YouTubeで稼ぐ手順:収益化停止からの復活方法

さて、YouTubeにおけるペナルティについて
色々と述べてきましたが(過去記事はこちら
今回は、いざチャンネルがBANされてしまった場合の
対処方法についてお伝えします。

ペナルティを食らうリスクを最小限にするやり方
あなたが堅実にチャンネルを運営したとしましょう。

にも関わらず、どういうわけだか
いきなりチャンネルが削除(BAN)されるとか、
その後同じアドセンスアカウントに紐付けられたチャンネルが
次々と削除されてしまうですとか、
そういう不幸に見舞われる可能性がないわけではありません。

このような場合における、最善のしのぎ方というものも
知っておいた方が良いと思います。

ていうかこれ知らずに勝負するのは無謀にもほどがあります。

なぜ不当なペナルティを食らうのか

最近の傾向として、別にそこまでスパムチックなことを
やっていないのにチャンネルがいきなり一発アウトを食らう
なんて事態がよく起こっているようです。

YouTubeのチャンネルというのは
ご承知の通り3アウト制をとっております。

同一チャンネルがペナルティを3つ食らうと
そのチャンネルが停止となってしまいます。

ところが・・・

あからさまな丸パクリなし
テレビ動画不使用
特定の芸能人への誹謗中傷なし
エログロなし
タグ、説明欄の記載も常識の範囲内

こういった一見何の問題も見当たらない動画を
量産しているチャンネルが、いきなり何の警告もなく
一発アウトなんてこともあるようです。

YouTube側でも、年々投稿者が増えるにしたがって、
質の低い動画や悪質なパクリ動画などを締め出し
クオリティを維持するために、
色々と規制を強化しているふしがあります。

現時点で明らかなものは、

・説明欄への過剰なまでのURL貼り付け。
・過剰なタグ付け。
・同一チャンネルへの過剰な連続投稿。

これらは、低クオリティなものを
大量生産してアクセスを稼ぐやり方への
対応と考えられます。

今までのYouTubeの方法論というのは、

「クオリティは気にせず、
売れてるチャンネルと同一のタグを付けて、
説明欄には売れてる動画のURLを貼り付けまくって、
とにかく大量生産をしろ」

という感じでした。

今後、これが通用しなくなるということですね。

これからも色々なタイプの規制が
出てくると思いますが、
根底には「低クオリティの大量生産」を
根絶する狙いがあると思って間違いないです。

さらに同じ流れで僕が遭遇した事例に
こんなのがあります。

新規参入者が、同時期に新規チャンネルを5つ
立ち上げたところ、アドセンスアカウントごとBAN。

マジかよって感じですが、
それ以外に原因がまったく見当たらないのです。

YouTubeのペナルティって傾向として
新規のチャンネルがやられることが多いようです。

新参者がいきなり5つもチャンネルを立ち上げると、
それだけでスパム業者扱いされるのです。

グーグル様も商売でYouTubeやってますから、
アクセスを稼ぎまくってる既存のビッグチャンネルを
容赦なくぶった切るということはしないようです。

そこで、収益化に成功し、
ある程度売上的にも安定しているチャンネルの場合、
これまでのやり方を大きく逸脱しないように淡々と
チャンネルの維持につとめ、
新規のチャンネルについては、
動画説明欄への過剰なURLの記載や、5個以上のタグ付け等はやめて、
1日3個以内の投稿数を維持する、
という消極的なデビューを飾るのが安全と思われます。

こうまで規制が厳しくなりますと、
YouTube終わったな・・・
的な気分になる方もいると思います。

でもよく考えて欲しいのですが、
これ、新規参入者はみんな同じような条件なんですよ。

情報量の少ない初心者の方は、
不当なチャンネル削除一発でやる気をなくすでしょうし、
対処法もよくわかりません。

そんな感じで周囲が次々と脱落していっているのを横目に、
ライバル不在のフィールドで荒稼ぎすることも夢ではありません。

むしろチャンスと言っていいぐらいです。

全然幸福じゃない「黄色いマーク」

高倉健さんの映画だと黄色マークは幸せの象徴なのですが、
YouTubeには、残念な気持ちしかもたらさない、
微妙な黄色いマークがあります。

これです。

2017年の5月あたりからちらほらと出てきました。

これについては、単に「適してない」と
注意されてるだけで、ペナルティとは違います。

「お前のこの動画、俺は好きじゃないな・・・」
というYouTube側からのメッセージでしょうか?

