YouTubeで稼ぐ手順:視聴回数を爆発的に増やす関連動画対策

名前
メールアドレス

※GmailやYahoo!メールなどのPC用のアドレスを推奨します。

今回はYouTubeにおけるSEOのうちで
最も大きくて派手な対策になりなります。

そう、関連動画対策です。

YouTubeは、Googleに次ぐ第2位の検索エンジンとしても知られており、
そう言った意味では、適切なキーワードをタイトルに入れることが
SEO対策のメインだと言えるし、今後ますますその傾向は強まると思います。

でも…でもですよ、
裏YouTuberとしては、この、少々グレーな匂いのする
「関連動画対策」への憧れは捨てきれないものがあります。
そしてこれがハマれば、絶大な威力を発揮するのです。

関連動画対策とは?

YouTubeがいかに第2位の検索エンジンと言っても、
根本的にGoogleやYahoo!などの検索エンジンと
圧倒的に異なる部分があります。

それが関連動画ですね。


こういう、YouTube動画の横にズラーっと並んでるこれです。

お分かりですよね?
ここに表示されてる興味を引く動画を次々と見ていくから、
気がつくと何時間もパソコンの前で無駄な時間を過ごしちゃうんですよね(笑)

これこそがYouTubeの魔力の源です。

あなたもYouTube内で積極的に何かを検索するより、
むしろぼーっと関連動画をクリックし続けることの方が多くないですか?

だからこそ、投稿数が増えチャンネルパワーが強まると、
ジワジワと動画の評価が上がり、結果としてあなたの動画が、
色々な動画の関連動画に表示される率が上がってくるのです。

同一カテゴリーの、より人気のあるチャンネルの動画の関連動画に表示されると、
当然どっとアクセスが流れてきます。

そうなってくると、チャンネル内の他の動画にもアクセスが流れ込み、
登録者が増え、チャンネル評価がさらに高まることで
関連動画表示率がさらに上がっていくという・・・

YouTubeの勝ちパターンというのはほぼコレです。
なので、頑張って日々動画を投稿しましょうねってことなんですが、
もちろん、継続的な投稿は必須ですが、
それとは別に、意図的に自分のチャンネルより人気のあるチャンネルの
関連動画に表示させることができたら、さぞかし楽勝になるだろうな、
とか思いませんか?

僕は思います(笑)

そこで、動画をアップロードする段階から、
人気チャンネルに関連づけられるよう、
色々と工夫をするのです。

具体的にいうと、
「自分の動画の説明欄に、関連動画表示させたいターゲットの動画の
タイトルとURLを貼り付ける行為」
であり、さらに
「ターゲット動画のタグやタイトルのキーワード等も
同じものを使うことにより、より関連性を高める」
というオプションも含みます。

具体的にはこんな感じです。

動画の説明欄にターゲットのタイトルやURLと同じものが
記載されているので、YouTube側から関連性が高いとみなされ、
その動画の関連動画に表示させる、という戦術ですね。

これは同じジャンルの動画を対象にしていることが前提です。
くれぐれもヒカキンさんの動画とかに挑まないで下さい。
下手したらスパム扱いされてペナルティの対象になります。
※あなたがヒカキンさんを目指すなら話は別ですが(笑)

これがいわゆる関連動画対策です。

関連動画対策についての勘違い

じゃあ、どうすれば意図的に他の動画に関連づけすることが
出来るのかといいますと…

「人気チャンネルのタイトルとURLを
自分の動画の説明欄にじゃんじゃん貼り付けましょう。
これであなたもガンガンに儲かりますよ!」

とかって言う人が結構います(笑)

「こういった情報を知らないから
みんな挫折して辞めてくんですよ」

とかご丁寧に補足したり….

みんな知ってるし、やってるけど効果ないんですけど(泣)

冷静に考えましょう。

関連動画というのは、実際にYouTube画面で
数えていただくと分かりますが、40個しかないんですよ。

それも、「次にクリックしたくなる」レベルとなると、
上位10個ぐらいじゃないですかね?

そんな狭き門を、例えば登録者が数万人いるような
人気チャンネルの動画でゲット出来ますか?

まだ動画数も100に満たない、
ロクに登録者もいない弱小チャンネルの動画が、
説明欄にURLが記載されていたからって
表示されると思いますか?

これははっきり言って、よほどのことがない限り不可能です。

仮にこの地球上に、関連動画対策を実施してるYouTuberが
1人もいなかったとしても、動画の数は山ほどあるし、
あなたの弱小動画がいきなり陽の目を浴びることはまずありません。

その上、多数の歴戦の強者たちが、
人気動画の関連動画ポジションを虎視眈々と狙ってるんですよ。

説明欄に下手なURLなんてのせない方がマシと
ご理解いただけたでしょうか?(笑)

それでもなんとか関連動画表示を狙う作戦とは?

