YouTube アドセンス申請に求められる条件とは?

ご存知の通り、現在YouTubeで収益を受け取るためには
以下の基準を満たさないといけません。

・登録者数1000人
・総再生時間4000時間

このルールのおかげでだいぶ参入障壁が高くなったのですが、
これ、実際どの程度きついのでしょうか?

総再生時間4000時間の壁

総再生時間について見てみると、
たまたままぐれで10000再生の
動画が出たとしましょう。

動画の長さが10分として、10000人全員が
最初から最後まで視聴すると、トータルで
100000分再生となります。

そうなると4000時間=4000×60で
240000分となります。

なので2回程度10000再生超えが出れば
この条件はクリア出来るとわかりますね。

これは意外と簡単です。

登録者1000人の壁

これは結構ハードルが高いように
見受けられます。

何しろ見ただけではカウントされません。

あなたの動画を見て、気に入っていただけて初めて
登録となるわけですから、
なかなか人数が増えず、モチベーションダウンの
最たる原因になったりします。

これについては、コンサル生や自分の例を見てみると、
登録者100人までは、とにかく増えずに苦しみます。

100〜200も同様に苦しみますね。

だいたい500人ぐらいになったあたりで
1日25人とか、ほっといても登録されるようになります。

で、そこから1000までは一気に加速します。

まあ登録者700人超えたあたりは
本当に楽しいですよ。

毎日友達が数十人できる感覚というんですか?

充実感が半端ないですね。

というわけで、とにかく最初の100〜200ぐらいまでが
とにかく伸びなくて辛い時期と言えます。

それを裏付けるような以下のデータもあります↓

http://pasokatu.com/19059

登録者1000人の時点で上位10%入り?

上記サイトを見ていただくとわかりますが、
YouTubeチャンネルの実に半数以上が
登録者100人に満たないゴミチャンネルです。

そして、ようやっと登録者100人を越したところで
上位40%のグループ入りとなります。

さらに、登録者1000人にまでなると
トップの11%となるわけです。

この時点ですでにかなりのエリートです。

ここまで来れればライバルが少ないので
いかようにもチャンネルを成長させることが
出来るのです。

継続的な努力ができれば
さほどセンスは必要ありません。

とにかくコツコツと頑張るだけです。

「一時期だけちょっと死に物狂いで頑張る」

これが出来る人があまりにも少ないので、
この壁は思ったより簡単に崩せるのです。

頑張りましょう!

YouTubeで稼ぐ詳しい方法を知りたい方は
メルマガ登録お願いします↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です