YouTube・ペナルティによる収益無効化・動画削除への対策について

第三者コンテンツの一致!!!!!!

動画削除!!!!!!

全世界ブロック!!!!!!

チャンネル停止!!!!!!

チャンネル削除!!!!!!

アドセンスアカウント停止!!!!!!

いきなりですが、
YouTuberにとってものすごく心臓に悪い言葉を列挙してみました。

街なかで上記ワードを叫んで下さい。

ビクっと振り返る人は間違いなくYouTuberです。

YouTubeアドセンスを実践するにあたって
僕のスタンスとしてはこちらでも言ってますが、

「無茶はやめましょう」

ということになります。

とはいえ、何が無茶で何が無茶でないのか、
その辺が分からないと対策のしようがありませんよね。

そこで今回から数回に渡って、
YouTubeのペナルティと
回避方法をお伝えしていきたいと思います。

YouTubeペナルティの概要

今回は、とりあえずYouTubeにおけるペナルティの概要を説明します。

YouTubeにおける主なペナルティは以下となります。
・ガイドライン違反による動画削除
・著作権侵害による動画削除
・全ての国でブロック(通称全世界ブロック)
・AdSense6ヶ月間の停止(収益無効化)

字面を見るだけで、特に下の2つがキツそうなのが
ご理解いただけるかと思います。

アドセンス6ヶ月停止って、キツいわ・・・
半年給料もらえなかったらどうですか?

全世界ブロックって・・・

普通人間は、友達数人から煙たがられるってことは
あると思いますが、
中にはこっそりfacebookでユーザーブロックされてたりとか
あるとは思いますが、
全世界70数億人からブロックって、すごいな・・・

こんなの食らったら傷つくだろうな・・・(食らいましたw)

というわけで。

ガイドライン違反による動画削除

読んで字のごとく、
ガイドラインに違反したから動画削除ということです。

違反してると余裕で動画を削除されますので、
一度はYOUTUBEのコミュニティーガイドラインに目を通して下さい。
https://www.youtube.com/yt/policyandsafety/ja/communityguidelines.html

注意しないといけないのは、
キーワードに◯ッチ系のものを入れるとか、
タグに「18+」とかのキーワードを入れるとか(僕です)
あとひどいのが女性の水着姿だけでも削除された例があるようです。

水着ですよ?
水着がエロ?

それなら世界中の海やプールは、
全部ポルノ施設ってことですか?

この辺の線引きはYouTube側でも実に曖昧で、
こんな動画が収益化されてるなら俺も、
みたいなノリでやって泣きを見ることも少なくありません。

著作権侵害による動画削除

これ結構多いですね。

ただ、日本に於ける著作権侵害は親告罪なので、
著作権者に見つからなかったり大目に見てもらった場合は
特に問題にはなりません。

 

ただ、なんか知らないけど第三者がチクったり
文句を言って来たりっていうのはありますね。

こんなパクリ動画でお金もらいやがって、
みたいな感情が動くのかもしれません。

あと、基本的にどんなネタであれ
「引用」の範疇を出ないものであれば
本来問題ないはずなんですよ。

テレビ局だって、映画とか紹介するのに
映像の一部を使ってますよね?

あれ引用ってことでセーフなんですよ本来は。

ところがテレビなどの動画は、製作者側が著作権団体なるものを利用して
動画削除を訴えて来るのです。

YouTube側としては法的にどうとか関係なく
面倒になることを嫌い、一方的に動画を削除します。

なのでYouTuberはめっちゃ弱い立場になります。

この辺がテレビ動画に手を出してはいけない最大の理由ですね。

全ての国でブロック(通称全世界ブロック)

これはコンテンツIDブロックと呼ばれる一連のブロックの中で
最も重罪なやつです。

コンテンツIDとは何か?というと、

コンテンツの保有者が、
自分のコンテンツ著作権利を守るために、
そのコンテンツを提出し、
コンテンツIDというものを取得します。

YouTube側は提出されたコンテンツを確認し、
他のユーザーが動画をアップする際に、
今まで提出されたデータベースと照合し、
一致するものを自動で判断して、
収益を無効化したりします。

「全ての国でブロック」が出るとヤバいですね。

どうヤバいかというと、
同一チャンネルでこれが2個出ると
チャンネル削除になる可能性が出てきます。

それどころか最悪の場合、
同じアドセンスに紐付けられたアカウントのチャンネルが
次々に削除される
「果てしないチャンネル削除連鎖」
を食らう可能性まであります。

なのでこれを一個もらったら
その時点で該当の動画と他にヤバそうなのがあったら
それらを削除し、チャンネルは放置します。

アドセンスアカウント6ヶ月間の停止(収益無効化)

さてさて、ここでいよいよ最大のペナルティです。
恐怖の収益無効化です。

これを食らうと、
アドセンスに紐付いた全てのチャンネルからの収益が
6ヶ月間ストップしてしまいますし、
アカウントをマークされて「果てしないチャンネル削除」に
陥ってしまう可能性すらあります。

発動条件としては以下が挙げられます。

・同一チャンネルでの「「全ての国でブロック」2回発動。
・重度のガイドライン違反や著作権違反。
・自分の動画での広告クリック(自作自演)
・動画内で視聴者に広告クリックをお願いする行為

自分の動画内の広告クリックって、結構重罪なんですよ。
ただ、間違って一回クリックとか、その程度では発動しないようです。

以上、キツいお話でした(笑)

正直YouTube側の判断基準ほど曖昧で移り気なものはないんで、
日々用心しながらバックアップなどとりつつ
がんばって行きましょう。

本日はここまで。
ありがとうございました!