YouTube動画にクオリティは必要か?

名前
メールアドレス

※GmailやYahoo!メールなどのPC用のアドレスを推奨します。

岡崎です。

今回はWindows環境での動画作成方法です。

YouTubeをこれから始めようとしている方は、
ほぼ、「お金が足りねえー」と思ってるでしょうし、
なるべく無料で済ませられるところは無料で済ませたいですよね。

なのでWindowsで使える無料の動画編集ソフトの使用方法をご説明します。

しかし、YouTubeで稼ぐというわりには、
肝心の動画編集ソフトは無料で大丈夫というあたりが象徴的ですよね。

ユーザーのニーズに答えさえすれば
コンテンツの質なんてどうでもいい

これがYouTubeアドセンスの本質です。
もちろん最低限のわかりやすさは必要ですが、
これは質というよりユーザビリティと言った方がいいです。

よくYouTubeで稼ぐことに関して、
質について言及する方がいらっしゃいます。

「低クオリティのテキスト動画なんて言語道断だ」
「これからは質が求められる時代だ」

といった論調です。

これらは残念ながら本質からズレてると言わざるを得ません。

YouTubeアドセンスのそもそものスタート地点は、
「プロの作ったハイクオリティの動画より
素人の作った下手くそな動画の方が再生数を圧倒的に稼いでいる!!
YouTubeすげえええ!!!ん?てことはもしかして俺も・・・」
ってところだと思うんですよ。

だからこそ我々素人が参入して大きな成果を上げることが
出来るわけで、
質を求めだしたら、デジタルハリウッドとか、そっち系のちゃんとした
映像技術を学べるところで基礎からしっかり学んで下さいって話です。

でないと、将来、映像畑のプロたちがYouTubeに本格的に参入し始めた時、
「動画の質」で勝負している素人は完全に淘汰されます。

例えば今、YouTubeを積極的に利用する芸人が増えてます。
実際にそこから大ブレイクした例も記憶に新しいと思いますが、
この、YouTubeルートが広く認知されたことで、
今後あらゆるジャンルでプロがYouTubeに参戦してきます。
確実に。

そうなった時、素人がなんとなく習得した中途半端な動画クオリティは
ものの役に立ちません。

我々が勝負すべきはそこではなく、
淡々とユーザーのニーズに合う動画を作り続ける技術です。

逆にその技術さえあれば、今後YouTubeの方針がどう変更されようと、
永続的にYouTubeから利益を得ることが出来ます。

我々はその道のプロと違い、スポンサーやらファンやら
タレントイメージやら、色々なしがらみから自由なので、
ユーザーのニーズに、より集中することが出来るのです。

今も、さほどクオリティが高いとはいえない僕のチャンネルでは
日々何十人も登録者が増加しています。

これまでの僕のショボい人生では考えられないことです。
自分が作ったものに毎日毎日何十人も、多い時には100人以上も、
コミットしてくれるなんて。

「YouTube動画のクオリティ」というのは作り手のエゴでしかありません。
ユーザーにしてみれば、「欲しい動画(情報)をくれよ!」
ってことなんだと思います。

※ただ、ユーザビリティは必要ですよ!

動画作成方法を記事にしようとして
話が大幅にそれてしまったので、
これはこれで記事として完結します(笑)

というわけで本日はここまで。
ありがとうございました。

名前
メールアドレス

※GmailやYahoo!メールなどのPC用のアドレスを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です