結論からいいましょう。

弱小チャンネルを狙って下さい(笑)

こんな簡単なことに気づいたのが
YouTube実践開始から3ヶ月後のことです。

いや、本当に動画を投稿しても投稿しても再生されなくて、
相当に嫌になってた時期に、作業をサボりがてら関連動画を
どうすればガチで攻略出来るのか試してたんですよ。

で、その時に思ったのが、
「人気のありまくる動画は競争率高いんじゃね?」ってことです。

そこで同ジャンルでまだ再生数も少ない動画のタイトルとURLを
自分の動画の説明欄に貼り付けつつ、様子を見てみたんです。

自分の動画と同程度に弱小な動画を見つける→
説明欄に貼り付ける→効果なし→説明欄から削除

このサイクルを短期間(1時間程度)で繰り返し行いました。

すると、幾つかの動画で、関連動画表示に成功したのです。
それも説明欄に貼り付けてすぐに効果が出るのです。

そうなるとガゼンやる気が出て、色々試しました。

で、分かってきたのが、
どうやらチャンネルごとに相性がある
ということです。

ある動画が一瞬で関連動画表示された場合、
その動画と同じチャンネルの動画は高確率で
関連動画対策が効きます。

逆に、どんなに弱小の動画でも
何をやっても関連動画表示されないものもありまして、
そういう動画はチャンネル内の他の動画も全滅です。
「冷静に見てお前の動画、俺より弱小じゃん!!!」って動画でも
駄目なものは何をやっても駄目なのです。

攻略するのは全て同じジャンルです。
なので、キーワードやネタそのものがどれも結構かぶってます。

にも関わらず、相性の良いチャンネルと悪いチャンネルに
かなりはっきり分かれるのです。

理由はよくわかりません。

ただ、ひとつ気がついたのが、
サムネイルの雰囲気が自分の動画に近いチャンネルは、
比較的相性がいい(かもしれない)
ということです。

多少その傾向にあるかなあ程度で、
確証はないです。

で、さらに嬉しい発見がありました。

相性の良いチャンネルは、たとえ自分のチャンネルの規模をはるかに上回る
人気チャンネルであっても、けっこう関連動画表示される

ということです。

ってことはですよ…

同ジャンルで使用キーワードも類似してて
サムネイルの雰囲気も似てて、なおかつ人気のあるチャンネル…

これってモデリング先のチャンネルが
メチャクチャ相性が良いってことじゃないですか?

そうなんです。
僕は最終的にモデリング先のチャンネルを
関連動画表示のターゲットにして、
ある程度(ていうかかなり)成果を上げたのです。

※モデリングとは、理想とする人気チャンネルの手法を
徹底的にリサーチして、そのやり方を自分のものにすることです。
YouTubeに限らず様々なジャンルで重要視される概念です。

※基本的にYouTubeを実践するにあたり、
まずはきっちりとモデリング先のチャンネルを選ぶ必要があります。
そのためのリサーチ方法はこちら

関連動画対策のリスクについて

実はこの関連動画対策なんですが、
一昔前ほど激しく出来なくなってきております。

というのもタグと同様に、あまり激しくやるとスパム扱いされて
ペナルティの対象になる可能性が高まって来ているのです。

以前の動画はそれこそ10とか20とかの他チャンネルのURLを
貼りまくったりしてもOKだったのですが、
そういうやり方は今は危険です。

ですので、
・チャンネルを開設して間もないわりに運が良いせいか、かなり再生数が稼げている
・キーワードの選定に長けていて初期からかなり再生数が稼げている
・ジャンルがドンピシャで初期からかなり再生数が稼げている
こういった人は、関連動画対策はしなくてもいいです。

ただ、やはりどんなに頑張ってもなかなか成果が出ない人っています。
その人のセンスの問題もあるのかもしれませんが、
タイトル、サムネイル、動画の見やすさなど、
すべてにおいて問題なく仕上げているにも関わらず、
一向に再生数が上がらない、というケースもなぜか存在するのです。

この場合、あくまで自己責任となりますが、
ある程度リスクを覚悟の上で関連動画対策に挑戦するのもありかなと思います。

オカザキ的関連動画対策のセーフティーライン

100%セーフティーというのはありえないのですが、
この程度なら、まあやっても大丈夫・・・かな、というレベルの対策を
一応お伝えします。

やるかやらないかはアナタ次第!!

