YouTube政治系チャンネルの終焉?今後の対応策について

ここ最近、政治系の有名チャンネルである
かっぱえんちょーさんのチャンネルがBANされたようです。

政治系は、アクセスは集めやすいものの、
内容が内容なだけに、
今後は運営が難しくなるのでしょうか?

結論から言いますと、
綱渡り要素はあるものの、
今後も一定数のチャンネルは存続するし、
人気も得ていくことになるでしょう。

運営には十分な注意が必要ではありますが。

政治系チャンネルの現状

まずはカッパえんちょーさんの動画

この人はもはや多くのファンに支えられてるので、
チャンネルがBANされても、
新たなチャンネルにファンがついて来ます。

ある意味強固な体制といえますね。

ネットビジネス全般に言えることですが、
YouTubeであれブログであれ
各種SNSであれ、個人を前面に出していくと
プラットフォームを超えてファンを集客できるので
より安全かつ長期的に稼ぐことが出来ます。

政治系の場合、「ほとんどの広告に適さない」
黄色マークが気になるところですが、
カッパえんちょーさんはポリシーを持って
チャンネル運営してそうですので、
これからも続けるのだと思います。

次はこちらですね。

こちらはかなり露骨な嫌韓チャンネルが、
一度BANされてのリスタートですね。

このクリスタというキャラにファンがいるのか、
なんとか新規チャンネルを育成しようと
ファンに協力を求めてますね。

とはいえ、まだまだ健在のチャンネルもありますし、
政治系=即BANというわけではありません。

政治系チャンネルは安全に運営出来る?

そもそもなぜ政治系がここまで人気があるかというと、
お隣の国に対する潜在的なフラストレーションですね。

テレビでは言ってくれないあんなことやこんなことを、
YouTubeなら言ってくれるor発信出来る、
と言ったところが人気の秘密ではないでしょうか?

なので、お隣の国を面白おかしくディスる動画が
めちゃくちゃ人気が出るわけです。

とはいえ、YouTubeもだんだんとメジャー化しており、
いまやテレビを凌ぐメディアへと変貌を遂げているので、
あまりに過激な発言は今後ますます厳しくなるでしょう。

かつてKAZUTAチャンネルや竹田恒泰チャンネルが
一夜にしてBANされた時代がありました。

当時は、通報が大量にくると自動でBANする
仕組みだったんじゃないかと思います。

旧2ちゃんねるの「なんでも実況J(ジュピター)」
という掲示板のユーザーによる
組織的な通報の被害ですね。

今はどうかというと、
一部BANされたアカウントはあるものの、
かなり多くの政治系チャンネルが
普通に存続しています。

このことから、今は政治系が通報多発で
自動BANされることはなさそうに思えます。

多数の通報→YouTubeの中の人による目視
→ガイドラインに抵触する動画がペナルティを喰らう
→3アウトでBAN

こんな流れではないでしょうか。

絶対に安全ということはあり得ませんが、
少なくともペナルティを喰らう動画を
アップしないことで、安全性を確保出来ます。

どのような動画がペナルティの対象になるのか?

政治系といえば韓国のニュースが
メインとなるため、
差別的発言や誹謗中傷などが
ペナルティの対象となります。

↑この辺をよく読んでからやれということですw

人種や集団を一括りにして
馬鹿にするような表現とか、
特定の人物を名指しでディスるとか、
そういうのを注意深く避けるように
する感じです。

短絡的に韓国や中国をディスる方が
楽に作れるし再生されるのですが、
そこは、公平性を重視して
なるべく冷静に、汚い言葉を
使わないようにします。

ま、それでも黄色マークが出やすいジャンルですので、
ニコニコ動画へのマルチポストも
検討の余地ありです。

例えばこの辺の人たちなんかは、
ニコ動にチャンネル持ってます。

KAZUYAチャンネル
https://ch.nicovideo.jp/kazuyagx2

竹田恒泰チャンネル
https://ch.nicovideo.jp/takeda-tsuneyasu

同じ動画で複数の収入源ですから、
非常に効率がいいです。

基本、自分のコンテンツであれば、
YouTube側からもニコニコ動画側からも
マルチポストは禁止されてません。

僕自身はやったことないのですが、
機会があればその辺のノウハウも
まとめたいとは思ってます・・・

キャラ確立の必要性

いかにガイドラインに抵触していないからと言って
どこにでもあるようなコピペ的な動画であれば、
当然「繰り返しの多いコンテンツ」などと言われ
収益を剥がされたり、最悪チャンネルBANの
原因にもなります。

そういったことを避け、
オリジナリティを発揮させるために
一番手っ取り早いのは、

・vtuberの使用
・自分で語る

この2つです。

ていうか今は政治系に限らず
アドセンス狙いのチャンネルは、
このどちらかのパターンが
ほとんどです。

特に自分で語るパターンは、
編集が楽なので超簡単に動画が
作れます。

語りなんて自分には無理と
思われるかも知れませんが、
そこまでちゃんとしてなくてよいです。

おそらくおっさんなら
誰しも飲み屋でうだうだと政治経済について
語ったことがあると思いますが、
その程度で十分です。

また、自分を出すことで編集が楽になる
というメリットがあります。

・自分を前面に出す=編集が楽になりやすい
・自分を隠す=編集に凝る必要がある

という図式がわりと成り立ちますね。

例えばカッパえんちょー方式
「声出しで語り適当なスライドショーを流す」

と一般的なvTubet方式
「vTuber +テキスト+音声ソフト+スライドショー」

では、上の方がはるかに楽に動画を作れます。

「作業が大変で1日1本が無理」

という方は、なるべく編集が楽なやり方を
選ぶといいです。

アドセンス審査突破時に他のジャンルへシフト

アドセンス審査突破まで
政治系の爆発力を利用し、
その後、少しジャンルをズラすことで
安全なジャンルに変えてしまうという作戦です。

僕自身、かつて政治系で一向に芽が出なくて
悩んでた頃(他者をディスるのが下手なのですw)
ミリタリーネタを一個投下したらバズったので、
そっち方面にリブランディングしたら
大ブレイクしたことがあります。

政治系の視聴者が食いつきそうな
別のジャンルにズラすというのはありです。

ただし、今はミリタリーは推奨しません。
兵器類はキーワード的にNGが多いです。

ちなみにコンサル生の政治系チャンネルが、
ここ数日の間に登録者100人未満から
一気に600人まで伸びました。

恐らく今月中に登録者1000人いける
可能性があります。

チャンネル開設2ヶ月後で、
動画数もわずか49個です。

すごくないですか?

このチャンネルはタイミングを見計らって、
リブランディングする予定です。

まとめ

政治系は、BANの可能性が高いのと
黄色マークがつきやすいということで、
扱いは難しいものの、
爆発力が半端ないので利用価値は
依然としてあります。

やり方としては、

・誹謗中傷やヘイト発言など、
ペナルティになりそうな表現を避ける
・ニコニコ動画などにマルチポストする
・アドセンス審査を突破したらリブランディングする

という感じです。

もちろん、ガンガンに過激な発言をして
BANされるまで太く短く稼ぐ、
という考え方もありと言えばありです。

「政治系+vTuber」という手法が
今まさに旬なので、それに乗っかりつつ、
次の流れが来たらそれに乗っかる
というやり方です。

今後、またホットな手法・ジャンルがあれば
紹介していきたいと思います。

最新のYouTube情報に触れたい方は
メルマガ登録して下さいね↓

名前
メールアドレス

※GmailやYahoo!メールなどのPC用のアドレスを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です