ただ、肝心なYouTubeの好き嫌いが、
その場その場でけっこう変わるので、
ほっておくと高確率で消えます。

どうしても消えないものについては、
タイトルを変えると一時的に消えたり、
タグをゴソッと削除すると消えるようです。

僕の場合、ある時期YouTubeに目をつけられて、
アップする動画全部につけられたことがありますが、
今はだいぶ落ち着いてます。

正直、「なんでこれが?」と思うような
ガイドライン的にまったく問題がない動画にも
平気でついたりしますので、
もうこれは気にせず放置でいいと思います。

ただ、この黄色マークが沢山出るチャンネルについては
YouTube側があまり好ましくないと思ってる
可能性があることだけ、頭に入れておいて下さい。

YouTubeで一発アウトを食らった場合の対処方法

まず、大前提としてバックアップを普段から取るようにしてください。
そうすればチャンネルが削除された場合も、
同じ名前のチャンネルを立ち上げて
バックアップした動画を少しづつアップし直すだけでいいので楽です。

チャンネル削除で落ち込みまくってる人でも
なんとかこなせる仕事だと思います。

そうして復活しかかったチャンネルが、
何故か再びBANされてしまう場合・・・

これは、同一アドセンスに紐付いたチャンネルが
すべて芋づる式に削除されてしまう
「恐怖のチャンネル削除無限連鎖」の可能性があります。

この場合、アドセンスアカウントを新たに作り直すしか
手段はないかもしれません。

「あれ?アドセンスアカウントって1人1個しか作れないのでは?」

その通り!
基本的にはそうなんですよ。

ただ、裏技を使えば
複数のアドセンスアカウントを作ることは可能です。

裏技その1

家族名義でアカウントを作成する。
奥さんやご主人を全力で説得してください。

上手く説得できるかどうかは、普段のあなたの行いによるところが大きいですが、
いずれにせよ、逆ギレしたりするのは逆効果。
やはり食事やプレゼントといった、目に見える形でコビを売る
というのが何だかんだ言って現実的だと思います。

これで晴れてキレイなアドセンスアカウントが手に入ります。

しかし!
こうして取得したキレイなアカウントでも
なぜだかいきなりのチャンネル削除を食らってしまうことが
あるようです。

グーグル様はなかなか見逃してくれません。
この程度では駄目なケースもあります。

ではどうすればいいの?

裏技その2

IPアドレスを変える。

グーグル様はIPアドレスで我々を特定しているという説があります。

IPアドレスとは、PCやスマホなどに割り当てられた、
ネットワーク上のマシンを識別するための数字の羅列です。

このIPアドレスというのがどこから割り当てられるのかというと
あなたが契約しているプロバイダです。

ただ、一度割り振られたIPアドレスが
その後一生同じままかというと、そうでもありません。

この辺りはプロバイダ毎の仕様のお話になるので
はっきりしたことは言えませんが、
ご自宅の回線のところに設置された
ルーターの電源のオフオンで変わるケースもありますし、
一旦ルーターの電源を切ってもしばらく時間が立たないと変わらないケースもあります。

ちなみにIPアドレスの確認方法をググっても、
PCそのもののIPアドレスの確認方法ばかり出てくるので注意が必要です。

ご自宅のPCというのは、家の中のLAN(ローカルエリアネットワーク)に存在するので、
そのLANの中でのみ通用するプライベートIPアドレスというものを持ってます。