①相性の良いチャンネルを見つける

無駄に大量のリンクを説明欄に貼ることを避けるため、
まずは相性の良いチャンネルをいくつかピックアップしましょう。

やり方としては

モデリング先を含め、同ジャンルのチャンネルを動画を見つける

説明欄にタイトルとURLを貼り付ける

一時間程度のスパンで効果測定

コツとしては、
自分のチャンネルとかけ離れすぎた動画は避けて、
同ジャンルの勢いのある新規参入者から中堅ぐらいまでにします。

説明欄以外にも、タグにターゲットのチャンネル名とチャンネルIDを
入れるのもありです。

②対象が決まったらそのチャンネルのストーカーになる

対象のチャンネルの使用頻度の高いタグを確認し、
汎用性の高いものであれば、あなたの動画のタグにも適用する。
※タグの確認方法はこちら

そのチャンネルの動画投稿時間がある程度定まっている場合、
その時間にYouTube画面に貼りついて、
新規に動画がアップされたらすぐにタイトルとURLを
あなたの動画の説明欄にコピペする。

効果測定して駄目なら、そのチャンネル名とURLを
あなたの動画のタグに追加する。

そのまま2日程度放置。

その後、URLそのものを完全に削除。

以上です。

必ず一定の期間で削除して下さい。

③あ、あと、関連動画の結果判定方法です!

関連動画対策がうまくいったかどうかを
どのように確認すべきかを説明します。

今ログインしているgoogleアカウントを
即時ログアウトして下さい。

誰もログインしていないまっさらな状態で、
関連動画対策のターゲットの動画にアクセスします。

そこで関連動画に表示されていればOK。
表示されていなければ失敗。

という感じになります。

自分のチャンネルのアカウントで
対象の動画にアクセスすると、
関連動画に自分のチャンネルの動画が
けっこう表示されててぬか喜びさせられます。

ログオフした状態、あるいは
ブラウザをプライベートモード的な状態に
した上で確認してください。

より安全な関連動画対策

次に説明するのは、チャンネルパワーが低い時の
いわば攻めの関連動画対策に対し、
ある程度チャンネルが伸びた後、
視聴者があなたのチャンネルから離れることを阻止する、
守りの関連動画対策です。

せっかくあなたの動画を視聴者が見てくれても、
関連動画からすぐに別の動画へジャンプさせてしまっては
非常にもったいないです。

なので、自分の動画を自分の動画の関連動画に
表示させる対策を施しましょう。

説明欄に自分の動画のタイトルとURLを記載する

これは同じURL貼り付けでも、
他チャンネルのURL貼りまくりよりは安全と言われております。

ですが、これもせいぜい5つぐらいまでにしましょう。

タグに自分のチャンネル名とURLを入れる

普通に考えて、チャンネル名やURLというのは
その人に固有のものなので、
これがタグに含まれていれば、当然関連性が高いと
YouTube側からみなされます。

そこを逆手に取って他人のチャンネル名や
URLを入れるという作戦もあるわけで、
いすれにせよ関連付けには有効な手段と言えます。

チャンネル名やURLは固定で入れてしまって
いいと思います。

ただし、感覚的には説明欄ほどの効力は
ないように思われます。

以上が攻めと守りの関連動画対策です。

URLについては他チャンネルが3本、
自分のチャンネルが5本の
計8本ぐらいに抑えておきましょう。

しかも他チャンネルのURLについては
2〜3日で消す感じで行きましょう。

この辺ははっきりした線引が難しいですが、
チャンネル内の動画すべての説明欄に
10個近くURLが並んでるのは、スパムチックに
見られてしまう可能性があると思います。

ただし、守りの関連動画対策は、
攻めの対策よりは安全性が高く、
すべての人がやっておくべき対策だと思います。

今回はここまで。
ありがとうございました。

名前
メールアドレス

※GmailやYahoo!メールなどのPC用のアドレスを推奨します。

2 件のコメント

  • とても勉強になります。ありがとうございます。いくつか教えてください。

    そのチャンネルの動画投稿時間がある程度定まっている場合、
    その時間にYouTube画面に貼りついて、
    新規に動画がアップされたらすぐにタイトルとURLを
    あなたの動画の説明欄にコピペする。

    効果測定して駄目なら、そのチャンネル名とURLを
    あなたの動画のタグに追加する。

    ★→タグに入れるURLとは、http~全部ですか??

    そのまま2日程度放置。

    その後、URLそのものを完全に削除。

    ★→消すのはURL(これはチャンネルURLのことですか?それとも相手の動画のURL???) タイトルはそのまま残しておくのでしょうか?

    • jan様
      お問い合わせありがとうございます!
      タグに入れるのはチャンネルIDのみです。
      僕はそうしてました。
      要するにhttp://の部分を抜いたやつです。
      すみません、チャンネル名とURLをタグに追加と書いちゃいましたか…あとで訂正します。タグにはチャンネル名とチャンネルIDのみですね。
      説明欄についてはタイトルとURLはひとつと考えて、消すときは全部消します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です