YouTube動画に使用する画像の解像度について

名前
メールアドレス

※GmailやYahoo!メールなどのPC用のアドレスを推奨します。

今回は、テキスト動画のある種キモである
スライドショーに使用する画像のクオリティについて
説明します。

クオリティについては、ことYouTubeアドセンスに関しては
無視していいというのが僕のスタンスです。

しかし、視聴者への見やすさの配慮(ユーザビリティ)は
最低限必要です。
※この辺についてはこちらでも詳しく話してます。

テキスト動画に限らず、あらゆるタイプの動画で
写真を使用する機会があると思いますが、
その写真があまりにも画像が粗くて残念なケースをよく見ます。

テキスト動画なんて、クオリティ的な要素って
写真の解像度ぐらいなんで、
粗い写真を使ってしまうと見るも無残な動画になってしまいます。

それでも一昔前は多少粗い画像であっても
関係なく再生数を稼いでましたが、
ていうか今でも内容によっては関係なく再生されてますが、
ジャンルによっては最低限のクオリティを維持しないと
通用しなくなってきているようです。

そこで、「最低限このぐらいのもの使ってね」
という基準についてお話しておきます。

解像度とは何か?

解像度とは、コンピュータ等のモニタに
表示される総画素数のことです。

画素っていうのは、点です。

パソコンのモニタっていうのは
文字だの写真だの、色々なものが表示されますが、
あれらを全て超拡大しまくると、結局は点の集まりなのです。

その点のことを「画素」といいます。

つまり解像度とは、「画面上に存在する点の数」です。
解像度の数字が高ければ高いほど、
画面に存在する点の数が多いということで、
より精密な画像である、と言えます。

これ以上、細かいことを知る必要はありませんが、

1024(ヨコ)×768(タテ)

という感じに表示されると覚えておいて下さい。

YouTube動画にはどの程度の解像度が必要なのか?

YouTube動画っていうのはフルHDにも対応しているので、
フルHD規格である1024×768があれば理想ですが、
僕なんかはアップロードに時間がかかりすぎるのが嫌で、
HD以下のサイズでよくアップします。

↓こんなサイズです。
640×360

なので、これに近い数値であればOKだと判断します。

より解像度の高い画像の検索方法

僕はgoogleの画像検索から
スライドショーの写真ネタを引っ張ってきますが、
大変便利なことに、画像検索の画面で
解像度の確認が出来ます。

300✕243

これはちょっと小さいですね・・・

960✕540

これなら合格ですね!
こんな感じで、なるべく解像度の高い画像を選びましょう。

どうしても解像度の低い画像を使いたい場合

そうはいっても、「これがいい!!」って思う画像に限って
解像度が低い、なんてことはYouTubeやってると
よくあります(笑)

そんな場合、多少はマシにする方法があります。

先程のこけしの画像に戻って(全部こけしだけど)

解像度を表す数字の部分をクリックします。
すると・・・

こけしがいっぱい!!!!!

で、ポイントなのが、これ同じ画像で解像度の高い順に並んでいるのです。
なので、これの一番左上の画像を使えば、
多少なりともマシな動画が出来る、というわけです。

YouTube動画における画像選びの注意点

たまにうっかり使ってしまうのが、
テレビや雑誌とかで使用している画像で
メディア名が出てるやつ。

これはやめましょう。
トリミングして表示部分を切り取るか、
違う画像を選んで下さい。

あと、こいうのも駄目ですね。

これ透かしが入っててすごく薄い表示になってるので、
僕自身よく見落としては動画まるごと再作成してました(笑)

あとは、なるべくまとめサイトや大手メディアに出てるような
比較的皆が使用してる写真を使うのと、
個人でやってるブログで、写真も自分で撮ったようなもの。
これなんかはそのブログ主から怒られる可能性が高いので
避けたほうが無難です。

写真選びは色々と面倒ではありますが、
くれぐれも慎重にやりましょう。

今回はここまで。
ありがとうございました。

名前
メールアドレス

※GmailやYahoo!メールなどのPC用のアドレスを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です