ハイクオリティ動画には何の価値もない、というのがYouTubeの見解です

YouTubeチャンネルの
収益化無効の報告が、後を絶ちません。

どうやら規模の大きいチャンネルから
処理されている印象です。

なので、生き残っているからといって
まだ安心は出来ません。

現在、収益化無効の対象となっている(と思われる)
チャンネルは以下です。

「ナレーションなしorソフトウェア音声」の
・テキストスクロール
・ハイクオリティ動画(画像・文字スライド系)
・ゆっくり実況

などです。

それ以外にも、どう考えても誤爆(と思いたい)
ものも多数含まれます。

これを機にYouTube撤退を決める人も
多数いるでしょう。

そういう話はちらりほらりと聞きます。

というわけで、これまで
YouTubeブルーオーシャン説を
言い続けてきた僕ですが、
今後、さらにブルーオーシャン化が進みます。

どんどん青くなってます(笑)

ただし、誰でも参入すれば即稼げる
というイージーなジャンルでは
なくなってるのも事実です。

今回、はっきりしたのは、
動画を「ハイクオリティ化」することに
なんら価値はないということです。

YouTubeの奴らは「スクロール」「ハイクオリティ」の
区別なく、人の声が入ってなければ
収益を剥奪してます。

今の世の中、なんの出典もない
完全オリジナルなコンテンツを作ることは
不可能に近いです。

既存の何かに自分独自の付加価値をつけて
提供する、というのがオリジナルです。

スクロール文字をスライド形式に変えて
画像の枚数を増やすことに何ら価値はない、
とYouTube側では
認識しているのだと思います。

もちろん、動画を分かりやすく、
綺麗に見せるのは大事です。

でも、そこに発信者個人の
固有の意見や感情がないと、
そもそもコンテンツとして意味がない、
ということです。

今回の収益化剥奪に関しては
僕の中でも応急処置のやり方が
固まってます。

また、お金をかけて
漫画系の動画を作れば
そこそこ売れるでしょう。

このように、YouTubeの機嫌を
損ねないチャンネル運営とか
トレンドに乗っかったやり方も
ありといえばありです。

でも、長く続けていくためには
「自分固有の考えや感情」を
世に発信していくという姿勢が
必要になってきていると思います。

そしてそれは、
そんなに難しいことではないです。

YouTubeのトレンドを必死にリサーチしたり、
外注化に右往左往して月日が過ぎるぐらいなら、
コツコツと自分の意見を世に発信する。

このスタイルの方が合っている人も
実は結構いるんじゃないかと予想してます。

というわけで、これからスタートの人も
これから再スタートの人も
チャンスは目の前に広がってますので
ひとつ楽しんでやってみてはいかがでしょう?

これからのYouTubeの稼ぎ方を詳しく知りたい方は
メルマガ登録お願いします↓

 

名前
メールアドレス

※GmailやYahoo!メールなどのPC用のアドレスを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です