YouTube:超手抜き関連動画対策

ここでご説明するのは、
オカザキ流関連動画対策の最新版です。

毎日フラフラになりながら動画をアップしつづける
裏ユーチューバーにとって、
関連動画対策のように、当たるとデカいテクニックは
やりまくりたくて仕方ないわけですが・・・

毎日ターゲットを探してトライして
結果を測定するなんて、現実的には無理な人が
多いのではないでしょうか。

限られた時間で動画を1日に2〜3本アップして、
そこからさらに関連動画対策のために
小一時間費やして・・・

ブラックな会社に勤めてたり、
子供の面倒を見たり、
普通、人間は様々な理由で忙しいのです。

そんなの無理に決まってます。

というわけで、今回は
なるべく手間をかけずに関連動画対策を
行うための現実的な手法をご説明します。

超手抜き関連動画対策とは?

あまりひっぱってもしょうがないので、
結論を言います。

関連動画表示された動画と
そのチャンネルを狙います。

自分のチャンネルの
トラフィックソースを確認し、
関連動画の項目で
上位表示された動画と
そのチャンネルの最新動画を
関連動画対策のターゲットに
するのです。

YouTube側で動画の関連性を
判断する基準は様々だと思います。

そんな中で、一度関連動画表示され、
そこからアクセスが多数流れた動画は、
そのチャンネル自体を含め、
関連性が高いと判断されるでしょう。

こちらから色々積極的に調べずに、
向こうから来る動画だけに
関連動画対策を施すわけですから、
リサーチとかほとんど不要です。

具体的手順

それでは具体的手順を説明します。

まずはあなたのチャンネルの
ダッシュボードから
「アナリティクス」に入ります。

この中の「トラフィックソース」
を見ます。

トラフィックソースをクリックすると、
視聴者のあなたのチャンネルへの
到達経路が分かるページに飛びます。

紫の色が関連動画からの流入を
表しています。

ほとんどが関連動画ですよね。

ここを制するものがYouTubeを制するわけです。

で、「関連動画」をクリックすると・・・

ここでようやく、具体的にどの動画から
視聴者が流入してきているかを
見ることができます。

上位5つまでは色分けしてグラフ化されてるので
非常にわかりやすいですね。

ただ、このままですと、
一ヶ月ぐらいの広い範囲が表示されてるので、
月の頭とかに、ある動画から極端な
アクセスがあった場合、
すでにそこからのアクセスはなくなっているにも
関わらず、上位表示されてしまいます。

そこで、日付のところにあるスライダーを
操作し、最近のデータに絞ります。

直近のものがいいのか、
月単位で多数アクセスが
あったものの方がいいのか、
その辺の判断は微妙ですが、
基本は直近で、デカい動きがあったら
月単位でそっちに行ってもいいかなと思います。

リストされた動画タイトルにマウスの
矢印を当てると、上図のように
変な四角い記号が表示されます。

これをクリックするとその動画が開きます。

そこから先は、その動画にするか、
チャンネルから最新動画を選ぶか、
ご自由にターゲットを決めて下さい。

関連動画の長期的対策の流れ

これだけの作業なら、
毎日動画をアップする流れの中で
さほど無理なく出来ると思います。

ただ、これの最大の弱点は、
情報の鮮度ですね。

アナリティクスの仕様上、
表示されるのは2〜3日前のデータです。

そして、関連動画対策にとって
無視できないのが、
ターゲットの動画がアップされて
どの程度の時間が経っているかです。

当然、新しい動画であればあるほど、
関連動画のポジションが取りやすいです。

なので、この方法で対策しても、
結構負けます(笑)

※運が良ければ一発で当たりますが。

でも、淡々と日々やっていくことで、
なんとなく関連動画を取りやすい
チャンネルが見えてくるのです。

そういうチャンネルが出てきたら、
そのチャンネルのストーカーになって、
アップされる時間を狙って
対策を施して下さい。

だいぶ効果が違ってきますよ。

まとめると、
・まず日々の超手抜き関連動画対策
・相性のいいチャンネルが見つかったらストーカー
・チャンネルが育ったら対策卒業
以上となります。

日々忙しく、なかなか大変だとは思いますが、
チャンネルが育てば、
この作業自体がまったく不要になりますので、
今だけがんばりましょう。

今回はここまで。
ありがとうございました。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です