検索能力のない人はネットビジネスでは一生稼げないという現実

名前
メールアドレス

※GmailやYahoo!メールなどのPC用のアドレスを推奨します。

岡崎です。

「勝ち組」とか「負け組」なんて言葉を聞くようになって
ずいぶんとたちますが、
人間を2つのカテゴリに分けるとしたら、
これからの時代はまずこれでしょう。

ググれるやつ
ググれないやつ

これ、ほぼ「勝ち組」と「負け組」と同義語です。
しかも宇宙におけるほぼ全てのジャンルにおいて。

僕の職場では、残念ながら僕はあまり能力の高い人間ではないのですが、
この能力差は、検索能力の低さとダイレクトに結びついています。
同じ問題について隣の席にいる有能なやつと一緒に調べる時、
明らかに検索結果の精度が違うのです。

なぜ検索能力に差が出るのか?

これはもう、検索する時のキーワードの精度が全てです。
それ以外に差がつく要素がありません。

ググる時の左手の置き方とか、エンターキーの叩き方とか、
そういうの全然関係ないです。

では、キーワードの精度はどうして個人によって違ってくるのでしょう?

ひとつには、元々個人に備わる知識量によるところが大きいです。

人間、同時に3つ以上分からないことが出てくると
とたんにどうしていいか分からなくなり、
やる気をなくしてしまうものです。

全てが漠然とわからない状態ではなく、
「自分の知識ではこの部分がわからない」と明確に分かっている方が
問題点を正確に切り分けることが出来るので
検索のキーワードがより正確になるのです。

例えばパソコンの画面がいきなり真っ青になってしまった時。

あわてずにスマホでググる。という行動に出る人は
それだけでかなりクールですが、
どんなキーワードを入力するかで答えにたどり着くまでの時間が
相当違ってきます。

①「パソコン」「フリーズ」
②「パソコン」「ブルースクリーン」
③「パソコン」「ブルースクリーン」「STOP: c0000218 Unknown Hard Error」

①の人は、とりあえず目の前の現象がパソコンがフリーズしている
というところまで認識しています。
ただ、フリーズと言ってもものすごく色々な原因があるので、全く切り分けができていない状態です。
答えにたどり着く確率はかなり低いですね。

②の人は、PC使用中にいきなり青い画面が出て来る現象が、
一般的に「ブルースクリーン」と呼ばれていることを知っています。
この人の場合、あと何回かググれば回答にたどり着くかもしれません。

③の人は、「ブルースクリーン」発生時の画面に
そのPCのどこが悪いのかを伝える
「ストップコード」というものが表示されることを知っています。
そしてその「ストップコード」そのものでググっているので、
一発で答えが見つかります。
※ちなみに「STOP: c0000218」は死のストップコードと言われていて、
これが出ちゃうとほぼ絶望的な状況です(泣)

おわかりいただけましたでしょうか?

スマホが普及して、いつでもどこでも検索できる時代において、
知識そのものには価値がない、とかってよく言われますが、
実はそうではありません。

「検索能力」そのものが、実は「知識量」とほぼイコールなのです。

「検索」という行為は、あなたの持つ知識をさらに強化し、
実際の行動に結びつけるためのスキルに他なりません。

そして、情報化社会と呼ばれる現代において、
あなたの持つ知識量が、あなたの「そのジャンルでの強さ」
に直結します。

なので情報量が多い人(検索能力の高い人)が
どのジャンルにおいても成功しますし、
特にネットビジネスは情報こそが命なので、
その傾向がより顕著に現れてるといえます。

では、知識量が乏しい人は絶対に勝てないのでしょうか?

いえいえ、そんなことはありません。

確かに知識量が豊富な方が検索に有利ですが、
一方で検索の「コツ」みたいなものも存在しますので、
そういった「コツ」をつかむことで、
知識のない人が、知識のある人より正確な検索をキメることも可能です。

実はここが一番いいたいのですが、
どのジャンルにおいても知識量が多い奴の方が
圧倒的に有利ではあるのですが、
検索の「コツ」を掴むことで、
素人が一気にその道のプロに近づくことが可能なのです。

半年で月収100万とか、短期間で結果を出すネット起業家がよくいますが、
短期間で結果を出すというのは、
まさに検索能力で知識量のある奴らに勝ってきた証拠でしょうね。

 

「考えてググる」という行為をしないで
いきなり人に質問しちゃう人!
いいですか?絶対に成功しませんよ!!

検索能力を高めるのにはどうすればいいのか?

それでは「検索能力」を高めることは可能なのでしょうか?

結論から言うとメチャクチャ可能です!

「検索能力」=「そのジャンルにおける知識量」
と説明しましたが、
「知識量」というのは先天的なものではないので、
今からいくらでも蓄えていくことが可能です。

知識を増やすというと、どうしても
本や文章を読んで、と思いがちですが、
実用的な知識を蓄えるのに一番大事なのは
何か行動を起こすことです。

行動すると大抵壁にぶつかりますから、
その時に、思考停止して人に聞くのではなく、
まずは今起こってる状況を言葉にするという作業をします。

より正確に言語化します。

パソコンがいきなり固まった
パソコンがいきなり青い画面になった
パソコンがいきなり青い画面になって「STOPなんちゃら」って英語が表示された

で、その中で重要そうな単語を切り出します。

「青い画面」「STOPなんちゃら」
※実際はSTOPコードをちゃんと入れて下さいw

パソコンにくわしくなくても、
この2つのキーワードさえ抜き出せれば答えに近づけそうじゃないですか?

今、目の前にある問題を正確に単語化し、
それらの中で、重要になりそうなキーワードを
抜き出します。

これを日常生活の中で繰り返すことで
あなたの検索能力は格段に高まります。

キーワードの山の中から
重要そうなものを嗅ぎ分ける能力が、
身についてくるのです。←これ重要!!

キーワードへの嗅覚が高まれば・・・
わかりますよね?
YouTubeだろうがブログだろうが、
ネットビジネスにおいてキーワードこそが命です。

そんなわけで、検索能力が高まったと実感するころには、
ある程度その道での実績も上がっていることでしょう。

失敗してもいいから
なるべく沢山行動し、問題にぶちあたってください。

そして、ググりましょう!

本日はここまで。
ありがとうございました。

名前
メールアドレス

※GmailやYahoo!メールなどのPC用のアドレスを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です