採算の合わないアカウントはBAN対象?YouTube利用規約変更の真の狙いとは?

12/10からYouTubeの利用規約が
変更になるそうです。

この中の以下の文言に注目が集まってます。

YouTube が独自の裁量により、お客様への本サービスの提供がもはや採算に合わない事業となったと判断するに至った場合、YouTube はお客様またはお客様の Google アカウントによる、本サービスの全部もしくは一部へのアクセスを解除できるものとします。

https://www.youtube.com/t/terms?preview=20191210

結論から言いますと、
とりあえず今のところは、

「クリエイターや視聴者に
新たな影響を与えるものではない」

というアナウンスが
YouTube側からなされてるので、
気にしなくて良さそうです。

採算に合わない事業とは何のことか?

上記文言を見てみると、
まず「独自の裁量」っていうのが、

「またかよ、いい加減にしろよYouTube・・・」

と言いたくなる感じですが、
その後もさらに物騒な文言が続きます。

「本サービスの全部もしくは一部へのアクセスを解除」

BANってことか?

「採算に合わないとこっち側で判断し、
一方的にBANするのでよろしく」

ってこと???

採算に合わないってどういうこと?

という感じでネット上でも
物議を醸してました。

この規約を読んでまず気になるのは
収益化されてないチャンネルですよね。

広告がつかない動画は
YouTubeにしても採算が合わないだろうし
一部収益化されてないチャンネルが
削除の対象になるのだろうか?

例えば1年後にアドセンス基準に
満たなかったチャンネルがBANされるとか・・・

とか、そんなニュアンスを感じ取り
ちょっと物騒だなと思いましたが、
どうやら収益化されてないチャンネルが
「採算の合わない事業」
ということではなさそうです。

YouTubeからの回答は?

これについて、YouTubeの
公式Twitterアカウントから
ユーザーへのリプライの形で
回答がありました。

意訳すると、

「採算に関するセクションは、収益が上がっていない、
あるいはパートナープログラムに参加していない
という理由でBANするというものではありません。

古くなった、または利用の少ない機能や
サービスの一部を終了するというものです。
クリエイターや視聴者に
新たな影響を与えるものではありません」

こんな感じでしょうか?

これまでも、「アノテーション」とか
YouTube側の判断で廃止してきたものは
ありますし、今後もそういった
細かい変化は出てくると思います。

それを明文化したに過ぎない
ということでしょう。

ということで、今のところは
ユーザーはこの規約については
気にする必要はありません。

今後のYouTubeはどうなる?

とはいえ、この先どうなるかは
なんとも言えません。

YouTube側のリソースも無限ではないし、
無料でガンガンチャンネルが
増えてる現状を考えると、

・一定期間経っても新規投稿のないチャンネル
・単なる動画置き場になってるチャンネル

など、
YouTube側でお荷物とみなしたチャンネルを
BANするなんてことに
なるかも知れません。

そうなると、外注さんに説明する用の
動画置き場のチャンネルとか、
そういうのがぶっ飛んで
めんどくさくなるかもですね。

そういう用途では、今後は
VIMEOなどを使うのがいいかもしれません。

また、何かわかったらシェアしますね。

YouTube最新情報については
メルマガでシェアしてきますので、
よろしければ登録を↓

名前
メールアドレス

※GmailやYahoo!メールなどのPC用のアドレスを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です