YouTube・「第三者のコンテンツ一致」と「商用利用の許可」をかいくぐり収益化する方法について

前回に引き続き、YouTubeで長期的に収益を確保するための
ペナルティと回避方法についてお伝えします。

今回はペナルティとまでは言えないけど、
結構な頻度で出没する
第三者のコンテンツ一致
についてです。

第三者のコンテンツ一致と商用利用の許可の警告

よくYouTubeに動画を投稿した際に
こんな警告が出ます。

これはどういうことかと言いますと、
コンテンツ内に別な人の動画or音楽が使われているので
収益化は出来ません。

ただし、アカウントステータスには影響ないですよ、
と言う意味合いです。

・収益化は無理
・アカウントステータスには傷はつかない
・権利保有者の広告がでる
・権利保有者との折半なら収益化できる

権利保有者が太っ腹で、該当の動画が
権利者にとっても拡散するメリットがあるなら
許される上に折半での収益化も出来るということみたいです。

※似たようなものにいわゆる
「商用利用の許可」の警告というものもあります。
これについてもほぼ似たような状態と考えて差し支えありません。

基本的に引用ベースの僕達裏ユーチューバーにとって、
この「第三者のコンテンツ一致」は
常に避けて通れないというか、

「第三者のコンテンツ一致」は友達!こわくない!

とでも思わないとやってられません。

ただ、怖くなさすぎて異議申し立てとか、
そういうアグレッシブなことは
なるべくしないことをオススメします。

とにかく、長生きして森の主になったヒグマのごとく
ひっそりと臆病に、したたかにYouTubeの森に
生息しつづけようじゃありませんか。

YouTubeは長生きすることが大事です。

ていうか長生きが目的そのものと言ってもいいかもしれません。

ただ、この「第三者のコンテンツ一致」

何かグレーなことをやっていなくても、
例えば商用利用可能なフリー素材の音楽などでも
出てしまうことがあるようです。

というのも、YouTubeは使用している楽曲が
療養利用可能なのかとか、そういう細かいことはどうでも良くて、
単に機械的に一致してるから警告を出してるだけなのです。

これはyoutuberにとってはたまりませんよね。

こういう時は異議申し立てを・・・
やっぱやめといた方が無難ですね。

いったん動画を削除して、曲を変えて再アップしましょう。

YouTubeにおける「コンテンツ一致」と「商用利用の許可」を回避する作戦

では、このままただ負け犬のように
怯えながらYouTube内で細々と
生息し続けなければいけないのかというと、
まあ、基本的にはそうして下さい、なんだけど(笑)

一応そういうウザい警告が出にくくなるための対策を
お伝えします。

「第三者コンテンツの一致」にせよ「商用利用許可」にせよ、
システムが映像や音を読み込んだ際に引っかかるので
システムを欺ければよい、ということになります。

ひっかかるのはあくまで
「映像」と「音」です。

動画トータルで見て
「なんとなく〇〇に似てるな」とか、
「この動画は〇〇へのオマージュだな」
とか、そういう小賢しいことはシステムが認識しませんので、
あくまで「映像」と「音」を個別に改善すればよいのです。

映像について

映像についてはYouTube側も
さほど高度なことはやってないと思われます。

気をつけなければいけないのは
同じタイミングで同じ映像を使わないこと。
現在のところこの程度でしょうか。

そのため、人様の動画を丸パクリするような場合においても、
導入部に別の画像を入れるとか、
再生スピードをずらすとか、
そういった程度で回避率は上がると思われます。

丸パクリは禁じ手であるというのが現在の僕のポリシーですが、
そんなカッコいいこと言うくせに、数ヶ月前までは
丸パクリをやって調子こいてペナルティ食らいまくったりしてました(笑)

ですが、やはり丸パクリはせずに、
自分でコツコツ動画を作るところからはじめましょう。
その方が絶対に近道です。

音について

こちらでも触れてますが、
音はかなりの精度でバレてしまうので、
他人の動画を丸パクリする場合は
せめて曲だけも別のものを使いましょう。

それでも「第三者のコンテンツ一致」が出る場合は、
曲のピッチを変えていきましょう。

そういうことが可能な無料のソフトウェアもあります。
http://freesoft-100.com/review/audacity.html

使用楽曲等について、こちらの記事でも触れてますので
よろしければご確認下さい。

それでも駄目なら泣き寝入りしましょう。
その涙は無駄にはなるでしょうが、
下手なリスクを犯すよりは、YouTubeの森で少しでも長生きして
巨大なクマに成長することを目指すのです。

年々規制が厳しくなるYouTubeですが、
その辺を理解して用心深く動画をアップしつづければ
逆にライバルたちが勝手に脱落していき、
気がつけば独壇場、なんてことも有りうるのです。

全てをチャンスととらえ頑張っていきましょう。

今回は以上です。
ありがとうございました。