ところが、グーグル様が見ているのは
ルーター等に付与された、
直接インターネットとつながっているIPアドレスで、
(世界に1つしか存在しない。グローバルIPアドレス)
この外向きのIPアドレスを変えないと意味がありません・・・・

これを確認するにはルーターの管理画面に入らないといけないのですが、
それについてはご自宅にある機器の説明書を見てもらうしかありません。

IPアドレス変更については、
それ専用のフリーソフトも存在します。

Hotspot Shield

これ、国外にあるサーバーとVPN接続して
そこからwebサイトにアクセス出来るサービスです。
※VPNというのは、すっごく秘密の回線、みたいな感じです。

上記フリーソフトだと、アメリカにあるサーバーを
使用するので、日本にいながらあたかも
アメリカからアクセスしてるみたいに振る舞えます。

欠点としては、

・これを使うと速度がエラく遅くなる
・GoogleやTwitterからマークされてて
アカウントロックの可能性がある

という2点があげられます。

 

そのため、現時点では、有料の以下のソフトが
いいのではないかと思われます。

noadVPN

これだと月額600円かかるようですが、
秘匿性も高く、アメリカ以外の国からのアクセスも可能で、
これまでのところアカウントロックとか、
そういった物騒な話はないようです。

だんだんわけの分からない話になってきたと思うので、
深いことを考えなくても解決する手段をお伝えします。

裏技その3

デスクトップクラウドというサービスがあります。
僕もつい最近同業者の方に教えてもらって知ったのですが、

サーバ上に仮想のPCのを用意し、
それをご自宅から使用するサービスのようです。

http://web.arena.ne.jp/service/onamae-desktop.html

これ、有料なのですが、
これなら何の無理もなく異なるIPアドレスでインターネット接続が
可能です。

一番安いプランでもディスク容量50GB。
まあ充分じゃないでしょうか。
メモリ1GBなのは不安ですが、収益化に成功したら
アップグレードするのもアリな気がします。

ていうかディスク50GBはいいとして、メモリ1GBは相当キツいですよ。
多分これでヒイヒイ言わせて上位プランに誘導する
というビジネスモデルではないでしょうか。

まあそこは商売なので仕方ないとして、
このサービスを利用して、
家族名義で別のアドセンスアカウントを取得する。

これなら無理なく過去を洗浄出来ますね!

デスクトップクラウド等を利用したYouTube運営方法

デスクトップクラウドでもVPNサービスでもいいのですが、
これらを使ってYouTubeに動画をアップし続けるのは、
速度が遅かったり、メモリが足りなかったりめんどくさかったりと、
色々大変そうです。

なので、実際にこういったサービスを利用して
YouTubeを運営する場合は、
以下の作業をサービス上で行います。

・アドセンスアカウントの申請
・チャンネル作成
・作業者のGoogleアカウントへチャンネル管理者の招待

で、実際に作業する用のアカウントは、
アドセンスとチャンネルアカウントとは別に
デスクトップクラウドやVPNサービスを使用しないで
作成して結構です。

YouTubeチャンネルは、複数のアカウントを
管理者として招待することが可能ですので、
その機能を使って、作業用アカウントで、
チャンネルにアップロード出来るようにします。

デスクトップクラウド上からは、
一切作業をしないので、これなら多少メモリが
少なくてもノーストレスで作業が出来ます。

以上です。

チャンネル削除を喰らわないセーフティな運営が前提ですが、
万が一の時は、こういう手段もあるということを
覚えておいてください。

また、もし収益化に成功して、
さらにいくつもチャンネルを作りたくなってきたら、
この方法でやってみるのもいいかも知れません。

この方法ならいくらでもアドセンスアカウントが作れそうなんで、
そのうち僕も検証してみようかと思います。

攻撃的なチャンネル運営もやってみたいですしね(笑)