いかに外注化とはいえ、肝心な依頼作業とか個々の管理とか、
どうしても100%丸投げが出来ないのがYouTubeの辛いところですが、
これなんかを利用したらほぼ100%ほったらかしも行けるんじゃないでしょうか?

そんな予感がしてちょっと紹介してしまいましたが、
すみません、今の段階では無視して下さい(笑)

クラウドワークスの利用方法

一例までに僕が利用しているクラウドワークスの
具体的な利用方法をご紹介します。

https://crowdworks.jp

「ここからやってみてね」で終わりにしたいところですが(笑)
さすがに外注化って心理的障壁が大きいと思うので、
もう少し丁寧に説明します。

まずは会員登録ですね。
メールアドレスを登録すると・・・

こんなメールが届きます。

メールの中の指定のリンクをクリックすると、
登録ページが開きます。

試しに思いっきり偽名を使ってみましたが、
無事登録出来ました(笑)

まあこの部分は非公開なので、本名登録でもいいとは思いますが。

登録すると早速依頼をする画面になります。
とっとと依頼しやがれってことでしょうか?

ここはハッキリと「映像編集」のカテゴリーで良いです。
YouTubeの動画作成は結構依頼が多いので、
「映像編集」としておくと経験者が応募してきます。

この画面をさらにスクロールしていくと、
色々な入力項目が出てきて正直嫌になります(笑)

依頼内容は「プロジェクト形式」にして下さい。

プロジェクト形式とはある程度コミュニケーションの必要な
チーム形式での仕事のことで、
特に依頼初期段階では、色々と指示や訂正依頼を出したりするので、
僕はこの形式にしてます。

次に依頼内容を入力です。

依頼タイトルですが、
具体的な仕事内容を簡潔に記載します。
絶対に忘れてはならない鉄則が、
「簡単アピール」です。

この仕事は簡単ですよ!誰にでも出来ますよ!

と声高に言わないと応募者が全然こないとか、
あるいはものすげえ動画編集のプロが応募してきて
ビビりながらお断りのメッセージを送ったりとか(実話)
そういう事態におちいる可能性もあるので気をつけて下さい。

で、依頼詳細なのですが、
これは動画編集系の他の依頼を見て、
それをリライトするのが一番手っ取り早いです。

僕も元々そうしてました。

今はもうお得意さんに依頼の追加追加で原型がなくなってますが。

さらに下にスクロールします。

ま、この辺は適当でよいです(笑)

次は支払いですね。

ここでは「マイルストーン」へのチェックをオススメします。

通常1つのプロジェクトが終わった時点で
報酬が外注さんに支払われますが、
マイルストーンの場合、途中で報酬を分割して支払うことが可能です。

報酬までの道のりが長すぎると、人は簡単に挫折します。

ですので、40個依頼したとしたら20個目で報酬の半分を支払う、といった感じにするといいですよ。

またまた下にスクロールします。

有料オプションは無視して下さい(笑)

後は「確認画面に進む」を押して指示に従って下さいね。
僕のナビゲーションはここまでです(笑)

募集が完了すると、依頼毎の掲示板のようなものができるので、

応募者とそこでやりとりします。

どのような内容で依頼したらいいのか?

とにかく最優先で気をつけないといけないのが、
「その依頼は外注さんに頭を使わせてないか?」ということです。

日々忙しい主婦の方が、隙間時間を使ってやる副業ですから、
あまり頭を使わない手作業でないと長続きしません。

僕の場合、ネタ元の記事を抜き出してスクロール用のテキストにする仕事と、
その記事を元にスライドショー形式の動画を作る仕事に分割してます。

どちらの作業もあまり頭を使わずに手だけ動かしていればいい感じです。
ネタを見つけてタイトルとサムネイルの煽り文を考えるのは僕の仕事です。

報酬額はどのくらいに設定すべきか?

実際に人を雇う身分になってカルチャーショックを受けたのですが、
人はけっこう安い報酬で働きます。

1動画120円で募集をかけても応募してきますよ(笑)
しかも丁寧な文面で「よろしくお願いします」と。

「いやいや、こんな報酬額なら
あなたがYouTubeやった方がよっぽど儲かりますよ!」

とは口が裂けても言いません(笑)

ただ、報酬については出費を惜しんではいけない
というのが僕の考えです。

最低限、主婦が1時間働くことに
価値を見いだせる金額

これをギリギリのところで維持すべきです。

でないと、人は簡単にペースダウンし、連絡が途絶え脱落します。
もしくは報酬の多い別の依頼にもってかれます。

いずれにせよ、何度も素人に仕事を教え、
慣れた頃に他の依頼者に持ってかれるという、
単なるボランティアのインストラクターみたいなことに
なりかねません。

僕の場合、単価120円で募集をかけて、
試用期間10動画程度をクリアしたら
即、単価200円ぐらいに持ってきます。

その際にドサクサに紛れてチャンネルへの直接アップロードと
サムネイル作成まで合わせてお願いします。

これでほぼ長期継続に成功してます。

外注さんの仕事ぶりをきちんと褒めましょう。

金額がまあまあで、気持ちよく働くことが出来れば、
離脱率は下がります。

あともう一点。

「売り上げが増えたら単価アップ」
とかの約束はしないようにしてます。

売り上げに関わらず動画を作成することのみ
に支払われる報酬なので、
チャンネルの収益との関連づけを排除する必要があるからです。

あともう一つ、継続的な単価アップよりも
たまにボーナス、とかの方がいいかもしれません。

ボーナスの方がインパクトが強いし、
継続的な単価アップだと、続ければ続けるほど
コストがかかってしまうからです。

募集期間はどの程度に設定すべきか?

募集をかける時に、募集期間を設定することが出来るのですが、
原則として、超短期募集にして、応募者が来なかったら
マメに再募集をかけるようにして下さい。

理由は簡単です。

新規募集案件がサイトのトップに出て、
古いのはどんどん後ろに追いやられるからです。

ちなみに僕はいつも週末の明け方に募集をかけて、
その日の午前中に枠が埋まります。

他の時間帯に募集をかけたことごないので比較は出来ませんが、
この時間帯がゴールデンタイムだと勝手に思ってます(笑)

仕事の指示はどのように出すか?

あなたに余力があれば、
早いうちに動画マニュアルを作った方がいいでしょう。

マニュアルがしっかりしてれば、何人来ようが楽勝ですし、
動画マニュアルありとアピールした方が
応募する側もエントリーしやすいでしょう。

「動画なんて作ってる余裕あるわけねえだろ!」

という場合は、テキストでマニュアルを作りましょう。

少しでもテンプレ化を進めないと、
外注を雇えど雇えど一向に楽にならず。ぢっと手を見る。
という事態になりかねません。

ていうか、外注化初期は必ずそうなります(笑)

でも必ず慣れますので、めげずに頑張って下さい。

ここをクリアすることで、少しビジネスに対する目線が変わります。
マジです。

今回はここまで。
ありがとうございました。